メインメニュー
2016-12

毎月第一土曜日  わ...

毎月第一土曜日に開催される企画には

動物看護師 増子元美の深い深い 理由があります。

「命」は一つしかない

「命」を看取る時 

「別れ」を経験する時

悩み悲しみが必ず背中合わせだから・・・

その「時」が来た時 

その「選択」を決める時

しっかり前に進んでもらいたいのです。

その為に・・・・

愛犬愛猫をお見送りし「悲しい涙から優しい涙に変わった時」 

そのご家族に参加してもらいたいのです。

抱きしめられないけれど・・・でも

優しい涙と共に「存在」は ずっと語られ続けるのです。

2017年1月は 下記の通りです。


第71回 わんにゃんぴっな時間 ~2017一文字へ~
     
●日時:2017年1月7日11時〜13時

●場所:art+craft 杜日月

https://www.facebook.com/artcraft-杜日月-464858760278016/


〒861-2233
上益城郡益城町惣領1367-7

●内容:毎年恒例 「書初め」と題してますが

「筆遊びの時間」
(書道教室ではありません。)

講師:矢津田 美和先生

http://morihizuki.com/index.html

★2017年をどんな一年にしたいのか??

★自分らしい一年を文字にしたら??

美和先生のアドバイスを頂きアートへ挑戦

想いや願いを表現してみる そんな時間です。

素敵なギャラリーにて開催です

●申し込み 増子元美  080-4383-1199


わんにゃんぴっな時間は・・・

わんにゃんが好きな方々
わんにゃんと暮らしたい方々
わんにゃんと暮らす方々
わんにゃんと暮らされた方々
わんにゃんを知りたい方々

わんにゃんの命を愛おしく想う方々の集いです。

わんにゃんの看護介護や看取りを体験された方々の
ご参加とご意見は・・わんにゃんと暮らす方々へ
これからのわんにゃん生活に「宝」になります。
愛犬愛猫を亡くし悲しい涙から優しい涙に変わったら
是非ご参加お待ちしています。

今までの様子はこちら

  ↓


第1回


第2回

第3回

第60回

Posted at 2016年12月31日 16時31分38秒  /  コメント( 0 )

17歳ハナちゃん チャ...

愛犬 17歳のハナちゃん




在宅介護
相談

室内用のサークルをお庭に移動する時間を省略してもらう為に介護グッズは重要です

   ↓    ↓


屋外用ドックラン



デーケア&ショートステイケア
相談


17歳ハナちゃん チャキチャキ介護日記


お仕事のご都合や体調が悪い時

病気の時は 動物病院での入院=看護

要介護の時は 介護ケアホーム=介護

「愛犬を愛猫の介護を誰に頼むか??」

「愛犬愛猫にとって家族以外の誰が好ましいか?」

家族の気持ちとわんにゃんの気持ちを考えるとなかなか決まらない事がおおいのです。

しかし

ご家族の負担が大きすぎる時は デーケアは必要と思います。

お散歩やお庭がが好きな子には そんな場所で

のんびりと過ごしてもらう。。

もちろん ご家族と一緒がいいけれど・・・

緊急時は ご家族もしっかり休んでもらいます。。

介護は 24時間 365日 続くのですから・・・・

私も父の在宅介護 10カ月を経験し 沢山介護ケアマネージャーさんと相談

父の事も家族の事も考えてプランを立ててもらいました。



犬猫の場合は どうしても 公的の支援はないし

情報も少なく 飼い主さんが介護に疲れ 心労や病気にて

突然「入院や手術 施設入所」などになる事例が多いのです。

そんな事にならないように

在宅介護のサポート(アイデアやケアプラン)にて

最高の時間を送って欲しいのです。

それでも 様々な理由 被災や飼い主さんの死亡で共に暮らせない時

安心して頼める場所 人 信頼できる相談者を手に入れて欲しいのです。


犬猫介護ケアホーム きずなの丘 

是非 ご相談ください。。(ケアマネ担当は動物看護師 増子元美)


レオ君〜介護ケア付きずなの丘〜


蜜君〜福祉ケア付きずなの丘〜


ペリー君〜福祉ケア付きずなの丘〜

Posted at 2016年12月30日 19時11分24秒  /  コメント( 0 )

動物愛誤から本当の動...

