メインメニュー
2016-01

14歳 ファット君♂ご家...

前回は⇒ → 14歳 ファット君♂シニアライフとご家族の愛


ファットちゃんが・・天国へ旅立ち

お庭を見ても涙 ファツトちゃん居ない部屋で涙


しかし・・

最近は少しずつ 想い出を家族で語れるようになりました

介護中は いろいろな事あったけど

家族全員で協力して 家族全員揃った時に看取れた事

今は・・よかったな〜と思います。

ファットちゃんママとファットちゃん姉さん

悲しい涙から 優しい想い出に変わられていました。



ファットちゃんの誕生の時からのご縁

これからも

私にとっても ファットちゃんとの想い出は永遠の宝



日本中の犬猫が 遺棄や保健所持ち込みなどにならず

ファットちゃんちの様な暖かな家庭で

大好きな家族と最期まで過ごせますように・・・・ 

祈り願う 一日でした。。


犬猫問題解決NOTES

プロジェクト
  ↓ ↓
https://readyfor.jp/projects/wanp1122p


支援者 109人

残り日数 40 日

目標達成 91%

支援ポチッと3000円 

メッセージ付 拡散 お願します。

Posted at 2016年01月11日 18時44分42秒  /  コメント( 0 )

余命宣告から半年  ...

前回はこちら→ 余命宣告から半年  愛犬KOU吠える時間  



今日は 熊本市愛護センターの休日譲渡会の日

初めての方々は・・見落としがちになられるので

マックスバリューさんの入り口の所で道案内

ボランティア  1時間 してきました。

今日は 寒いので KOUは車で お留守番してもらいました。

 



その後 わんにゃんぴっ塾生である

わんわんランド アグリ オーナートリマー

村上 和美さんのお店に  

2月のわんにゃんぴっ塾日程決め

4月の勉強会(アグリお客様向け)打ち合わせ

バイオアロマの配達

KOUのおやつ購入(写真に写っている2種類)





わんわんランド アグリ

着物の試着をしてみました。。

「女の子の様に見える 13歳♂KOU」

美味しく パクパク

楽しく  テクテク

倖せな  スヤスヤ

13歳半  クールな1日でした。



犬猫問題解決NOTES

プロジェクト
  ↓ ↓
https://readyfor.jp/projects/wanp1122p


支援者 104人

残り日数 41 日

目標達成 86%

支援ポチッと3000円 お待ちしています。

Posted at 2016年01月10日 17時56分06秒  /  コメント( 0 )

転ばぬ先の知恵とは?? 

KYG協会  http://www.kyg.jp/

KYG通信 ジェネッサが届きました。

約20年前に
遺伝子栄養学の基礎を学ぶ KYG遺伝子栄養学講座
を受講しKYG栄養カウンセラーになりました。


身体の仕組みの事

栄養とカラダの事

知れば知るほど・・・「なるほど〜〜体は良く出来ているな〜」と思います。

ジェネッサWinter号  冊子の内容は


■対談;身近な動物との共生  (宇住先生と赤坂先生)

■運動のススメ (筋力 上肢腕) 

■アンチエージングフード (小松菜)

■正しい栄養学  (高血圧)

■NEWS & TOPICS (乳がん先制医療 予防 核酸医薬)


動物看護師としての日々の学び

動物と人健康寿命を延伸を学び

毎日が「新しい情報」を手に入れ 

動物にも人にも 笑顔で暮らしてもらいたい。

そんな 社会に貢献できるようにコツコツ前進






動物看護師 増子元美の挑戦
  
      ↓   クリック   ↓

犬猫問題解決NOTES プロジェクト


支援総額 854,000円
目標金額 1,000,000円
支援者数 102人
残り日数 42 日
達成   85%

3000冊の冊子で 犬猫問題を解決へ導きたいです。

皆々様の支援ポチッとメッセージ付拡散シエアを

どうかよろしくお願いします。

Posted at 2016年01月09日 16時57分40秒  /  コメント( 0 )

14歳!震えが!食欲不...

前回はこちら ⇒14歳!鼻水が!メイちゃんシニアライフ11

12月の暮れ

食欲不振 元気低下 体調不良で 動物病院へ 受診 検査

肝臓 胆嚢(薬 処方食 ベジタブルサポート)スタート

数日後 今度は 嘔吐1回 震えあり 食欲不振 ということで

緊急病院へ 検査では腎臓の値が高い → 静脈点滴3日間

その後無事お正月を迎え 本日8日

又 震え 食欲不振 元気低下との電話相談

とにかく メイちゃんママさんの心配が大きくなる前に

動物病院で診察し皮下点滴をしてもらい

今度は 在宅でのケアをご説明に生きました。




肝臓も心配

胆嚢も心配

腎臓も心配

「処方食」 食べてても再発した症状

不安に負けず

肝臓にも胆嚢にも腎臓にもなんとか

バランスを摂れた物に変えながら  再発の原因が決まらない間は

腎臓や肝臓に負担がかかる「おやつ」は 

ストップしてもらいました。

我が家のKOUの肝臓ケアごはんを 見本に持って行き

メイちゃんは 鼻クンクン食べてくれました。

14歳

シニアわんLIFE

焦らず 諦めず 明るく  

大切なカラダとココロに栄養と元気を

大切な時間を過ごしてもらえるように

増子元美の介護看護 サポートは続きます。

Posted at 2016年01月08日 20時15分59秒  /  コメント( 0 )

15歳アルちゃんママさ...

