メインメニュー
2018-06

食糞困る!!!筑後市...

前回の訪問⇒筑後市 4か月いたずら盛り ラッキーちゃん育犬日記 

前回のメール相談
■お散歩できない 怖がる ⇒(犬の保育園で社会性 お散歩方法学習)


現在ののラッキー君



◎アイコンタクト出来る
◎マテが出来る
●褒められたら嬉しいが怒られる声にも嬉しい
◎お気に入りのおもちゃで遊ぶ
◎手やズボンのすそを噛まなくなった
◎排尿はペットシーツで出来る
●排便した後 銜えて移動する
◎お散歩上手に楽しめる
●パパさんへの依存が出てきている



今回の相談 対策

■食糞対策⇒ 食事の内容変更
/べても無視 ⊃べる前に褒めておやつやる
G喃 排便したら褒める

■涙目⇒動物病院受診・逆さまつ毛? お散歩増えてから悪化⇒除草剤?殺虫剤?
〇曲發ら帰ったら洗浄する。生理食塩液。
⊃べ物から添加物減らす L椶稜緩譴鮓亀い砲垢覲忙

■脱走⇒ パパを後追い お友達の家行く
”ず待てさせる訓練 その後に 楽しい事があるの訓練
そうする事で指示待てるようになる

■舐める癖は不安や不満な時になるかも。
.好ンシップを増やす。▲好ンシップ方法を変える。


熊本と筑後で遠いですが

小さな困ったを早期に相談してもらい 遠隔にて専門家へ繫げます。

ラッキー君は お利口さんに成長していて嬉しくなりました。

これから起きる事を予測して ご家族にとってもラッキー君にとっても

楽しい毎日になれるように 引き続き育わんサポート  続く
 

Posted at 2018年06月30日 19時27分44秒  /  コメント( 0 )

320日の涙  KOUの...

■273日   14日はKOUの月命日・・・   70

今日は KOUが天国へ逝って320日

KOUの居ない散歩 生活  320日

写真は3年前のKOU 

パクパクが出来ていた。。。

テクテクが出来ていた。。。

スヤスヤが出来ていた。。。

肝臓腫瘍が進行して

食べれる食材を毎日探して

歩けない時は介助して

苦しくないように寝かせて

KOUは 私を呼んで 私の腕に抱かれて

最期の呼吸をして逝ってしまいました。→最期の瞬間!!肝臓腫瘍 KOUとの時間  51(8/16)


■動画 2015年おやつおねだり中



KOUへ

先週 カズと奈々に逢ってきたよ。。元気にしていました。

熊本は どんどん 暑くなってきたよ・・今日は雷と雨・・・

KOUは 動物病院は苦手だけど 雷は大丈夫でしたね。。

そっちでは 毎日 どんな暮らしですか?元男さんとまつぞうと一緒ですか?

KOU・・・・逢いたいです。。

今日は KOUとの時間がどんどん思い出されて

胸が「ぎゅん」となってるよ。。

KOU・・・・頭 撫で撫でしたいです。。

KOUちゃんへ 又 お手紙しますね。。ばいばい

Posted at 2018年06月29日 11時44分59秒  /  コメント( 0 )

「動物看護師」と「プ...

動物看護師の仕事は 動物の 病い 命 生活 に寄り添う仕事です。

同時に 動物の家族の皆さんの 願い 希望 にも寄り添う仕事です。

しかし・・・

不慮の事故 不治の病 痛み 別れ との遭遇を体験します。

動物の想い ご家族の想い に寄り添わせて頂く時間に比例して

想いを受け取り 知らず知らず 落ち込んでしまった時期がありました。

しかし

2012年 牧師さんからの宣べ教えてもらった言葉があります。

それは・・・・

天のお父様の作品である動物 

動物は罪を作らないので 必ず永遠の命の天国へ導かれる

それでも 今 命ある限り その瞬間までは 倖せへ繫げていきましょう

希望を持ち諦めず 導けるように

「出来る事を・・・」「祈る事を・・・」と

その日から 私は 動物看護師として 人として 

落ち込む時間が無くなり 行動と祈りの時間になりました。

それでも

沢山の動物看護師さんが・・・・

沢山の飼い主さんが・・・・グリーフで辛い想いをしている事を

しっかりと胸に刻み その声に寄り添える「人間」でいたいです。

動物達にとって大好きなご家族が「悲しい涙」で終わらないように・・・

動物達が望むであろう「優しい涙」に変わるまで・・・

  

プロフェッショナルグリーフとは・・・・

音楽のあるホスピスから 【佐藤由美子先生】

ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士

Vol.9 喪失を繰り返す職場であることに自覚を
https://www.kango-roo.com/sn/a/view/5255

Posted at 2018年06月28日 12時28分45秒  /  コメント( 0 )

夏来た!!咳注意!!...

前回はこちら→春来た!!拾い食い注意!!リュウさんわんケア 29

■6月22日受診+検査  咳 体重増加 呼吸(疲れやすい?)

