メインメニュー
2019-09

イジイジに備えて!!...

前回⇒お留守番頑張るわん! 宙ちゃん ひなちゃん わんケア 

今回⇒環境の変化に合わせ栄養素(核酸)注文&配達

■宙さんは 繊細な性格ゆえ ご家族の日々の配慮が出来ているので

心配な点は 今は起きていません。 

しかし ご家族と動物看護師で 下記を共有出来ている事で

「異変が起きた時の対応が準備しやすい」のです。

1)どんな気持ちなのか?⇒嬉しい 悲しい つまんない 楽しい

2)体調の変化?⇒食欲 元気 排泄 痙攣 被毛皮膚 体重 歩様

3)対応できる時間は? ⇒十分足りてる 足りない 

4)ご家族の負担は?  ⇒ない 少しある ある




※ご家族の入院や引っ越し

※在宅での介護や里帰り出産

※来客(人や動物)

※災害(地震 台風 雷 豪雨 火事) 

家庭における 小さな変化の様であっても 受け取る犬猫さんにとっては

「ドキドキ」「ビクビク」「イジイジ」「ションボリ」「ムカムカ」が起きる日々

それらは 
 「ストレスとなり遺伝子を損傷してしまう」

●我慢  ●行動異変 ●凹む ●嘔吐下痢便秘 ●排尿トラブル ●皮膚炎

諸症状が起きる前にサポート出来たらいいな〜と思う。

もし起きても 

的確に寄り添い早期回復へ繫げる事が出来ると思う。

人間同様 犬猫さんの 「不安や不満から起きる症状」は

薬では症状を癒し しかし全解決は見込めないのです。

根本原因に寄り添い「平安に平穏」な日常に近づけて貰えたらと思います。


病気 症状 ⇒ 他の力を借りて癒す(獣医療 入院治療手術) 

症状 予防 ⇒ 自分の力を最大限へ(ご家族の知識と行動 支援する動物看護師)


宙ちゃんもご家族にも ニコニコの日々になるように サポート頑張ります。続く

Posted at 2019年09月30日 13時56分36秒  /  コメント( 0 )

14歳 皮膚弱い 偏食...

前回⇒2015年相談 )覆┐觜堝亜´¬椶了 3韻了 ど┳弦形成不全の事

今回⇒環境の変化による「偏食」について

●ヒアリング&チエック

〕燭┐討い詈 ⇒ドライフード レトルト 手作り
⇔匹食べる物 ⇒日によって違う
食べる時間帯 ⇒朝と夕だが 今は不規則になる
たべる時の癖 ⇒食べるまでに時間かかる 手のひらで与える
イやつの種類 ⇒さつまいも (色々購入しても食べない)
生活のリズム ⇒排泄や起床や睡眠は問題ない
Х鮃状態   ⇒目ヤニ 外耳炎 足舐め 腹部膨満?

■ケアプラン


1),鉢イ瞭睛栃儿后、皮膚耳目の為に抗酸化作用 ※喜ぶ素材探し

2)規則正しい生活 (運動 食事 排泄 睡眠)

3)メンタルケア  (嬉しい事 美味しい事 気持ちいい事)

4)定期検診(筋肉の付き方 心臓 耳 皮膚 歩行) 定期トリミング(皮膚 耳ケア)

※「偏食」が長く続くと「病気」に繋がるのでは?と

早期異変チエック ⇒ 早期対策 へプラン提案する事が出来ました。


食べる事が 大きな苦しい病いへ ならない為の

何気なく与えている食材注意点

「甘くないか?」「しょっぱくないか?」「脂っぽくないか?」

「添加物は?着色料 増粘剤 乳化剤などなど 」「開封して酸化してないか?」

ご家族全員で 気を付けてもらいながら 

季節 運動量 年齢 消化能力 などなどで微調整

「最善のメニュー」を 選べてたらいいな〜と思います。続く

Posted at 2019年09月29日 18時51分58秒  /  コメント( 0 )

吐血!!検査 治療 ...

