メインメニュー
2018-11

訪問ケア テクテクパ...

前回⇒まろんちゃんANDこのちゃん日記 

今回⇒ご家族に代わって 排泄 食事 おやつ スキンシップ担当

●お庭でのテクテク 排尿

●大好きなパクパク フードとおやつ 食器台

スヤスヤ 温度湿度管理された寝床 個室







わんにゃん訪問看護ケア

急な依頼の時もありますが

まろんちゃんやこのちゃんのように

日頃から生活の様子 行動や表情をしっかり

お伝えして貰っていると 犬猫さんも飼い主さんも動物看護師

皆が安心できると 確信できました。

まろんちゃん このちゃん お留守番頑張りました。。続く

Posted at 2018年11月18日 14時44分24秒  /  コメント( 0 )

17歳と7か月 メロンさ...

前回⇒2017.12月のメロンちゃん

今回⇒10月20日〜 

訪問相談 + メール相談 + サポーターグループ

●食べない(腎臓)

●動かない(椎間板ヘルニア)

●メロンちゃんに必要な 医療の意味と選び方 

11/10 起きれない 脱力 目ジカラなし 水溶性透明嘔吐

11/13 内服薬飲まない 身体を触ると嫌がる

11/14 余命宣告 注射 点滴 処置 ⇒帰宅後落ち着かな

11/15 点滴の意味を知りたい(不安)⇒脱水 腎不全解毒 電解質補給

★希望★メロンちゃんの痛みがない平安な時間にしたい!!

11/16 点滴後自分で水飲める 目ジカラアップ

11/17 レバー食べる 水飲める 目ジカラ強


老いる時病む時 在宅看護の癒し

「気持ちいい 嬉しい 美味しい」

しんどい時こそ 琵琶の葉こんにゃく(痛み緩和)




ご家族の不安を取り除くと最強の伴走者へ

メロンちゃんとママの抱っこでニコニコ




メロンちゃんのご家族の希望が明確になり

医療と在宅看護によって 快適な毎日 時間へケアプランを

準備していきたいと思います。 続く

Posted at 2018年11月17日 16時13分25秒  /  コメント( 0 )

高齢者とペットを考える

愛犬 愛猫 と
規則正しく 睦まじく 過ごすご高齢の方

しかし

飼い主さんが体調悪い時
動物達が体調悪い時要介護の時

深刻な問題になります。


飼い主さんの不安だけでなく
動物達の不安や寂しさも考えて欲しいです。

大切な家族
大切な時間

老いる時の支え方はどうするか?
自分が出来ない時は誰に頼むか?
動物にとって何処が?誰が?必要か?

日頃から ご親族や犬猫仲間や動物病院や動物看護師に
相談していて欲しいと思います。

コトバなき動物にとって
大好きな場所と家族が一番です。

しかし叶わない時 万が一の時
準備してあったら良いなあと
淋しい運命の動物と出会う度に強く深く思います。

これからの社会問題
高齢者とペット
多頭飼育者とペット
野良猫餌やり者と猫

人が関わった分 人が責任もって
命や生活を守っていけたらと願います。

飼い主さん
餌やりさん

犬猫さんが 最期まで
家族や社会の一員として
笑顔で生きれるように

サポートをお願いしたいです。

Posted at 2018年11月16日 09時43分28秒  /  コメント( 0 )

膀胱結晶治療のあんこ...

前回⇒陰部不正出血と抗生剤のあんこ&涙やけゼロみりん日記 

11月初旬 あんこちゃんの尿が心配 ⇒ 尿検査 エコー検査 治療食 水の変更


今回は  

あんこちゃん  
・膀胱の結晶は「ゼロ」・陰部からの出血「ゼロ」・元気いっぱい

・芝生や土の上での運動⇒足裏の傷「ゼロ」・おむつに尿が出たら教えてくれる

みりんちゃん(美鈴)
・今日は2回目のヒート(発情)・眠い ・少し食欲下がる

・前回は偽妊娠有   ・3回目のヒートでお産予定

■毎日の食事は 体調や季節などで調整

(核酸 オメガ アンチノール ヴェルキュア)




ヴェルキュアとは?

あんこちゃんとみりんちゃんの医療用ではなく健康予防用

(取扱い先 サンプル希望の方 http://cap-masuko.com/contact.html 08043831199) 




手作りおやつ 色々 原材料チエック
 


あんこちゃん(後肢麻痺 膀胱や排泄問題)

みりんちゃん(来年春交尾 2か月後お産 健康維持)

毎日の変化を看て貰っていて 心配な時 

●電話相談 ●メール相談(写真動画付)●月1回は訪問相談

すぐ解決して貰うようになってます。

心も体もとても健全なので 訪問時は嬉しくなります。来月へ続く

Posted at 2018年11月15日 16時43分12秒  /  コメント( 0 )

パパさんの死 遺され...