初回の相談は こちら→ 
15歳アルちゃん  愛情あふれた介護ケアの巻





アルちゃんママさん

新聞の記事をご覧になり メールをくださいました。


明けましておめでとうございます。

アルは、おかげで年を越しました。

ありがとうございました。

私も増子さんから、色々考えてる介護することを習い、

心が軽くなり、いまアルが居ることがたのしいです。


家の中に入れ 寒さ対策は

電気あんかと、小さなヒーターも買ってしまいました。

近所のひとにびっくりされてますが。


暑い夏も乗り越え

寒い冬もご家族の介護で

優しい時間が流れています。

本当に嬉しいお便りです。


介護は365日24時間

休まる事が出来ない時があり

食べない 歩けない 眠らない などで

介護者から笑顔を奪っていきます。

しかし・・・アルちゃんママさんのように

アルちゃんと居る事が楽しい

きっと アルちゃんが一番嬉しいと思います。



病気は動物病院

介護や健康管理は 家族の手と優しい声が必要です。

介護者の心の凹みが大きくならないように

動物看護師はしっかり支えれるように努めたいです。


動物看護師53歳の挑戦はこちら

支援者数 94人 残り日数44 日 77%

支援ポチッと支援メッセージ付拡散シエア 引き続きよろしくお願いします。


Posted at 2016年01月07日 16時06分18秒  /  コメント( 0 )

有明保健所保護 仔犬...

熊本の動物愛護を考える会

2006年10月 有明保健所の仔犬 里親探しのお手伝いをしました。

少し怖がりの♂ 
   
その時の様子は
    ↓
2006年10月有明保健所の仔犬

そうして 本日送られてきた写真がこちらです。



10月が3か月令位だから 2006年7月生まれくらい

現在 9歳半に成長=シニアライフ

脂肪腫が出来たり メンタルケアの受診を受けたり

大切に育てて頂けています。感謝です。


沢山の犬や猫が 沢山の方々の愛護によりレスキューされ

倖せになっている姿は 嬉しいです。

しかし・・・

■飼い主さんの元で産まれたその子犬子猫を簡単に遺棄するのは何故?

■妊娠しないように 気を付けて貰えないのは何故?

■病気になったり 妊娠したからと遺棄するのは何故?

現在は法律が変わり

上記な理由では 保健所や愛護センターは 引き取り は拒否します。

しかし 愛護センターや保健所には 犬猫が保護され

施設で 譲渡を待つことになります。。

家族の一員 最期まで  終生飼養

社会の一員 最期まで  適正飼養

飼い主さんが守らなければならない事を

もっともっと社会の人々に知って貰いたいです。。

共に暮らせなくなったら・・・責任もって

次の飼い主さんを見つける事を当たり前にしたい。。

人間の愛誤で犬猫の命や生活が虐げられたらいけないと思う。

大切な税金で犬猫を殺処分に繫げたらいけないと思う。

犬猫と暮らすと決めた日

犬猫に名前を付けた日

犬猫と共に笑った日

犬猫の病気で心配した日

どうか・・・最期まで共に暮らして欲しいです。



困った時に相談できる動物看護師がいる事で

困った時に導く「犬猫問題解決NOTES」がある事で

動物と人 命に優しい時間 笑顔 共に生きる

あるべき姿 社会にしたいです。

Posted at 2016年01月06日 19時14分18秒  /  コメント( 0 )

手づくり介護車 マッ...

前回はこちら→ 床づれなし 日向ぼっこ マックス君 16歳     在宅介護


2016.1.5マックス君動画


マックスママさん 製作

介護車 出来ていました。

身体を支える部分は テーブルクロスの生地

ぴちっと縫われていて 食い込むことなく安定

四肢の足先の麻痺(ナックリング)

左へ曲がってしまう反射

テクテク歩けませんが

首を上げ 前に進もうとする時

飼い主さんの負担は減り

マックス君も立つ(大地を踏む)時間

大きく変わりました。

立つ練習

仰向けの練習

伏せの練習

マッサージの成果がきちんと出ています。

今日も大好きな場所まで 介助服を着て

往復歩けたそうです。

食欲もあり 

排便排尿  

*便秘 に関しては核酸と乳酸菌と指圧としっぽ牽引

床づれなし

表情良好

マックスママさんの「愛情」たっぷりの介護

「介護」に疲れないアイテムが揃って

私も安心です。


立てなくなっても ⇒ 立つ

歩けなくなっても → 歩く

伏せが出来なくなっても → 伏せる

仰向けが出来なくなっても → 仰向ける

血行を良くし 本来使う筋肉を緊張させる事

足の麻痺が起きても

これだけ歩行できる事がすごいです。

沢山の飼い主さんに・・・犬猫の機能回復を

焦らず 諦めず 明るく トライして貰えたら

いいな〜と思います。

Posted at 2016年01月05日 15時42分20秒  /  コメント( 0 )

土食べる〜11歳リュウ...

