メインメニュー
2016-09

譲渡+譲渡+譲渡+譲...

前回は こちら→
譲渡+譲渡+譲渡+譲渡からの譲渡&改名ラッキーくん  


犬との接し方  お散歩の仕方  わんケアの依頼を受けています。

今月の成果


◇人や猫への反応余りない  

◇名前「ラッキー」を理解する

◇名前読んだら「アイコンタクト」できる

◇「お座り」指示で待つことが出来る

◇ぐいぐい引っ張らない

◇犬や猫や子供に対して吠えない(相性悪い犬の場合は気になる)

★動体視力が鋭い  (遠くのボートや動くものを見つける) 

★集中力ある ★賢い(私の歩く速度が 理解出来たら私に合わせて歩く)





動植物園の「キリン」を見つけたら 集中して観察




犬猫は 飼い主さんを選べないが(選ぶ場合もまれにある)

犬猫は 関わる人ときちんと愛情と行動を感じて変わるのだと思う。

ラッキーさんと保護された飼い主さんとの絆

毎日のコツコツ 築かれた時間で ラッキーさんはどんどん変わりました。

引き続き

ラッキーさんの笑顔の毎日になるように・・・・サポートしたいです。続く

Posted at 2016年09月30日 17時45分56秒  /  コメント( 0 )

余命1ヶ月宣告 肝臓腫...

前回はこちら→
激痛再発!!!余命宣告 肝臓腫瘍  愛犬KOU 発熱&痛み 9/12



9/28の写真

軟便 食欲低下 発熱 元気↓

朝一番で 診察 問診 聴診 触診 リンパ節の腫れ 腹水の有無 黄疸の有無

しっかり 調べてもらい  皮下点滴とステロイドと抗生剤(5日内服)を

始める事になりました。

お散歩も行けますが 足取りは少し遅いかな??

お食事も食べれるが、通常の半分以下かな??

治療後 熱は下がり 食欲が上がり 気分も良いので

一安心です。

小さなKOUの肝臓 10%を除いたら すべて異常細胞になっています。

だから 小さな変化も早く見つけて 処置が必要です。

パクパク美味しく

テクテク楽しく

スヤスヤ気持ちよく

そんな 毎日になるように

天のお父様へお祈りします。

「死」は避けたいけれど 飼い主として

最期まで希望を持ち看取りができるように

頑張ろうと思います。

Posted at 2016年09月29日 15時40分45秒  /  コメント( 0 )

どうぶつ愛ありあけ201...

昨年はこちら→どうぶつ愛ありあけ2015

どうぶつ愛ありあけ2016

〜人と動物にやさしい地域を目指して〜

とき:平成28年11月6日(日)11時〜15時半

ところ:横島総合支所(玉名市横島町横島3644)


今年は 有明保健所の犬猫の譲渡会は開催されませんが

譲渡前講習会と譲渡対象犬猫写真展示は行われます。



 新しい企画 



記念講演会

「楽しく学ぼう!動物園」

鹿児島市平川動物公園  福守 朗 氏




その他の内容 



◇動物慰霊祭    ◇図画作品の表彰

◇長寿犬猫 体の不自由な動物 飼い主さん表彰

◇ペット健康相談(獣医師会)

◇仔犬のしつけ方教室(西嶋 志保氏)   ◇高齢犬猫介護教室(増子元美)

動物園の動物の生態 と 命

地域の犬猫の健康やしつけや介護 と 命


有明地域の子供たちに  地域の皆々様に 伝わるといいな〜〜と思います。

そうして  手前味噌のアナウンスになりますが

動物看護師による介護教室


◇高齢犬猫介護教室(増子元美)

○犬猫介護&看取り心得  (問題解決NOTES2016 P9〜10 テキスト)

○介護用品の必要性    (展示)

○介護動物と災害時同伴避難(72時間=家族である犬猫を守れるのか?)

この3つのテーマでお伝えしたいと思います。 



「命ある動物」

老いる事も避けられない。

病む事も避けられない。

だからこそ 飼い主さんは 

★健康の事を獣医の先生から学び

★介護の事を動物看護師から学び

動物と人 命に優しい時間 笑顔 共に生きる 

コトバなき動物とご家族には そんな 生活を送ってもらいたいです。

そんな  大事な役割が出来る 志事 頑張りたいです。

Posted at 2016年09月28日 18時42分18秒  /  コメント( 0 )

熊本地震ペット救護本...


