メインメニュー
2017-07

台風と豪雨の後!!!...

前回はこちら→熊本地震 1年  犬猫と復幸へ サポート 

気になっていた 台風と豪雨と酷暑 みんな元気でした。(嬉しい)



リュウ君

レオ君

台風で

ブルーシートが飛ばされ水漏れ(フードや蚊取り線香)

犬小屋とその周りの掃除(ペットボトル 布団綿 ごみ)

⇒片付け後⇒

はち君




ニャンズの様子




片付け前(ごみ箱 ブルーシート ケージ)



新しいお家が出来ていました。



ゴミ箱設置(雨除け)寒さ対策(ブルーシート)片付け


熊本地震から2回目の夏!!!

暑さ 雨  雷  台風

わんずにゃんずは 飼い主であるご家族に 毎日

お水やご飯を運んでもらい お散歩してもらい

愛されしっかり生活しています。

1日でも早く

今まで通り ご家族と共に暮らせるといいな〜と思います。

続く

 

Posted at 2017年07月11日 17時53分34秒  /  コメント( 0 )

熊本が変わる為に!!...

第1回熊本県動物愛護センター運営協議会!!


■第2回熊本県動物愛護センター運営協議会

日時:平成29年度7月10日午後2時〜

場所:熊本テルサ

1 開会

2挨拶

3議題

(1)「第1回運営協議会時の委員意見に対する対応」等について

(2)動物愛護センター等の運営について

講師

|翊遊住匯瓠糞楮蠡膤惶勸教授 JAHAドッグトレーニングインストラクター
       神戸市動物愛護センターアドバイザー)

∧〇概昭氏(ヤマザキ学園大学講師 SPCAヒアリングドッグトレーナー)

(3)意見交換会

(4)その他

4閉会




熊本県動物愛護センター運営協議会の委員として参加してきました。






11年前から動物愛護活動を始めて 色々な事を知る事が出来ました。

・熊本市動物愛護センターと熊本県動物管理センターの違い

・熊本県の動物愛護担当 行政

・10か所の保健所 + 健康危機管理課 + 熊本県動物愛護センター


・10か所の保健所に 地域動物愛護推進協議会 + 動物愛護推進員

各県内には 「保健所」「動物愛護団体」「動物愛護個人活動」

コトバなき犬猫さんの事で 毎日毎日ご尽力されています。 

熊本県10か所保健所現状データーマップ



熊本県動物愛護管理ホームページ




私は 動物看護師として 熊本市動物愛護推進員として

熊本県動物愛護推進協議会委員として

わんにゃんぴっ相談室として 

犬猫さんの命や生活が


家族の一員として最期まで(終生飼養)

社会の一員として最期まで(適正飼養)

動物と人共に笑顔で最期まで


そんな 熊本になる!! そんな日本に変わる!が 私の目指すゴールです。



「動物福祉」「動物も人も倖せに暮らす」

当たり前の日本へ

きちんと胸に刻み  コツコツ  活動していきたいと思います。

Posted at 2017年07月10日 17時05分50秒  /  コメント( 0 )

ペット同伴 老人ホー...

前回はこちら→老人ホーム 16歳ドンちゃん♀日記  +こなつちゃん

モダンガールの入所 犬さんは 3頭

各犬さんの 心と体の健康状態を担当しています。

入所されている飼い主さんと犬さんの生活スタイルを見せて貰い。

身体に起きている

小さな変化から病気に繋がらないようにアドバイスをします。 







豪雨や雷や暑さなどでストレスになったりしないか?? 

体調や皮膚や耳の状態は 早期発見 早期ケアが必要であるとお伝えする事が出来ました。

Posted at 2017年07月09日 19時20分42秒  /  コメント( 0 )

歩けなくなったら??...

前回はこちら→リュウくん シニア日記





★介護の悩み★

自分で歩けない。寝たきりになったら

老化が心配  どうしたら??

