メインメニュー
2017-05

危ないお散歩とは?危...

私が産まれた頃 1962年

水道 電気 プロパンガス 電子レンジ 冷蔵庫

当たり前の時代になった。

インスタント食品 レトルト食品 菓子類 


手作りから 便利で安くて美味しい物が増えた。

毎日の人間の食卓の残りを与えた犬猫は

ドックフードキャットフードへ変わった。


人間も動物も様々なアレルギー症状が出てきた。



遺伝子を傷つける物に囲まれていないか??

遺伝子を修復する食事は摂れているのか??

遺伝子を守る生活を送れているのか??


Know&Keep Your Genes 
■様々な病気や老化は遺伝子の損傷や欠損によって起こること。


◎病気や症状を治す事も大事!

◎アレルギーや病の原因を知り除去も大事!

◎元気な細胞を作り自然治癒力手に入れる!

毎日の環境(排気ガス 除草剤後の公園 塗装や道路工事 花粉 黄砂 PM2.5)

毎日の食事(食品品質 食品添加物 加工方法 )

毎日の心身(ストレスフリー お散歩 スキンシップ)


愛犬 愛猫が くしゃみしだしたら・・・・

愛犬 愛猫が 目がショボショボしたら・・

愛犬 愛猫が 咳や声がかすれたら・・・・

どうか・・・今一度 食事や環境や心身のケアを見直してもらえたらと思います。

NHK PM2.5 拡散予想

■排気ガス PM2.5の多い日は長時間のお散歩注意!活性酸素除去する食事へ変更

■与える食事の成分内容 添加物をチエック!活性酸素増えない食事へ変更


添加物一般の使用基準 公益財団法人 日本食品化学研究振興財団



愛犬 愛猫を守るには「知恵」が必要

「知恵」が「行動」となり 

笑顔で過ごせる日々に結び付けてくれます。

Posted at 2017年05月31日 16時23分35秒  /  コメント( 0 )

第20回 熊本地震 ペ...



第20回 熊本地震 ペット救護本部会議  

2017.5/30  14〜17時


{熊本県 熊本市 (一社)熊本県獣医師会 (一社)九州動物福祉協会}

1)報告 意見交換

●熊本市 

●熊本県  

●熊本県獣医師会   

●ペット救援センター 

●熊本県動物愛護推進員

2)ペット救援センターでの一時預かり期間について



熊本地震ペット救護本部を設置(熊本県)
熊本地震ペット救護本部
恐怖だけで終わらせない!!災害 記憶と記録(増子元美)



熊本地震県内被災状況(熊本日日新聞5/20)

・死 亡   50名
・震災関連死 171名
・大雨二次災害 5名
・負傷者   2699名
・建物   191593棟
・仮設住宅  4303戸
・みなし仮設 15709戸
・水道断水  450世帯



熊本地震から1年2か月

ペットは 環境が変わってしまった。

家族と一緒の場合 別々の場合 

今後の行先が目途ある場合 ない場合

 

■仮設住宅  ■みなし仮設住宅  

■一時預かり(民間・ペット救援センター)

■解体敷地生活  ■譲渡


震災は突然きて 動物も人間もダメージを受けてしまった。

しかし この事態をしっかり 

「官と民」とで協働して

ペット飼い主同士の共助にて

乗り越えられるといいな〜と思います。

Posted at 2017年05月30日 17時21分56秒  /  コメント( 0 )

ペリーちゃん動物病院...

飼い主さん入院決定!!8歳ペリーちゃん 福祉ケアプラン

飼い主さんに代わって・・8歳ペリーちゃん福祉&健康ケアプラン

飼い主さんに代わって・・8歳ペリーちゃん福祉&健康ケアプラン

8歳ペリーちゃん 皮膚 下痢トラブル 健康ケアプラン

ペリーちゃんの耳 毎日洗浄しなきゃいけない理由

    ↓        ↓

ペリーさん耳の中動画



★きずなの丘★ ご家族に代わって毎日洗浄(投薬無し)

耳道の細胞が元気になって炎症が治まり正常な耳道に回復出来たら 

「膿」は出なくなると思います。→(毎日食べる物と体質改善



蜜君とペリーちゃん


マーキングの問題前立腺・肛門腺検査(未去勢)  


きずなの丘にて

大切にお預かりのペリーちゃん

介護スタッフによる 耳のケアは完璧!!


後は 栄養(フード)の管理で

健全な細胞再生をアップ!! 炎症を抑える力をアップ!!

ご家族へわかり易くご提案します。


「ご家族」と「きずなの丘介護メンバー」と「ケアプラン」で

耳キレイキレイ実現へ

Posted at 2017年05月29日 12時33分24秒  /  コメント( 0 )

突然痙攣!!  肝臓...