■10月 突然の飼い主さんの死

遺された猫さん  13頭

すごく 可愛がられていたと思いますが・・・

他の人他の家族との接触はなかったそうです。

しかし・・お世話する人へ少しずつ

 ̄れなくなる

¬椶料阿任竿喊べる

Fや身体を撫で撫でできる

ご鼎┐討る

ゥ疋△慮こうに行こうとする
 

■猫さんとご遺族のグリーフケア(飼い主さん不在のストレス)

■排泄の管理掃除の問題 (世話する方の負担を減らす)

■体調不良の問題(寒さ ストレス 栄養管理)

■新しい家族(居場所)探し  ⇒ ポスター作成

■ご遺族の悩みサポート



★天国の飼い主さんへ

猫さんたちは 皆頑張っています。

しかし いつまでも このままでは「猫さん達」と「ご親族」は

大変と思います。 どうか・・・天国から

新しい家族と出会えるように・・・導いて欲しいと思います。

よろしくお願いします。

私も引き続き 13猫さんのケアサポート頑張ります。 続く 

Posted at 2018年11月14日 17時48分08秒  /  コメント( 0 )

17歳どんちゃん 心配...

前回⇒ペット同伴モダンガール わんケア 27

1年前⇒ペット同伴 老人ホーム モダンガール日記 

今回のどんちゃん 17歳


■相談内容 /べない △茲寝る 1部より分泌物

■身体チエック

・起立可能 ・歩行可能 ・飲水食事自力可能 ・座位伏せ位可能

・視力低下(怖がる) ・結膜の色◎  ・敏感な反射(体や顔や頸に触る時)

・背中に湿疹の後フケ(痒み)・陰部の汚れ(粘液と血液 細胞硬くなる)

※スロープの時 立ち上がる時 よろめいたり転ぶ時あり

■訪問看護ケア

・皮膚と被毛対策 ⇒ブラッシング マッサージ 清拭

・陰部洗浄 ⇒ウエットティシュでは取れないのでぬるま湯にて洗浄

・食事内容 ⇒ドライは食べないので「缶詰」へ変更

・夜中の排泄が間に合わない時がある⇒おむつも検討⇒床の掃除

・夜中の温度低下対策 ⇒ベストと腹巻(保温)検討

・1年前に発症の出血(腫瘍)のチエックと獣医さんへの報告  



施設で暮らす どんちゃん

ドックランを自分のペースで「テクテク」

お気に入りの場所で「スヤスヤ」

ちょっと好き嫌いして「パクパク」

どんちゃんの様子は心配とは別に安定 

飼い主さんと施設の皆さんの愛情の中でシニアわんライフ満喫中

これからの気温変化 免疫低下などを注意して行こうと思います。続く

Posted at 2018年11月13日 14時47分24秒  /  コメント( 0 )

諦めない訳とは?〜愛...

大好きな家族(犬猫さん) 大切な家族(犬猫さん) 

と離れ離れになってしまう時

飼い主さんは・・・どうしてあげるか?考えていますか?

飼い主さんが・・・動けない時 何もできない時

飼い主さんのご親族やご友人の力添えで 犬猫さんの最善な環境

次の生活の場へ 繫げて欲しいと 心から願います。

たとえ 今=何もできなくとも・・・今=撫で撫でできなくても

その場所で「あなたの大切な家族の倖せを祈って欲しい」と願います。

■事例■
続10 譲渡から2年5か月 太郎ちゃんと家族と玉名牧場 

続9  飼い主さんが緊急入院!!新しい家族と太郎ちゃん

飼い主さんが緊急入院!飼い主さんが緊急施設入所!その時犬猫は??


■大切な家族である13頭の猫さんの

「新しいお家」「新しい家族」を

「飼い主さんである身内を亡くした悲しみ」の中 忘れ形見の「猫さんの命と生活の場」

飼い主さんに代わりご親族へ 探してもらわなければなりません。

「飼い主さんを失った猫さんたちの悲しみや不安は大きいです。」

癒してもらえる 新しい居場所が必要です。

飼い主さんが永久に不在になった今・・・ 

全員の猫さんの名前もわからないのです。 

それでも なんとか 倖せへ繫げたいのです。

ご親族やご友人や知人の皆々様のお力で

1日でも早く 身体も心も管理できる方へバトンタッチ出来る事を

心から祈ります。

そんな 猫さん達をサポートしてもらいたのです。 

■「(短期 中期 長期)一時預かり出来るよ」

■「里親さんになれるよ」

■「チラシ配るよ」「ツイートするよ」「シエアするよ」

そんな方々へ このブログが 届きますように・・・

繋がりますように・・・

Posted at 2018年11月12日 16時26分16秒  /  コメント( 0 )

動物に優しい地域を目...