第11回熊本地震ペット救援本部打ち合わせ  場所:畜産会館4F




1現在の活動について

○熊本県

◇地震発災後に県が引き取りした状況 9/16

捕獲引き取り数

犬 667 → 返還193  譲渡336 収容132

猫 974 → 返還 5  譲渡496 収容210

1651頭 → 返還198頭 譲渡832頭 収容342頭 




◇熊本県動物管理センター譲渡会  開催(6/18.7/3.8/7.9/25)

◇応急仮設住宅 16市町村97団地 4224戸


◇体制整備

*九州山口9県災害時愛護動物救護応援協定

*全国知事会 行政獣医師応援要請

*「熊本地震ペット救護本部」設置5/27

*「熊本地震ペット救援センター」大分県玖珠郡九重町


○熊本市

1.愛護センター収容状況 犬 45頭 猫 73頭

2.避難所 9/15全 閉鎖

3.仮設住宅状況 9か所  犬99 猫36 その他5 合計140頭


○獣医師会

*救援センターへの受付

*飼育についての相談

*公費解体の際の犬猫の居場所相談

○救援センター

*現在 犬11頭  猫11頭 合計22頭

○熊本県動物愛護推進員

*活動内容を報告

2今後の活動

○支援必要な動物の状況把握について

○救援センターからの譲渡について

○救援センターへの搬送について


3その他

○次回日程

...................................................................................

熊本地震から5か月

早期に別々に避難 暮らした わんにゃん 

同行避難 避難所ではなく テント泊 車中泊

飼い主さんは避難所 お家で待つ わんにゃん

飼い主さんとはぐれ 迷子になったり野宿泊 わんにゃん

みなし仮設住宅がペット不可 別々の暮らし

仮設住宅で共に暮らす わんにゃん

災害が無かったら いつも一緒に笑顔でいられたと思います。

しかし このような事が起きた今

動物にも飼い主さんにも「笑顔」になってもらいたい。

離れ離れになった犬猫にも新しい生活で「笑顔」になって欲しい。


熊本地震は まだまだ 生活再建には 支え応援が必要な方々がおられるのです。

そんな 熊本の情報をお伝えできたらいいな〜と思います。 

Posted at 2016年09月27日 17時48分08秒  /  コメント( 0 )

病名宣告にゃん=どら...

平成18年9月13日生まれ ♂ 

お名前 どらちゃん(由来 どらえもん)


2016.3.24 異変始まる

2016.5.4 鼻づまりピューピュー 呼吸ゼイゼイ(苦しい)→動物病院(検査&治療)

2016.7.9 呼吸荒い 寝ていても苦しい 目がうつろ →動物病院(治療点滴)

2016.7.15 嘔吐あり 呼吸荒い ぐったり → 動物病院

2016.7.17 動物病院(治療 点滴)

2016.7.18 元気喪失 食欲不振 体重減少

2016.7.23〜8 苦しい 元気喪失 →動物病院(検査 異常なし)

2016.9.3  後ろ足の怪我→動物病院(傷口縫合&室内安静)

2016.9.13 血尿発見→動物病院(エコー検査) 膀胱がん発覚  

2016.9.19 初カウンセリング




ご家族の望み



どらちゃんの望む毎日を送らせたい。

どらちゃんの為にやらねばならないことを知りたい。


9/25お気に入りの場所

9/26日課



■どらちゃん在宅介護看護プラン■

○健康チエック → 観察 記録 早期発見早期対応

○環境チエック → どらちゃんにとって最強の環境をモニターし整える

○栄養ケア → 諸症状(鼻腔 気道気管 膀胱腫瘍 血尿などなど)対応メニュー管理

○癒し上げ上げケア → ワンダフルブラシ(竹ピン)&琵琶の葉こんにゃく(温)

○ご家族の悩みケア → 小さなものから命に関わる悩み⇒増子⇒問題に変えて⇒解決へ








経絡がわからなくても優しくマッサージ


琵琶の葉こんにゃくの様子はこちらから



元気な時も 病気になっても お年寄りになっても 

コトバなきわんにゃんは

大好きな場所で 大好きな家族の声と手当が欲しいと思うのです。

そんな 毎日が送れるように 動物看護師の存在は必要と思います。

どらちゃんの「今」

どらちゃんご家族の「今」

「笑顔」に繋がるように・・・・「笑顔」を刻めるように・・・・  続く

Posted at 2016年09月26日 18時06分29秒  /  コメント( 0 )

ママの不安に寄り添う...