前回⇒背中が痛い〜〜〜 もうすぐ7歳!! ライチちゃん日記

今回⇒,留守番嫌いライチさんの預け先について ⊃事について 歯石口腔ケア

・2018年2月 咳 震え 受診(血液検査 正常値)

・2019年2月 歯石除去抜歯(全身麻酔) (血液検査 正常値)

・2019年9月20日 吐血2回ふらつき ⇒ 病院(血液検査 エコー検査)治療(肝臓 膵臓)

,留守番の日程 ライチさんの気持ち を考慮して預け先や方法を決める

1)かかりつけ動物病院(医療行為が必要な時)
2)かかりつけトリミングサロン(慣れた場所とトリマーさん)
3)新規わんショートステイ施設(情報収集と施設見学と打ち合わせ)
4)訪問看護シッター(1日2回 散歩 排泄 食事投薬 健康管理チエック)
5)協力者手配準備(ライチさんが好きな人とライチさんのケアマネ打ち合わせ)

ライチさんの心身状態によって受け入れ先変更が必要になるかもしれない事を
ご家族と「きちんと整理整頓準備」しておくと「安心」出来る事をお伝えしました。

現在:膵臓 肝臓  胃腸内服2種 処方食で 吐血嘔吐無し
 
今後は消化機能能力と健康チエックを見ながら ライチさんの好きな食事
(肝臓膵臓ケアの物厳選)変更 ⇒ご家族の要望も叶える方向へ

歯石口腔ケア:口腔内を善玉菌増やす(緑豆 ストレスフリー)
食後の飲水と歯磨き 唾液の質チエック(ネバネバ ヌルヌル タラタラ)

で鯑眈礇吋◆抗酸化作用⇒動物病院(メニワン)ビール酵母 アスタキサンチン

※先天的に弱い所が多くご家族は心配されていますが・・・

ライチさんは 明るく元気な姿でした。この調子を整える為には

日頃から「異変発見」「早期ケア」

とても大事なのは・・・「ご家族の不安ゼロ」にする事と思います。

ご家族がとても大好きなライチさんは ご家族の写し鏡みたいに

「不安」を感じてしまいやすいと考えます。そこで

ご家族の悩みや不安は「解決」していく事

「命」「生きる」時 様々な事が起こることもあるし 老いる事も避けられません。

しかし毎日の1日1日を「最幸な生活に」する事が「今」出来るのです。

「こうしなきゃならない!」ではなくて 毎日が「最善策」に変更していけたらと

考えます。

ご家族の不安や悩みも変わっても それを受け入れて

「流動的に しなやかに」 ライチさんファミリーらしく過ごせるプランを

これからも 案内できるように 「在宅看護ケアプラン」をマネージメントしたいと

思います。 続く

Posted at 2019年09月28日 19時36分22秒  /  コメント( 0 )

失明 失聴 心不全16...

前回⇒●認知症犬さん 自分で食べなくなって・・どうしたら?弱るのでは?

今回⇒●16歳 ♂ ビーグルMIX 

相談内容 ]係げ雜遏´看取り(自然死の流れ)世話が出来ない時(飼い主さん怪我)

※熊本地震(2016)から音や部屋など怖がる 
※メニエールの様な症状(2018.6)腎臓機能低下 炎症反応
※心臓機能低下(心臓の薬処方されたが現在中止)
※失明 失聴 歩行ふらつき  ※認知症?

在宅介護の不安をお持ちですが・・・

「パクパク テクテク スヤスヤ」規則正しく出来ていますので引き続き

機能低下した内臓や歩行を栄養で守りながら介助しながら優しい時間へ

飼い主さんが入院したりお世話できない時のプラン提案

‘以病院入院 

介護ケアプラン付 訪問看護シッター

2雜逎吋▲廛薀麌奸_雜逎吋▲曄璽燹 

■「看護 看取り」不安が解消できました!介護で悩んでる犬さん仲間にも伝えます!