昨年⇒どうぶつ愛ありあけ 2017

今年⇒どうぶつ愛ありあけ2018



●慰霊祭 (有明保健所で亡くなった犬猫さんへ合掌 献花)


●講演会  大牟田市動物園 川瀬先生

「動物の倖せを目指して〜大牟田市動物園の取り組み〜」

「動物福祉を伝える動物園」〜エンリッチメント〜


●表彰式(長寿犬飼い主表彰 図画作品表彰)


●介護看護相談



●介護用品展示
 (パクパク テクテク スヤスヤ)




●災害時グッズ展示



●搬入搬出



■相談内容 (動物看護師 増子担当)

運動機能の低下により 歩行や行動に異変が起きますが

犬猫さんの機能に合わせて 必要な介助 必要な運動マッサージストレッチ

犬猫さんの体調に合わせて 食事の栄養素 形状 量の微調整

犬猫さんの嬉しい時間 気持ちい時間 ご家族の優しい声と手当



.船咾気鵝14歳 (老化して吠える ドックフード食べない)

▲譽ぅ覆気鵝18歳(看取りについて情報収集したい)

小太郎君♂4歳  (水頭症と失明の診断 在宅での看護について)

ぅ戰觀♂15歳  (半年前から夜鳴き 足が弱くなった)

ゥ爛汽祁♂17歳 (散歩の途中休憩するようになった)

Ε皀海気鵝8歳  (排便をトイレ以外で始まる ストレスか?どうしたら?)

Д▲い気鵝17歳 (介護について知りたい 介護服の選び方は?皮膚疾患の悩み)

┷鯒のご相談者よりご挨拶

ご家族に大切に守られている様子に

本当に素晴らしいな〜と思いました。

熊本の・・・日本の・・・犬猫さんが全部

最期まで大好きな家族と場所で暮らせたらいいな〜と思います。

介護や看護や問題行動で悩んだら 相談出来て解決出来る事で貢献したいです。

続く


 

Posted at 2018年11月11日 16時16分29秒  /  コメント( 0 )

心臓の薬が増えるのは...

心臓!腹水!食欲有!リュウさんわんケア 31

病院付き添い 心臓!腹水!リュウさんわんケア 32

足むくみ 腹水改善!ぴくぴく注意 リュウさんわんケア 33

前回⇒足むくみ 腹水改善!ぴくぴく注意 リュウさんわんケア 34

★今回⇒「心臓薬が倍量に変更なのが?心配」との相談でした。

飼い主さん一人では リュウさんは 車に乗ってくれないので

動物病院への付き添いとなりました。

稟告についても 週2回のシニアわんケアにて 

私が気づいた事をお伝えする事ができました。

動物病院で受診 聴診 問診 視診にて

ひどくなる前に 必要な「処方箋」変更になりました。

苦しい時だけではなく

予防=転ばぬ先の健診で 護られている リュウさん

いつものお散歩コースは行けないけれど

お庭のコースや美味しいお肉やお魚で シニアわん生活

倖せな姿に・・・嬉しくなります。。

食欲の秋をたっぷり楽しめるように・・・動物看護師のシニアわんケア頑張ります 続く 





Posted at 2018年11月10日 16時17分01秒  /  コメント( 0 )

大切な家族の命  最...

伴侶動物=Companion Animal

家族に迎え入れた日から 楽しい毎日が過ぎていく

時には 怪我したり 病気したり 誤飲したり 迷子になったり

しつけができなかったり 排泄がうまく教えれなかったり

色々な事が起きたりします。 ご家族は すごく心配します。

毎日のお散歩の犬さん

毎日のお食事の猫さん

毎日の歌声のインコさん

そんな 毎日が当たり前・・・

いつか・・・最期の1日が来るのです。

しかし

「うちの子は 死にません。(考えたくない)」と

断言される時もあります。

しかし  それは 「叶わぬ願い」であることもお伝えしなきゃと思います。。

沢山の愛情に包まれ 沢山の想い出を体験して

「幸せだな〜 ありがとう〜」と言われるように・・

最期の時=最倖のお見送り

頑張ってもらいたいと思います。

苦しみや痛みを減らす為に 

入院しなきゃいけない時もあると思います。

お仕事でずっと側に居れない時もあると思います。

しかし そんな時でも 

出来る限り一緒に居る時間を・・・


離れていても・・寂しくないように・・

気持ちが繋がっている時間を・・・


叶えて欲しいと思います。

「死」は誰もが平等に訪れる事

コトバなき犬猫さん達の「不安や怖れ」ではなく

「死の瞬間」まで「安らかな心」で入れるといいな〜と

心から願います。その為に 動物看護師として

犬猫さんのコトバなき声をキャッチして 

「命」の誕生から「死」まで

「愛情まみれの生活にしてあげるか?」

「最強の看護看取り生活してあげるか?」

飼い主さんご家族に寄り添って しっかりと支えたいと思います。 



最期の瞬間を看取れなかった父親  
最期の瞬間を看取れた愛犬KOU

Posted at 2018年11月09日 17時36分31秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