今日のマックスさん♂スヤスヤ  




前回はこちら ⇒ 
ママの不安に寄り添う〜足麻痺マックス君 16歳     在宅介護日記


ママ手作り歩行器

マッサージ&ストレッチ

■排泄 排便(介助) 排尿(介助 要少し圧迫)

■食事 一部介助 (歩行器に乗って自分で食べる)手作りごはん+ドライフード+核酸

■運動 介助付で歩く (ナックリングあるけれどいつものお散歩広場)

    マッサージ  ストレッチ 毎日

■睡眠 深夜 2時〜3時(丑三つ時に目が覚めるのが悩みの種)

    お腹満足 排泄満足 マッサージ満足後はスヤスヤ

■唇のできものからの出血 消毒処置にて治癒中


★ご家族の今心配な点


「呼吸が止まったらどうしよう?? 何かあったらどうしよう??」

と考えたら 眠れないのが悩みとの事でした。

17歳 確かに何が起きるかどうか?わからないけれど・・・

毎日の介護の様子から マックス君が急に苦しみや痛みになる事は考えにくい。

看取りは避けられないけれど 最強のママの介護の元で

毎日の1時間1分1秒を大切に 過ごしてもらえるように・・・・

痛みや苦しみは 動物病院へ繫げ

飼い主さんの悩みは 増子元美へ サポートしたいです。

続く

Posted at 2016年09月25日 16時26分38秒  /  コメント( 0 )

わーーー動物看護師=...

19日 

17時 ラッキー君のわんケア(犬やバイク反応慣れ)
18時 どらちゃんのにゃんケア(初カウンセリング)

仕事が終わり帰宅途中

19時頃から 腹部全体の痛みがどんどん強くなった。 

そのまま 地域医療センター病院の夜間外来へ

痛みはどんどん強くなり 待合室で待っている間 

悪寒 嘔吐 冷や汗 じっと待てない 立ったり 座ったり 横になったり

どの姿勢になっても痛みは強くなるばかり  どれくらいまったのか・・

やっと診察室に呼ばれ 

内科の先生  → 触診 問診診察後 静脈に注射

*何が私の身体で起きているのかは・・・・この時はわからないまま・・・

「会計へどうぞ」といわれたが 

痛みは強く 身体はきつく 動く事が出来ない!!

「先生 痛かです!!この痛みは このまま どがんなるとですか??」

看護師さんにお願いして 空いたベッドに横にならせてもらいました。

それでも それでも 痛みは どんどん強く 治まることなく

外科の先生に 交代 診察 痛み止め 筋肉注射 

それでも痛みはひかないので ナースコール 

再度強いを鎮痛剤 注射

レントゲン(胃ではない事が判明)(白血球13000 CRP↑)

23時
 激痛3+から痛み2+ に湯たんぽでお腹を温めて 少し眠る事が出来ました。 

20日 

6時 激痛ではないが 痛みは残る

「座薬」NSAIDs 鎮痛剤  痛み取れる!! 


改めて痛みの原因を突き止めるために

CT検査 エコー検査

原因は 虫垂炎と診断 

そのまま 

15時 オペになりました。

予定の仕事を 急遽変更してもらい えづワン隊のリーダーを交代してもらい

KOUの事を 母に頼みましたが 19日も20日にの朝も ご飯食べないKOU 

オペ始まる前に 病院の玄関前でKOUと面会 「ちゃんとお留守番していてね」と伝言



初めての

CT検査 全身麻酔手術 手術室の中 体験

オペ後の身体の痛みは残っても 白血球は 6000に下がりました。


  

今回は 急性虫垂炎 薬でごまかさず 原因を除去できましたが

53年間 私の盲腸ちゃんを失う事になって 反省です。

父が亡くなって(7/11)から 疲れが取れにくいな〜と思いながらも

身体をいたわる事をしなかった事

仕事や家族やKOUに迷惑をかける事のないように

身体を大切にしなきゃと思いました。



21日昼からご飯スタート
  




22日

10時退院



原因不明のままの「激痛」と向き合う不安

この体験は 

動物看護師として 必要な事だったと強く感じました。

何故ならば

病いも老いも 当事者 (人犬猫)の向かい合わねばならない事実

しかし その不安な時に 傍にいてくれる 撫でてくれる 声をかけてくれる

家族の存在は 「痛み」「苦しみ」の時 とても心強く頑張れる。

コトバなき動物の病気や老いは避けられなくとも

彼らの「不安を包んであげる」のが 「大事な役目」だと確信しました。

わんにゃんを看護 介護する飼い主さんが 

「無力さ」「後悔」などで 悲しみ辛く絶望で押し潰される前に

飼い主さんの愛とぬくもり


を与えられるように・・支えられる動物看護師でありたいです。

そんな 学びでした。


まだ 咳払いと笑う時 お臍の傷が痛みます。

来週月曜日からは しっかり 復帰しまーーーす。

Posted at 2016年09月24日 13時12分28秒  /  コメント( 0 )

動物と人 問題解決し...



どうしよう?困ったな?




相談してみようかな?