■対策プラン■

・起立介助&歩行介助 ⇒4輪 車椅子スタート

・仰向け&伏せ介助 ⇒ビーズクッション

・頸や足(関節、腱、筋肉のケア)

・血流&栄養&運動 ⇒ 老化予防

 


今回は訪問にて リュウちゃんの身体を見せて頂きました。

●首の右側傾斜と下垂

●後肢の伸展 前足のナックリング 

歩行のバランスが取れなくなっていました。

首の拘縮や足の伸展 強くなってきているので

マッサージだけではなく

リュウちゃんの呼吸に合わせ体のストレッチを増やして

首から背骨が真っ直ぐになるようにケア

関節 筋肉 腱の機能を低下させないようにします。

ここが進むと「負担」→「痛み」→「夜泣き」になりやすい!!

その際の道具 車椅子 柔らかいクッション 

介護者が疲れない工夫も提案してきました。

  ↓     ↓    ↓

優しい時間・・夢ちゃん介護日記

Posted at 2017年07月08日 19時27分22秒  /  コメント( 0 )

かさぶた取れた!!ル...

前回はこちら→目ジカラアップ!ルイちゃん 優しい介護日記



・叫ぶ ルイちゃん!!⇒動画http://youtu.be/ZjwBi_BGY_o



連絡帳より 体調は変わりないとの事 

腎臓用缶詰パクパク 雨でテクテク無し 夜2回起きるがスヤスヤ



7/7訪問看護 

・天気:雨曇り ・部屋温度:23℃ ・湿度:74%

・体温:37.6℃ ・心拍数:88回/分 ・呼吸数:96回/分

・排尿:2回  ・排便:無し  ・飲水:◎ ・食事おやつ:◎

・陰部洗浄   ・足裏と背中マッサージ ・爪切り



テクテク動画






怪我が治りかさぶた取れる




パクパク ゴクゴク テクテク出来ました。。
 
気持ちいい 美味しい 楽しい後のスヤスヤ

  

Posted at 2017年07月07日 15時24分04秒  /  コメント( 0 )

愛犬愛猫の看取りの覚...

命が「誕生」

命が「出会い」始まる

命が「家族」と歩み

命が「病や老」で看取られる



犬猫さんの「命」の場合

言葉がないけれど「真っ直ぐ生きる」 

この「命」に対して「家族」から

護られ看取られる「看護」は「倖せ」と思います。

しかし

「家族」の方は 愛犬愛猫の

「病や老」は「別れ」と繋がる事で「凹む」のです。

「動物看護師」は ご家族が犬猫さんの最強の看護へ

繋がる為に支え応援「支援サポート」をします。



「命」に出会い「家族」になったら

いい事も悪い事も 嬉しい事も悲しい事も

全部全部 焦らず諦めないで明るく乗り越えて欲しいです。

悩む時間 凹む時間から「最強のサポーター」として

犬猫さんと生活を伴走してもらいます。

それが 犬猫さんにとって「一番欲しい愛」と思います。


悲しみが大きいほど

悩みが深いほど 「愛」は大きく深いのです。

そんな「愛」に出会えた事は素晴らしいのです。

その「愛」をしっかり 伝えて欲しいと願います。

たとえ 短い命であっても たとえ 痛みがあっても

そこに いつも「家族」の「愛」で護られたら

「心強く」生き抜けると思います。


すべての飼い主さんも私も いつか 「命」を終える時が来ます。

「命」の「生き方」「看取られ方」「見送り方」



増子元美の限られた「命」を

■どう生きるのか?誰と生きるのか? 

■誰を愛し護るか?誰を看取るのか?

■見送る覚悟は持てるか?

「死=ゴール」まで ピキッと生き抜きたいです。

Posted at 2017年07月06日 19時47分18秒  /  コメント( 0 )

目ジカラアップ!ルイ...

前回はこちら→
コーギーのルイちゃん 優しい介護日記



週3回 訪問看護 シニアわんケアー

2017.7/5  13時 天気 曇り晴れ 

・部屋温度:24.8℃ ・湿度;58%

・体温:38.1℃ ・心拍数:80回/分 ・呼吸数:132回/分

・目ジカラ あり ・排尿 あり(圧迫介助)・排便 なし

・食欲 あり(おやつ&缶詰少し&ドライ12粒   

・歩行(車いす)  ・マッサージツボ押し  

・清拭(蒸しタオル)   ・ストレッチ   ・目ヤニ(右)洗浄 





お散歩 嬉しい顔 (下がりやすい頸をほぐす)



抱っこよりカラダ安定する道具で移動

移動楽ちん



ゴクゴク動画


数時間我慢か??排尿前は要求吠えもあるから?呼吸数が早い。

病的か??生理的か?動物病院での要診察

食欲が出てきたので 腎臓ケアドライフードも食べれる。7

カウンセリングをして在宅看護ケア調整の必要があると思います。

今 忙しい飼い主さんの手や声の代わりが必要

訪問看護 介護 動物看護師 増子元美頑張る  続き

Posted at 2017年07月05日 16時25分00秒  /  コメント( 0 )

身体がプニュプニュ!...