福岡 動物保護団体 クランプ
代表の松崎博美さんとお会いしました。

https://fukuoka-cramp.jimdo.com/

犬猫問題解決NOTE2016 冊子
支援募金 10冊分 ご協力してもらいました。


犬猫問題解決NOTE2016
⬇ 内容 ⬇
http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0472737.html

動物と人 命に優しい時間

笑顔 共に生きる

当たり前の社会 日本にしたい。

その為には

動物と暮らす人が悩みを相談したり
地域の犬猫問題を解決したり出来る
知恵を手に入れて欲しい。

敷居の低い 相談しやすい

わんにゃんぴっ相談室で

犬猫の事学んだり 専門家に聞いたり

人間の罪 「愛誤」ではなく
動物へ愛 「愛護」に変えたい


わんにゃんぴっ相談室を全国に設置するのが私の夢

犬猫問題解決NOTEで日本を変革するのが私の使命

犬猫問題解決NOTEの必要な方は
犬猫問題解決したい方は
ドシドシご連絡お待ちしてます。

090-8627-0601

cap.masuko@gmail.com

Posted at 2016年12月29日 15時33分13秒  /  コメント( 0 )

ライフライン途絶えた...

2016年4月14日前震

2016年4月16日本震

熊本地震の被災状況

電気

ガス

水道

熊本市内でも

避難所へ行っても食べる物が足りなかったと聞きました。

道路が閉鎖された時 食べ物が無い時 お店が開かない時

72時間どうするのか??

その後は??

救援物資が届かない時は 何を飲み 何を食べるか??

まず「水」の確保  ⇒ 「煮沸」

何処で火を起こすか??安全な場所と道具が必要

「かまどベンチ」「七輪」「カセットコンロ」


実は 今日は 餅つきの為のもち米蒸

「火の番」を担当しました。

水で洗い 仕込む

ドラム缶で出来たかまどを使い

沢山のもち米を蒸すお手伝いをしました。


水 廃材 もち米 で サクサクと餅が出来ていく。


白米からおにぎりが出来るように・・・・

もち米からお餅ができるように・・・・

材料さえあれば

電気やガスがなくとも 味噌汁も出来る。。。


しかし 私の様に 

ライフライン無しでのキャンプもしたことが無いし

火も起こせないし 手際も悪すぎるからこそ

湧水のありがたさ

火力のありがたさ

マンパワーのありがたさ

体験し自分が出来る事に参加できる力をつける事が必要なんです。

目の前にある物を見つけて 生きるために繋ぐ

その食べ物こそが 愛犬愛猫への命に繋ぐことが出来るのです。

災害は起こらない方がいいけれど

起こった時の行動が大事と思います。

今日は 「火の番」から 火力が安定するための木の組み方

煙が出過ぎないようにの工夫 沢山教わる事ができました。

震災時 私の家は電気が復旧したことで 調理はできるようになりました。

日頃から蓄えている米 味噌などの調味料 乾物などで乗り越えられましたが

電気もガスも5日以上復旧せず自宅では難しいので

ご近所同士で助け合えたらいいな〜と思います。

災害が来て・・・・慌てるより

災害時72時間 どう生きるか??だれと組むか?何を食べるか?何処へ避難するか?

日頃考えておくといいな〜と思いました。


毎年 薪を使い お庭にてもち米を蒸す この行事は

震災時の炊き出しの練習にもなるので 積極的に参加したいと思いました。

アウトドアの得意な方々とのキャンプも1年に1回は参加したいと思いました。

Posted at 2016年12月28日 16時27分32秒  /  コメント( 0 )

17歳ハナちゃん チャ...

ペットシッターらぶりぃーさんかのご紹介


2016.12.26 17歳 ハナちゃん♀ 初カウンセリング

「夜泣き」が悩みということでしたが

素晴らしい介護をされていました。

今後は夜泣き対策を共に考えれるといいな〜と思います。




http://youtu.be/dUjTMwMB6lY


自立起立はできませんが介助して起立したらばテクテク歩けます。(左回り)

時々 倒れて起き上がれないので鳴いて教えてくれます。

介助服 と 介助用ルームが出来ていて 歩行補助




http://youtu.be/fkfxLlAx9Bk



食事も時間がかかりますが パクパク食べれます。

飲み水も介護用コップにて ゴクゴク飲めます。

排泄も自分で出来ますが・・介護者の負担を考え「おむつ装着」



納得いく運動が終わるとお気に入りのベッド スヤスヤ眠れます





雨の中なので車の中で 歩行器フィッティング中




ハナちゃんにとっての毎日と介護者の為=在宅介護ケアプラン作成

ハナちゃんの生活の質が取れるように

介護者ご家族の負担が軽くなるように

■運動(ストレッチ マッサージ お散歩などなど) 

■栄養(老化を進めない 神経伝達上げる 便秘予防)

■生活環境(温度 湿度 介護グッズ デーケアー利用 )

ちょっぴり 神経質なので 出来る限り環境を変えずに

脳細胞を元気に 血流を上げて 引き続き

パクパク&ゴクゴク&テクテク&スヤスヤをサポートします。 続く

Posted at 2016年12月27日 13時53分21秒  /  コメント( 0 )

どらちゃん 天国へ 4...