※気管支の問題 ※心臓の問題  治療開始

車や病院が苦手なので 付き添いわんケア
  


■6月27日シニアわんケア 日陰を使ってお散歩



リュウさんは 外の犬小屋で生活

今年の冬は寒く 食べても食べてもエネルギーに使われていましたが

春になって 余分なカロリーが脂肪になってしまいました。

この頃から 心臓の老化も進みが早かったかもしれません。

現在は 投薬にて緩和され パクパク テクテク スヤスヤ出来ています。

雷や大雨や地震が怖いので

そんな時の 食事(栄養)管理をきちんとして行けるように

観察とケア方法をご家族と共有出来たらいいな〜と思います。続く

Posted at 2018年06月27日 15時53分06秒  /  コメント( 0 )

第1回熊本県動物愛護セ...

第1回熊本県動物愛護センター運営協議会小委員会

日時:平成30年6月26日 13時〜14時半
場所:熊本県庁本館 6階 601会議室




1.挨拶: 熊本県動物愛護センター 石原所長

※動物愛護への教育 ※飼養管理 ※譲渡 =5つの自由(動物福祉)

2.講習: 菊川智子先生(アルカドックトレーニング) 

仝什澆侶本県動物管理センターの状況を見ての所感

⊆賀県のこれまでの動物愛護の取り組みについて

今後の方策について

い修梁

3.質疑応答 意見交換





2018年 シエルターメディシン・セミナー
「より良い7譲渡に向けて」
第1回管理 動物行動学 自治体からの報告


主催:日本動物福祉協会
日時:2018年7月8日 10時〜17時
会場:日本獣医生命科学大学E棟111号室
講師:田中亜紀先生(日獣生命科学大学ポストドクター)
   入交眞巳先生(米国行動学専門医)

内容:全4回 
第1回
・シエルターメデシン概論
・伴侶動物の群管理
・行動学
・地方自治体からの報告
第2回
・感染症発生管理
・衛生管理と消毒
・シエルターにおけるワクチンと免疫
・シエルターにおける重要感染症
・行動学
・地方自治体からの報告
第3回
・シエルターメディシンと疫学
・頭数制御
・早期不妊手術
・TNR
・一時預かりボランティア
・地方自治体からの報告
第4回
・災害時医療
・動物虐待
・地方自治体からの報告 


受講後感想

◆管理可能な状況
◆保護時の経緯
◆判定基準
◆譲渡後の暮らし方
◆啓発(予防)
◆保護(原因調べる)

滋賀県の30年前の状況が今の熊本県と言われたけれど
なんとか 3年で 滋賀県に追いつけれるように取組
考え提案出来たらいいな〜と思いました。

10か所の保健所も愛護センターに犬猫が保護されないにはどうすれば?

家族の一員最期まで「終生飼養できる飼い主さんへ」
社会の一員最期まで「適正飼養できる飼い主さんへ」
笑顔で生活最期まで「動物福祉がわかる飼い主さんへ」

わんにゃんぴっ相談室 や 犬猫問題解決NOTESで   

こつこつ⇒支導



講義を参考にして 熊本県と協働して取り組まなくてはと思いました。

続く

Posted at 2018年06月26日 16時26分09秒  /  コメント( 0 )

熊本ばってん!動物看...

前回は⇒動物看護師 増子元美 上京1日目

一般社団法人 日本動物看護職協会

第10回 定時代議員総会&基調講演&懇親会




平成29年度事業報告

1.認定動物看護師の処遇改善、早期国家資格化への推進

(一般財団法人 動物看護師統一認定機構「認定動物看護師」
資格習得者1万9千名超える)

2.組織強化への取り組み

3.動物看護師のスキルアップ

4.動物看護師の社会的役割

5.動物看護師の勤務実態調査



平成30年度 事業計画

1.早期国家資格化に向けた活動

2.支部活性による組織強化

中四国・九州支部企画 平成30年度第1回VNセミナー開催

「その時」に備えて今からできること

※災害発生!動物看護師はどう動く!? 
■講師:船津敏弘先生(動物環境科学研究所所長)

※緊急対応!動物看護のツボ  
■講師:飯村真先生(福岡夜間救急動物病院院長) 


3.動物看護師の認知向上

4.動物看護師のスキルアップ


中四国・九州支部の地区理事である増子の使命

熊本の動物看護師の皆さんや学生の皆さんへこのセミナーを知ってもらい

学んでもらい

緊急災害時 「その時」に備えて準備出来る動物看護師さんが増える。

地域における「防災」において 信頼できる必要な存在となって欲しいと思います。

■基調講演 「動物看護師が知っておくべき法律」講師:弁護士 渋谷先生

懇親会では 「わんにゃんぴっ相談室」 相談員メンバー 2名と合流。



ご挨拶と「犬猫問題解決NOTES」お渡しする事ができました。

専門学校動物看護カレッジ 副校長先生

渋谷総合法律事務所 渋谷寛先生

ヤマザキ動物看護大学 本田三緒子先生

神戸ブレーメン動物専門学校 前田有佳さん(動物物看護師)

ペットホームケアえるそる 松本晃子先生

インターズー編集部 酒井麻有さん(動物看護師)


平成30年度 
私達動物看護師が動物看護師という職業に誇りを持ち 
動物看護師だからこその社会に貢献できるように
本年度も看護職協会の会員として 個人の活動として
両方で頑張ろうと思いました。

Posted at 2018年06月25日 22時02分36秒  /  コメント( 0 )

動物看護師 増子元美 ...