前回はこちら→皮下点滴はへっちゃらさ!!余命宣告 肝臓腫瘍 KOU  の巻 43(6/23)

食欲有無 軟便血便下痢 有無 元気有無 早期診察 早期ケア

6/23.6/24 皮下点滴

東京出張6/25.6/26  お留守番乗り越えてくれたKOU

6/27皮下点滴

6/30 皮下点滴(3.32kg)

7/1左後足と胸⇒皮下浮腫 ステロイド1日1回スタート

7/2左右後足と胸⇒皮下浮腫 (3.68kg)

7/3体調今一つ 腹水少しあり(エコー)利尿剤1日2回 シロップにしてスタート


KOUスヤスヤ動画



7/4左右前後肢と胸と腹⇒皮下浮腫 肝臓硬くなる(エコー)(3.6kg) (利尿剤容量増加)


肝性浮腫

初期は特に左足のむくみ現れる⇒症状が下半身全体⇒全身。

後期は腹痛や嘔吐、意識障害などの症状にならないように注意。

とにかく しっかり食べて 脱水に注意して利尿へ 

「KOUの優しい時間」続く

Posted at 2017年07月04日 14時33分26秒  /  コメント( 0 )

13歳腎機能低下!!コ...

腎機能低下!!コーギーのルイちゃん 優しい介護日記




天気晴れ  温度:25℃  湿度:52%

体温:36.9℃ 心拍数:56回/分 呼吸数120回/分

連絡帳から

⇒(昨夜ぐったり?缶詰食べる。今朝5時吠える(食事 飲水 お散歩)8時落ち着く)




■排尿介助  ■ 清拭 ■陰部洗浄  ■温度調整(扇風機・保冷剤)



■飲水介助  ■おやつ ■マッサージ



■起立 ⇒ 歩行介助



■サークルで怪我した傷チエック(2か所)⇒順調に治癒中 



■ベッドサイド介助 ⇒パクパク ゴクゴク テクテク後 スヤスヤ


★ルイちゃん 

暑い 痛い 食べる 飲む 排尿排便 お散歩 など 

要求が満たされると無駄ない吠える事が減りました。

介護される事や介護者へのコンタクトの取り方がわかってきたのかな?

この調子で ご家族の代わりの優しい手になれるように頑張ります。続く

Posted at 2017年07月03日 15時57分18秒  /  コメント( 0 )

愛犬を守る為に!!事...

今回の相談事例は 「ご近所の犬を噛んだ」との事

被害犬さん

命には別条はないが 「痛み」と「恐怖」

トラウマは

犬さんだけでなく ご家族にも大きく残っています。

故意にした事ではなくとも

結果は体と心の傷になってしまった。。

加害者になったご家族と犬さん

「起こるべきして起きたのか?」「否か?」


自分の愛犬愛猫が 地域で加害者とならない為には

飼い主さんの知識(愛犬愛猫の性格 行動)が本当に重要なんです。

そんな問題事をサポートしてくれる専門家が必要な日本です。

今回のような事故が起きない為にも

動物に関わる悩みや相談に対応できる

専門家の存在は重要と思いました。

とにかく

「犬」も「猫」もむやみに争う事はないけれど

本能(食欲 性行動(子孫を残す) 睡眠)を邪魔されることは

「メンタル」「行動」的にも異変が起きやすい。

生後2か月から8か月までの大事な時期を「どう暮らすか?」も

とても重要と思う。事故から回避できるためのアドバイスを伝えたい。。

家族である「犬」「猫」の事をもっともっと知り

わからない時は相談する専門家に聞きながら

事故や病気
にならないことを 祈ります。

Posted at 2017年07月02日 13時40分13秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  | 次へ