動物看護師のわんにゃんぴっ相談室



問題解決




犬猫問題解決NOTES  2016







■表紙            家族の一員 社会の一員 笑顔で最期まで

■1P ライフステージサポート   犬猫の寿命 年齢時期の変化 基礎知識 

■2P 犬猫と家族のHAPPY 家族の一員になる前にマッチング必要な知識

■3P 元気な体を作る       身体の異変(病気)から体を守る栄養の知識 
   
■4P 症状と足りない栄養     毎日食べている物で体を整える知識

■5P 迷子になった時対策     愛犬愛猫を早く見つける必須知識

■6P 迷子を保護した時の対策   怪我や脱走や病気に気を付ける基礎知識

■7P 子猫を見つけたら      ノラ猫の場合は?捨て猫の場合は?

■8P ノラ猫問題         ノラ猫の苦情はどうやって減らすのか?   

■9P 愛犬愛猫の介護       床ずれ対策 夜泣き対策 

■10P 愛犬愛猫の看取り      難病宣告 余命宣告の時必要な情報

■11P 愛犬愛猫を飼えなくなった  飼い主さんの万が一に備える知識

■12P 愛犬愛猫と災害に備える   災害発生12時間 自助にて愛犬愛猫を守る知識

■13P 健康チエック表       日頃の身体状況を把握し受診時は獣医さんへ伝える

■14P わんにゃんぴっ相談室構想図&Special Thanks!

■15P 家族を探しています(チラシ作成用)





犬猫問題解決 NOTES2016

SPECIAL THANKS


★つねさん 様 ★ひかるこ 様 ★天草レストハウス結乃里様 ★岩崎光美様

★ 株式会社 ジェネシス21様 ★村上和美・わんわんランドアグリ様

★小林元郎・成城こばやし動物病院 ★下堂薗賢二(伝えるデザインスタジオ)様

Posted at 2016年09月19日 14時52分22秒  /  コメント( 0 )

16歳7か月どんちゃんパ...



体調不良 動物病院で治療中のどんちゃん

遠隔にて電話&メール相談

■水は  白湯から アイソトニック飲料(白湯にて二分の一希釈量)

メロンパンに反応あり との事 食欲が無いわけではなく 

処方食の缶詰が食べたくない様子だったので手作りをお勧め

まずは 喜ぶメニューを選択  より体に必要な食材を選んでもらいます。

■「核酸」豊富な馬肉 食べない時はサプリにて

■「アミノ酸」豆乳と卵と全粒粉パンケーキ (100%メープルシロップ)

■「ビタミン」かぼちゃ にんじんをすりおろしパンケーキへ

  各種類の野菜が取れない時はサプリ



手づくり 愛情ご飯はやはり どんちゃんの欲しい物でした。

パクパク食べて なんと体重が500gアップになったと連絡きました。

ドックフード 犬猫用缶フード 処方食

/べる  健康状態良好 の時はそのまま続けますが


/べない 健康不良
(嘔吐 下痢 湿疹 目ヤニ 腫瘍 皮膚べたべた 体臭 口臭)

 







5大栄養素(食物繊維含む)と核酸と食物酵素


新鮮で安全な食材!作り置きや保存料がはいらない!

病から抜け出る時は ひと手間が必要になります。

食欲不振や余命宣告されると焦りから

市販の菓子パン  チーズ ソーセージ ハム などを与える方が多いですが・・

ごんちゃんママさんの様に 食材や安全性にはこだわって欲しいです。

わんにゃんも人間も一度の命

出来る限り 元気で楽しく「命」を全うして欲しい。

そこで 飼い主さんへは 「栄養」について 学んで
もらえたら嬉しいな〜と思います。

Posted at 2016年09月18日 15時04分34秒  /  コメント( 0 )

10月7日で16歳 リュウ...



リュウ君 11kg  要介護に必要な情報が欲しいとのカウンセリング 

■歩くのが辛そう お散歩が短くなった

■立ち上がりは歩き方が弱くなった

■耳が遠くなった

■体を触るのが嫌がる
 
来月16歳という事でしたが

出来る限り 元気で歳を重ねさせたい。

「老化」を諦めるのではなく 「後悔」なくシニア生活を送らせたい。

まずは 寝床や食事する場所や部屋で歩く所  すべて

フローリングや滑りやすい所は ヨガマットを引きつめる。

「自分で立つ」「自分で歩く」「自分で座る」「自分で食べる」

当たり前のことを出来るように 少しだけ介助が大事


滑らない工夫

疲れやすい筋肉のケア (つぼころりん ワンダフルブラシ)

麻痺が始まった部位の刺激

老化防止食事(食物酵素追加)

後ろ足と前足介助用品準備


なんと 1週間のマッサージの効果が出てきました。

お散歩の足取りが元気になる

耳が聞こえるようになる

身体の動き(吠える 動く)良くなる


ご家族の愛情と行動でリュウ君はとてもいい顔になっていました。

老いる事は避けられないけれど

快適な16歳シニアわんライフを送れるように 

動物看護師の33年の知恵袋をもって サポート頑張ります。 続く

 

Posted at 2016年09月17日 19時32分23秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