前回はこちら→左目 完治!お腹は?  肝臓腫瘍 KOU  の巻 37 5/22

2017年5月28日17時

今まで一番ひどい

痙攣発作(失禁 脱糞 チアノーゼ 硬直 )

発作後 歩行に力が入らないので 急遽足元を滑らないように敷物準備

レスキューレメディ マッサージ した後の写真

  ↓        ↓



発作後のKOU動画 (表情 足の力)


今まで14年間 軽い発作が3回ほどありましたが

今日のは強い発作でした。 しばらくはボーっとしウロウロし

それでも お水はゴクゴク パームフルーツクッキーをパクパク

自分のお気に入りのベッドへ移動してスヤスヤ

余命宣告から 「覚悟」をしてきました。

今日は発作になるまで

元気あり 食欲あり 軟便2回あり 通常の様子だったので

予想外で驚きました。

部屋の中で私が居る時の発作だったので 幸いでした。

来月17日で15歳 元気にお誕生日祝い出来ますように・・

在宅看護(栄養と環境とストレスフリー)を強化必要

決断した日でした。

Posted at 2017年05月28日 18時07分27秒  /  コメント( 0 )

ペット同伴デーサービ...

介護が必要な犬猫がいても 一緒にデーサービスを受けられたら・・・・

介護が必要な犬猫がいても 一緒にショートステイ出来たら・・・・

そんな事が 実現可能になったら 利用したい方はどれくらい いらっしゃるだろうか?

■介護や看護の相談を受け提案するケアマネージャー

■介護や看護の方を受け入れる施設

■動物の看護介護福祉を考える動物看護師


老人ホーム 16歳ドンちゃん♀日記 


住宅型有料老人ホームエイジングヴィレッジ モダンガール



愛犬愛猫と最期まで「笑顔」で 暮らして欲しい。

愛犬愛猫の介護の事は⇒動物看護師ケアマネージメント

介護が必要な飼い主さんの生活⇒看護介護のプロ&施設

この3者が 「飼い主さんの状況や要望」と「犬猫の状況」

しっかりと話し合い 大切な日々を過ごして欲しいと思います。


今日は 14歳11ヵ月肝臓疾患 KOUと同伴の会議でした。



会議終了後芝生でお散歩


高齢(要介護)動物達

高齢(要介護)人々 大好きな人と最期まで

安心して生活できるといいな〜と思います。

Posted at 2017年05月27日 19時43分28秒  /  コメント( 0 )

愛犬 愛猫  天国へ...

家族の一員としての存在

メンターとしての存在

各飼い主さんの想う存在は違うと思います。

それでも

そのわんにゃんとの別れが来てしまう。。

温かな体やフワフワの被毛

撫で撫で出来無くなる時の喪失感は大きい。

病名宣告

余命宣告

治療方針

介護方針

その度に 悩みながら寄り添ってきた頑張った分

「これで良かったのか?」と後悔してしまうケースがありますが

その時 最善を選択したことを想いだしてもらいます。

そうして 悲しい時は 沢山泣いてもらいます。
静かに進行した病気でも 劇症状の病気でも

寂しい 悲しい 会いたい 時は泣いてもらいます。

「いつまでも引きずったら成仏できない!」といわれ
涙をこらえて過ごす方がいますが・・・

私は天国で暮らしている犬猫へ

「ママは寂しいよ!悲しいよ!会いたいよ!」と伝えてもらいます。

そうして 亡き愛犬愛猫さんの好きな場所 好きな食べ物 好きなベッドは

大事にしてもらいます。

介護看護の時我慢した涙をしっかりと流して

必ず会える

天国では笑顔で再会して欲しいです。

 



15歳アンリ君 天使とバディ君

Posted at 2017年05月26日 16時23分12秒  /  コメント( 0 )

九州動物学院の学生の...