前回はこちら→
膀胱癌宣告 どらちゃん 通院点滴 優しい在宅介護日記 



どらちゃん 49日

じゅんちゃん


どらちゃんの49日 お参りに行きました。

どらちゃんの病発覚 医療計画 家族の看護 看取りの瞬間

たくさん悩まれたり困られたり  

どらちゃんにとって この選択肢は良かったのか?と

49日目でも まだまだ 涙がこみ上げておられました。

前日は 夢に現れ 「抱っこ」できたそうです。

別れは 悲しく 切なく 辛くのしかかりますが

次会える日は必ず訪れる。。それまでは 

夢で逢えたり いつでもどらちゃんを感じて貰ったりしてもらいます。

抱っこしたり ナデナデは出来ないけれども

昨夜は沢山 どらちゃんを感じる事ができました。

ご家族の悲しみペットロスは時間がかかりますが しっかりと

サポート出来たらいいな〜と思います。 

Posted at 2016年12月26日 15時20分49秒  /  コメント( 0 )

iPhone7. Plusがやっ...




アナログな動物看護師 増子元美

コトバなき動物の声

ちゃんと届くように 伝えたい。

その為の技が必要。

写真や動画は伝え易いし

理解してもらい易いし

便利な道具ではなく

私のパートナー

これからの動物看護 福祉に関わる

仕事に活かせるように

iPhone7Plusに変更します。

本日の日記は、7Pちゃんから初投稿です。

Posted at 2016年12月24日 16時05分45秒  /  コメント( 0 )

犬猫ケアホーム きず...

facebook ページ  きずなの丘


入所している3わんず ニコニコで過ごせるように 


施設での仕事 ■毎日の健康チエック ■ケアプランを元に管理


ケアマネの仕事■毎日のわんずの異変チエック ■ケアプラン変更

増子元美は ケアマネージャーとして 

毎日 きずなの丘スタッフからの細かな報告を受け取ります。

ペリーさん♂

脂漏性の体質なので 食事の内容とカロリー管理(外耳炎 カロリー計算)

蜜さん♂

飼い主さんが熊本地震被災離れ離れの生活 メンタルケア管理(ストレス緩和)

レオさん♂

飼い主さんが熊本地震で被災 離れ離れメンタルケアと骨折ケア管理

高齢犬なので削痩にならない管理(運動 栄養 生活スタイル)

犬猫の心と体のケアを整えれる 家族の手に代わる

安心できる=「もうひとつのお家」=「きずなの丘」となるように

代表 スタッフと共に 働けることが 誇りです。

Posted at 2016年12月23日 15時53分23秒  /  コメント( 0 )

中部労災看護専門学校...

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本のFacebook pegeがきっかけとなり


中部労災看護専門学校からの依頼を頂きました。

テーマ:「熊本地震災害から学ぶ〜避難所の健康問題と課題〜」

講師:

■名古屋市健康福祉局健康部健康増進課
          
 地域看護係長 荒川 緑氏

■CompanionAnimalPARTY

 フリーランス動物看護師 増子元美

日時:2016年12月22日10時〜12時

場所:中部労災看護専門学校 体育館

対象者:1〜3年生 教職員 129名


中部労災病院

中部労災看護専門学校

校長先生のご挨拶

増子元美の講演 40分

■「災害と復幸」〜熊本地震 2016.4.14〜

荒川 緑さんの講演 40分

■保健師派遣の概要
■南海トラフ巨大地震の被害想定について
■名古屋市地域防災計画




■質疑応答4名の方にお答えし 

名前札 臭いのしないビニール袋 迷子探しポスターの書き方冊子

お渡しする事が出来ました。


今日の講演が転ばぬ先の知恵とし 

万が一の被災した時の知恵として活躍して欲しいと思います。



帰りの飛行機まで時間があるので名古屋港へ



名古屋港  南極観測船 ふじ  タロ ジロ

Posted at 2016年12月22日 22時44分55秒  /  コメント( 0 )

熊本地震発生以降地震...

熊本地震から8か月  

19日は地震0回

熊本県集約  熊日まとめ  2016.12.21

4月14日 午後 9:26 震度7(M6.5)

4月15日 224回

4月16日 午前 1:25 震度7(M7.3)

     1223回

4月17日 365回

4月18日 224回

震度1〜7まで 総回数  4195回



死亡  50人

震災関連死 105人

大雨二次災害 5人

負傷者 2561人

建物  179807棟

仮設住宅 4303戸

みなし仮設 12396戸

水道断水 450世帯

被災の状況から復興へ近づいているとはいえど

道路も家も水道もまだまだの場所もあります。

家屋解体からの住居立て直しまでの様々な問題があり

見通しがついていない!と益城町の方々からの声を聞きました。

共に暮らす 動物達の問題もリンクしているので

引き続き

公的支援が届きにくい所へ 寄り添い

飼い主さんが 犬猫を手放さないでいいように

どうしたらいか??共に助け合えたらいいな〜と思います。

 

Posted at 2016年12月21日 12時15分01秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