前回はこちら  
 ↓   ↓
下痢になってる〜11歳リュウ君〜 シニアわんこケアつきお散歩16

2016年1月初リュウ君 わんケアの日

暮れからお正月 リュウ君も美味しいものをもらう事あり

そんな時は すぐ 下痢や軟便になります。。

しかし 今日は いつもの お気に入りの場所へ お散歩

楽しそうに 耳はパタパタして 尻尾ふっています。

わんケアしている 私が 幸せな気持ちになります。





リュウ君のお気に入りの場所

ここでは・・・土をほりほりして・・丁寧に選び 土を食べます。

土の成分がわからないけれど・・・森の木々草花の

栄養を含んでるんだろうな〜と思います。

週2回のシニアわんケア

出来る限り 土や芝生などや坂道を選んでお散歩

私も元気な足腰が必要です。。

Posted at 2016年01月04日 19時53分21秒  /  コメント( 0 )

第60回わんにゃんぴっ...

第60回 わんにゃんぴっな時間 恒例書初め

日時:2016年1月2日11時から1時まで

場所:カフェ れもんの木

860-0083 熊本市北区大窪2-1-1
096-288-3507

内容:

書き初め「 」です。




一年の自分の目標を一文字、単語
文字にするワークです。

8名の「  」決定!!発表タイム

全員の写真撮り忘れました。。

ちなみに私は 「COOL」



《俗語》

すてきな,すばらしい,「いかす」

熟達した,名人的な; (社交上)精通した



コールドプレスジュース体験
とココロ温まるホットサンド





初バッチフラワー

集合写真2016年1月2日


トリマーのお仕事の皆さんは 土曜日は忙しい!!

しかし・・1月2日なら・・参加可能ということで

第一土曜日を変更することなく 無事終える事が出来ました。

れもんの木さんでは・・

美味しいだけでなく

開運グッズなど・・色々あって楽しかったです。

シニアのKOUとあんみつチャンと

ヤングなニコちゃんも参加しました。


第61回 わんにゃんぴっな時間 IN NAME LESS

日時:2016年2月6日  11時〜13時
内容:木工体験
講師:阿部 徳秀 / Norihide Abe 先生
場所:肥後民家村 NAME LESS(木工館)
http://name-less.jp/about-us
費用:キーフォルダー800円
   スプーン1500円 (要予約)
申し込み:2016.1.27まで
問い合わせ:080-4383-1199 増子元美

Posted at 2016年01月03日 14時03分42秒  /  コメント( 0 )

脾臓&腎臓腫瘍摘出シ...

前回はこちら→脾臓&腎臓腫瘍摘出シニアわん栄養相談


咳の後に出血

動物病院で受診 検査 肺への転移が発覚

血液検査でも 炎症反応が高く

貧血も進んでいる事がわかりました。


咳の方の治療薬も、もし副作用がでたら止めてと支持されたそうです。

今一番の悩みは

「食べない事」

「運動量の事」

パクパク  食べる事

テクテク  歩く事

スヤスヤ  眠る事

当たり前の出来ていたことが

病や老化により 当たり前に出来なくなる時・・・

飼い主さんは 絶望して落ち込み 涙が止まらなくなってしまいます。

そんな時こそ

動物看護師の出番です。

たとえ 癌でも 腎不全でも 肝臓不全でも

「命」ある限り

大好きな人と大好きな場所で大好きな事が出来るように

頑張ってもらいます。

パクパクも⇒  数えられないくらいの食べ物があるのだから

肝臓 腎臓 貧血 炎症にいい食材を 選んでもらう。

テクテクも⇒  自分で歩く時間と介助する時間  

苦しくないように カート 車椅子 介助服など 準備。

スヤスヤも⇒  何が愛犬愛猫にとって 「気持ちいい」を

ゆたんぽ 温灸 マッサージ バッチフラワーを選んでもらう。


とにかく

「涙は汗に変えて・・(涙は汗に隠して・・・)」

「今」

「最高の介護&看護」

「大切な時間」

積み重ねてもらいます。。


涙が止まらなくなったら・・・汗と言い聞かせて・・

焦らず 諦めず 明るく 

進んでもらいます。

大切な家族には 動物看護師ではなく

大好きな家族の 優しい声 優しい手当が必要なんです。


だからこそ

動物看護師は・・飼い主さんを支えなきゃです。




 

Posted at 2016年01月02日 18時31分33秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  | 次へ