前回はこちら→ 九州動物学院の学生の皆さんへ伝えたい事 

Э契源劼侶鮃チエック

■チエック項目

・頭部と口腔 ・耳 ・目と眼瞼 ・鼻 ・胸部
・皮膚 ・臍 ・四肢 ・尻尾 ・肛門生殖器 ・神経系

■疾患の兆候 

■先天性の疾患

・口蓋裂 ・口唇裂 ・多指欠指 ・咬合 ・難聴 ・視覚障害
・股関節形成不全 ・膝蓋骨形成不全 ・てんかん ・白内障

●進行性網膜委縮症(PRA)●コリーアイ ●CL病 ●変形性脊髄症(DM)
●パグ脳炎 ●心内膜症 ●眼瞼内反症 ●椎間板ヘルニア


 
┰転匹了童せ卩看護について

■環境  ■輸液療法 ■グルコース補充療法 ■抗生剤療法 ■酸素と栄養 ■モニター

仔犬子猫行動発達について

■胎生期

■新生子期

■移行期

■社会化期

■若年期   ■成熟期  ■高齢期 


仔犬子猫

●摂食行動 ●捕食行動 ●排泄行動 ●休息行動 ●グルーミング行動


本日の内容は 犬猫と暮らす時に大切な知識と思います。

学生の皆さんには 今日の90分

重症の仔犬子猫の看護

仔犬子猫の行動発達

この2点を理解し 次に

この知識を必要とする飼い主さん方へ

わかり易くお伝えできる専門家へなって欲しいです。


学生の皆が目指す職業があり

動物看護 動物介護 トリマー 訓練 トレーナー 飼育員

その仕事場で 習得した知識を社会に貢献して欲しいです。



未来の日本

犬猫の笑顔へ導く「専門家」を増やす 仕事が出来ている事に感謝です。

次回からは

■老齢期の身体的変化

・老化とは?
・老化のサイン
・老化による対内変化
・老齢期適切な環境

■原因 予防 看護

・関節 (運動失調)
・デンタルケア
・心疾患
・眼・耳・鼻 疾患
・呼吸器
・腫瘍
・生殖器
・泌尿器
・消化器
・神経
・内分泌

■看護介護体験

■看護介護NOTES制作



2年生は 2018年卒業

動物看護師統一認定試験にも合格

研修や就職しても輝く人材に成長

私の役目は大きいので頑張ります。 


  

Posted at 2017年05月25日 12時10分47秒  /  コメント( 0 )

飼い主さんどこですか...



facebookわんにゃ〜ず

わんにゃ〜ずwannyazoo



益城町テクノ仮設団地で迷子になってる猫さん



★1★飼い主さんが見つかる

★2★一時預かりさん見つかる

 
飼い主さんへ繋がりますように・・・

「祈りを強く」SNSで発信させて頂きます。

首輪がついていても 「名前がわからない」「住所がわからない」

「わんにゃ〜ず」さん達によって 

ポスターが出来て 広く発信されています。

1日でも早く 飼い主さんの事をを知る人とポスターが出会えますように・・・


仮設団地では 犬猫が苦手な方もおられると思います。
苦情が出る前にどうか・・飼い主さんがみつかりますように!!

飼い主さんの事情もあるかもしれません。。そんな時は

1人で悩まず 相談して欲しいと思います。


災害や緊急時に離れ離れになったり

引っ越しや環境の変化で家出したり

犬猫の行動には 色々な事が起きますが・・・

■探し方 ■ポスター作成 ■発信

飼い主さんは 「すぐ 行動」をお願いします。

熊本地震 犬猫と復幸へ サポート 

Posted at 2017年05月24日 16時43分45秒  /  コメント( 0 )

13歳 みかんちゃん ...

前回はこちら→みかんさん 嘔吐下痢 わんライフ日記

今日のみかんちゃんの健康相談

■便に付着する出血

■眼圧 ドライアイ



嘔吐や下痢はないし 出血もひどくはならない 体重も4キロへ戻る


みかんちゃんは 定期的に動物病院を受診

身体検査  便付着の出血検査は きちんとしてもらっています。

医療 と 栄養 と 環境


シニアになると 

細胞再生がゆっくりになったり

栄養の吸収低下 代謝が弱くなったりしがちです。

★本来の腸粘膜細胞が脆かったりすると出血しやすい。

★本来の酵素が足りず代謝が落ち体調が低下。



今食べている 食事と核酸と食物酵素にて

炎症や感染は起きていないので すごいと思います。

小さな変化を見つけてもらい 小さな調整を担当したいです。

この調子で 快適に暮らすための健康ケアプランを

提案していきたいと思います。





2013年のみかんちゃん


Posted at 2017年05月23日 19時39分02秒  /  コメント( 0 )

左目 完治!お腹は? ...



左目痛いの治りましたU^o^U 良かった

前回はこちら→左目 回復中!  肝臓腫瘍 KOU  の巻 36  5/12



今日は  車の中や日向は暑い

・暑さ対策(冷え冷え)

保冷使用
・栄養対策(パクパク)
喜ぶもので肝臓に優しく
・笑顔対策(テクテク)
大好きな公園大好きな人




愛犬KOUの余命宣告から 

2015年4月 異常発覚 KOU


もうすぐ2年 

6月17日は15歳の誕生日

命の期限を覚悟した日 まっすぐ生きるKOUに対して

飼い主である私が出来る事とは??

KOUにとっての最善とは??

医療 看護 環境などなど 

KOUの命の最期の日まで

「嬉しい・美味しい・気持ちいい」
の24時間にするために

最善を決める事

行動する事

それでも悲しくなる時

祈る事

「腫瘍が病気が KOUを痛く苦しくしませんように・・・」と


余命の日にちを数えず⇒今日の1分1秒まで愛し護る

出来なくなった事を数えず⇒心臓が動き呼吸し身体が暖かい事にも喜びを

不安を増やさず⇒安心を伝えられる最強な看護へ



日本中の  世界中の 

病気や怪我や高齢の動物が

飼い主さんの愛情と行動で笑顔の1日になりますように  

Posted at 2017年05月22日 12時41分38秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