と 元気にお帰りになられました。。良かったです。



●18歳兄妹3猫さん 在宅介護相談

・フェルト状になった被毛は動物病院で解決

・兄1妹2 病気ゼロとの事 素晴らしい!

引き続き 健康チエック(食事量 排泄様子 目 鼻 口 耳 歩き方などなど)して

頂き 早期異変を見つけてもらえるようにお伝えしました。

※世界ギネス記録 クリームパフちゃん38歳 を目指してもらうように

こちらも・・・お伝えしました


熊本市動物愛護センター ワンニャン相談コーナー

終生飼養が出来るための 介護や看取り不安の助っ人(相談員)として

本日も活動出来て 良かったです。 

Posted at 2019年09月27日 19時57分38秒  /  コメント( 0 )

毎日のにゃんマネージ...

前回⇒はなちゃんの皮膚の様子 5猫さんの家族日記 

前々回地震から2回目引っ越しななちゃん腎不全!と5猫さん+犬さん家族日記  

●はなさん
皮膚治療順調⇒断薬方向へ
(イライラの原因注意)
●あいちゃん
涙目の様子⇒バイオアロマ点眼 
●アキさん
体重減少無し 食欲無し⇒順調
●レオくん
便秘治療順調⇒引き続き食事療法
●ななちゃん
腎臓萎縮投薬⇒腎臓血液検査良好


※全員 心配事はなく 幸せな生活が送れています。引き続き
小さな異変 早期発見 早期チエック(医療 栄養 メンタルケア)
出来たらいいな〜と思います。

続く

Posted at 2019年09月26日 19時04分56秒  /  コメント( 0 )

夜鳴きジュン君!介護...

前回⇒夜鳴きジュン君 ママさん介護疲れピンチ! 在宅介護日記 

今回⇒在宅介護の不安チエック ⇒ 在宅介護ケアプラン作成

まずは ジュン君の様子

・目ジカラ◎・排泄◎・飲食◎・体位保持△(要介助)・褥瘡無し ・嘔吐下痢無し

・前腕と肩関節緊張 ・両後肢麻痺と伸展 ・頸部下垂(筋肉関節)

自由に立てない歩けない中  ご家族の介助生活

●ニコニコ 倖せ顔

●ゴクゴク用 食事台

●テクテク用 マット

●スヤスヤ ストレッチ後

■ケアプラン

” ̄蝓Π瀋押心臓の薬飲めない ⇒ シロップにして投薬へ

∧盥垈霆紐の皮膚の擦過傷ケア ⇒ 擦る部分をクッションで保護へ

I々个弔泙蝓/欧弔悪いケア  ⇒ マッサージとバイオアロマ

ぬ椒筌法[泪吋◆       、諭\浄(バイオアロマ)ひどい時は受診

ダ験茲離螢坤燹〔詭弔対策   ⇒ カートで散歩 ストレッチ マッサージ

Α峩譴靴ない」平穏な生活対策 ⇒ 痛みは治療

Г寛搬欧凌歓犯莽対策     ⇒ 往診可能病院検討 訪問看護依頼

┐寛搬欧稜困澆班坩臓     、諭‘以看護師増子 遠隔電話&メール相談

※ジュン君コトバなき声がご家族へ届き「ジュン君とご家族の優しい時間」

尊厳ある看護介護になるように サポート頑張ります。  続く

Posted at 2019年09月25日 18時28分03秒  /  コメント( 0 )

夜鳴きジュン君 ママ...

前回⇒排尿困難 歩行困難 16歳ジュン君 在宅介護日記 

今回⇒電話相談 

/欧覆ぁ´⊃べない L飲めない ぅ泪泙気鷁疣


まずは 

/欧覆ね由除去:鼻づまり 胸焼け 甘え⇒ マッサージ ツボ押し 

⊃べない原因:動物病院受診と必要な検査(※往診病院希望)

L瑤侶曽と与え方変更

ぅ泪泙気鵑レスパイト(介護小休止)緊急必要⇒ジュンちゃん介護支援 通院支援

遠隔の為 電話相談ですが・・・

明日は 「訪問看護と在宅介護ケアプラン」へ行くことになりました。

※人も動物も介護は 毎日365日24時間 続きます。

人の場合 ⇒介護保険 介護専門職の方々 サービス (民間 公的)