東京に着いて移動中 電話とメール相談

品川駅にて 18歳 U^ェ^Uさんの食欲不振相談

新宿駅にて 保護 (=^ェ^=)さんの体調不良 病院🏥相談

明日は日曜日だから
診察が休みも多いです。

しかし シニアわん 保護にゃん は
急変しやすいので 早期に受診をお勧めしました。

一般社団法人くまお 代表 くまお母さんと面談

犬猫問題解決NOTESやわんにゃんぴっ相談室に
賛同して支援してもらってます。感謝です。

保護猫だったくまおさんとこぐまちゃんを通して
各地でイベントや物販
動物の終生飼育や動物福祉を啓発されてます。
本当に凄いなと思います。

くまおさんのグッズは凄い人気です。





明日は日本動物看護職協会の総会
電車を間違えないように
会場へ行けるように 準備します。

Posted at 2018年06月24日 00時38分38秒  /  コメント( 0 )

耳の後ろは触らないで...


17歳ももちゃん シニアトリミングサポート
https://www.facebook.com/grooming.FL/


嫌な所は ご家族も出来ないブラッシングや撫で撫で

17歳 椎間板を痛めているので 保定は慎重に

なおかつ 「いや====」の反応が強く 継続が長い

疲れないか?呼吸は?心拍数は?

心配な中 トリミング 爪きり シャンプー が

トリマー(動物看護師)さんにて 行われます。

1分でも しんどくないように・・・・

1分でも 早く終わるように・・・・

トリマーさんの仕事がはかどるようにサポートでした。

「ももちゃんの気持ち」をしっかり聞きながら

快適な生活の為の「スキン被毛ケア」

少しずつ・・・「いや====」から「きもちいい==」に

変われるといいな〜と思いました。

Posted at 2018年06月22日 20時31分19秒  /  コメント( 0 )

耳の後ろは触らないで...


17歳ももちゃん シニアトリミングサポート
https://www.facebook.com/grooming.FL/


嫌な所は ご家族も出来ないブラッシングや撫で撫で

17歳 椎間板を痛めているので 保定は慎重に

なおかつ 「いや====」の反応が強く 継続が長い

疲れないか?呼吸は?心拍数は?

心配な中 トリミング 爪きり シャンプー が

トリマー(動物看護師)さんにて 行われます。

1分でも しんどくないように・・・・

1分でも 早く終わるように・・・・

トリマーさんの仕事がはかどるようにサポートでした。

「ももちゃんの気持ち」をしっかり聞きながら

快適な生活の為の「スキン被毛ケア」

少しずつ・・・「いや====」から「きもちいい==」に

変われるといいな〜と思いました。

Posted at 2018年06月22日 20時31分19秒  /  コメント( 0 )

天使のお迎え13歳 ベ...

13歳 ベルちゃん在宅看護日記 6/15



■2018年6月20日 ベルちゃん昇天


ご家族からの報告

■6月17日 食欲低下 飲水量低下 元気少しなくなる 下痢

■6月19日 食欲無し 飲水量少し 嘔吐

・無理せずに口の中が乾燥しないように濡らす 
・マッサージ撫で撫で ・優しい声掛け
・体温測定(熱あったら冷やす)
・室温 湿度測定(スヤスヤの環境)

■ご家族からのメッセージ

・色々お世話になりました。本当にありがとうございました。
お花も届けて頂き ベルちゃんも喜んでたと思います。
ありがとうございました。


ご家族 ベルちゃんの大きくなった腫瘍の看護は

本当に痛々しく悲しく辛かったと思います。

それでも しっかりと 「大切な時間」を過ごして頂きました。

ベルちゃんは 最強の愛情と看護に包まれて天国へ

遺されたご家族には 今度は 寂しい悲しい喪失感が訪れるかもしれません。

「悲しい涙」から 想い出を語れる「優しい涙」に変わる日まで・・・・

支え祈ります。


ベルちゃんへ 

12年間病気したことなく元気だったベルちゃん。乳腺腫瘍がみつかって

手術頑張りましたね。。しっかり 元気に過ごしていましたね。

しかし 足の腫瘍も大きくなって歩けなくなりましたね。

「痛かったかなですか?」
「大好きなパパの抱っこ ドライブ時間はどうでしたか?」


ベルちゃんを抱っこできない ドライブできなくなります。

どうか・・大好きなご家族を天国から見守ってくださいね。

ベルちゃんの病気に向き合う姿 生きる姿 生涯忘れる事ないです。

ベルちゃん 「ありがとう また会える日までさようなら」動物看護師 増子元美

Posted at 2018年06月21日 15時03分40秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