犬猫の場合⇒任意医療保険に加入していても介護は家族負担(民間)

そもそも 相談する窓口も少ないので 

「頑張れなくなる前に」「立ち止まる前に」

一人ぼっちにならないように・・・・動物看護師として

犬猫さんとご家族と共に 「優しい時間」へ繫げたいです。

ジュン君〜〜〜〜 待っててね〜〜〜ママさん寝せてあげてね〜〜〜」

続く

Posted at 2019年09月24日 18時58分44秒  /  コメント( 0 )

犬猫が幸せに最期まで...

動物愛護週間 2019 〜In 動植物園〜


動物愛護センター&動物愛護推進協議会 主催

「もっと快適に!!人とペットのくらし」

ワンニャン相談コーナー

迷子札作り体験 迷子のワンちゃんを探そうゲーム
プロフィールカード作り

動物についての〇×クイズ(13:00〜)

ペット用防災グッズの展示

防災紙芝居、パネル展示

※先着100名にペットの迷子札プレゼント

写真
動物愛護週間 2019 〜In 動植物園〜

●熊本市動物愛護推進員&東海大アニレスさん&熊本市愛護センター円陣
●熊本市愛護センターの犬猫さんパネル展示
●ワンニャン相談コーナー(しつけ&介護&その他)

前日 台風17号 がとても心配でしたが

なんと どんどん お天気も良くなり イベントでは 沢山の子供達へ

熊本市愛護センターの犬猫の事

迷子になった時の事(マイクロチップ 名前札)

犬猫や動物園の動物の行動や生態の事

伝える事が出来ました。

■私が担当した ワンニャン相談コーナー(無料)

・7歳猫:鼻水 涙 耳垢 ⇒粘膜細胞強化 免疫細胞増 脂質代謝上げる 食事見直し 

・11歳犬:白内障視力低下⇒危険場所ガード 食事(栄養)見直し  

・3歳猫:咬み癖 ⇒人の手を咬む行為ではなく おもちゃを咬む遊ぶへ変更

・犬を迎え入れたい:家族全員の決意 マッチングの必要性 提案

■熊本市獣医師会 長寿犬猫さん表彰

※熊本市動植物園の動物さん

※熊本市動物愛護センターの犬猫さん

※熊本市に暮らす全ての犬猫さん

皆が「幸せな生活」「動物福祉」が守られますように・・・・

私は 動物看護師として 動物愛護推進員として

引き続き コトバなき動物の声を伝えます。 GO FOR IT!!

Posted at 2019年09月23日 20時14分20秒  /  コメント( 0 )

「儀式って大事」医師...



動物看護師 増子元美の今日の学びの時間は とてもとても大事な時間でした。

動物看護師 病いや老いの動物の看護の仕事

医療(検査 予防 治療 手術)⇒ 他力

環境 看護 栄養 心の整え  ⇒ 自力

「動物の自力」を最大限出せる為の「方法」を

「的確」に導けることが 大切と思います。


稲葉先生の言葉

・カラダとココロのつながり  

・生の力 ← 命 → 死の力  (エネルギー)

・植物性臓器(無意識)・動物性臓器(意識)

・自分の健康=ホームポジションを知る 

・「からだ」と「こころ」のあわい

動物看護師が 動物とご家族の

「生」と「死」の悩みに寄り添う時

とても大切な事を認識する事ができました。

それは 同時に 沢山のご家族の皆々さんにもお伝えしたいと思いました。

「命」誕生の奇跡

「生きる」こと 「死ぬ」こと

「食べる」こと 「飲む」こと

「排泄する」こと 「寝る」こと

「悲しむ」こと 「笑う」こと

伝統芸能は 先人の人々に寄り添ってきたのだと思います。

その「日本の宝」を今度 きちんと 体験したいと思いました。

Posted at 2019年09月22日 17時04分47秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