メインメニュー
2015-09

絶好調〜11歳リュウ君...

前回はこちらから→  11歳リュウ君 台風怖かったワン シニアわんこケアつきお散歩14.


本日のリュウ君  絶好調です。



お散歩コースは 夏でも日陰は涼しいし公園も広くて

開放的なのびのびタイム

猟犬の特性なのか??

聴覚で

嗅覚で

視覚で  獲物を見つけます。

散歩の付き添いをする 私までも ワクワクする時間でもあります。

お散歩付き添いを受け継ぐ時のリュウ君は

お腹を壊したり イライラしていたり

しかし・・・

今は違います。。

リュウ君のお散歩の嬉しそうな姿 

美味しく食べて 消化吸収代謝が行われているの体

動物看護師は

健康と栄養と心の声までをケア出来る仕事と思います。

11歳 シニアわんライフ

益々「楽しい時間に」なるように頑張ります。

Posted at 2015年09月10日 15時37分05秒  /  コメント( 0 )

食べた物でしか体は作...

九州動物学院  12期 1年生   栄養学を伝える仕事

教室の様子


今日は前期最後の講義でした。

前期試験に対しての総復習90分

栄養とは?

栄養素とは??

消化とは?

代謝とは??

から始まり

炭水化物(糖質と食物繊維)

蛋白質(必須アミノ酸)
 
脂質 (必須脂肪酸)

ビタミン(水溶性ビタミン&脂溶性ビタミン)

ミネラル(主要ミネラル&微量ミネラル)

水 

前期で学んできた事をもう一度駆け足で行いました。。

動物看護師 飼育員 トリマー 愛護施設やシエルター勤務 訓練士などなど

目指す学生の皆々です。。

この2年間で 栄養と健康について学んで欲しい。

自分の知識として入るように何度も何度も 本を読んだり調べたりして欲しい。。

この知識をちゃんと

職場で 家庭で活かして欲しい。 

毎日の学院飼育動物にも使って欲しい。 

専門学校だから  動物の健康と栄養と介護を

ちゃんと伝えられる専門家になれるように

動物看護師の先輩である自分は伝えます。


テストを100点取れたら それを現場で活かせるように・・・

現場の動物の異変から健康と栄養を上げれる知識を活かせるように・・

「学生の皆さんの未来のなりたい職業」

そこに  「栄養学」が必要!!と思ってもらえるように頑張ります。

Posted at 2015年09月09日 17時16分47秒  /  コメント( 0 )

「立てない!食べない...

6日 日曜日 夜〜 突然 「立てない!元気ない!」電話相談

夜間対応の動物病院へ受診し応急処置 →前庭疾患  眼振あり

7日 月曜日 主治医の先生へ受診 → 治療と皮下点滴始まる

8日 火曜日 在宅介護のケアについてサポートへ行きました。



ご覧の通り 右に頸が曲がっていますが 眼振は止まっていました。

日曜日 昨日よりぐっと楽に

自分で立つ事も座る事も歩く事も出来ていました。

しかし 立つ姿勢になると よだれ(流涎)が出てしまうし気分は悪いのが予測できます。

とにかく 食欲は無いので 本日も受診して処置へ

在宅で出来る事は

琵琶の葉温灸  または 琵琶の葉こんにゃく

マッサージ ツボ押し

気分がよくなったら 水分や流動食を試してもらいます。

15歳今まで病気をした事がないビビアンちゃん

本人もご家族も不安があると思います。しかし

今起きている症状をきちんと治療し緩和しながら

パクパク

テクテク

スヤスヤ

当たり前の毎日が送れるようにご家族と動物看護師でサポート始まります。

シニアわん

シニアにゃん

小さな変化が大きなダメージになることもあるので

異変に気づいたら とにかく原因を調べてもらい

苦しい 痛い から守って欲しいのです。

そうして 次は 再発しないための在宅介護ケアになります。

歩き方 食欲 動き 毛艶などなど変化あったら

コトバなきわんにゃんの声を増子元美へ 

すぐ相談して欲しいのです。→ http://cap-masuko.com/contact.html

Posted at 2015年09月08日 17時18分14秒  /  コメント( 0 )

真黒(マック)君13歳...

前回はこちら→下痢→動物病院(診察&検便)→在宅ケア(食材選び)

2015年1月から

膀胱炎と膀胱出血と尿結晶などの治療

足の痛みのケア

下痢 おなら 消化器のケア

今回は

尿検査で タンパク と ビリルビンが高い事が判明

2週間後の再検査で下がらない時には治療がスタートになりました。










処方食では 下痢 腸の異変から軟便へ 手作りにしてもらいました。

現在 排便改善 足の痛み改善 背線良好(背骨が真っ直ぐに)元気ありとの事

心配なのは 部分的脱毛(首輪の当たる所 左足のぶつける所)

どうしても 手作りだけだと栄養のバランスが不安になるので

信頼できるフードを一部追加かメニュー変更を

床が滑り 立ち上がりにくいし 腱や関節を痛めないように

ヨガマットのような滑らない素材を用意を

お伝えしました。

Posted at 2015年09月07日 18時06分16秒  /  コメント( 0 )

褥瘡??14歳ゴールデ...

前回はこちら→14歳ゴールデンR♂  優しい在宅介護について

新しい炎症

9月3日 皮膚炎症発覚

メール遠隔サポート(洗浄と保護とマッサージ)

9月4日 炎症改善



9月5日  どこが炎症だったか?回復



寝てる時間が多くて蒸れやすいので耳の洗浄中



パパの在宅介護ケア どんどん手馴れてMARS ちゃんも気持ち良さそう。。




どうしても 骨が当たったり おむつが当たる所が赤くなります。

患部を清潔にして 

足先までマッサージで血行を良くして 

食事に栄養を追加してて(核酸+オメガ)

身体も心も和みの日々にサポート  優しい介護 優しい時間になりますように・・・

Posted at 2015年09月06日 17時52分52秒  /  コメント( 0 )

第56回わんにゃんぴっ...

第56回わんにゃんぴっな時間 IN 島田美術館 

日時:2015年9月5日第一土曜日11時〜1時

場所:島田美術館
   
   熊本市西区島崎4-5-28
  
   http://www.shimada-museum.net/index.php

内容:
  
没後370年

宮本武蔵とその時代


1584年に生まれ

熊本に57歳の時に細川忠利に呼ばれ仕える。

1645年に亡くなり 没後370年

「兵法三十五箇条」

「五輪書」などを著し

茶・禅・書画三昧の暮らし。

資料には 

五輪書 風ノ巻

獨行道(江戸時代後期)〜一番弟子の写本〜

巌流島仇討之図

芦雁図

宮本武蔵は熊本で どんな人に会い どんな事をし

どんな想いで暮らしていたのか??

沢山のお弟子さんがいたと説明で聞きました。

資料などから身近に わが故郷の歴史に触れる事ができました。
   

 cafe 木のけむり
   


素敵なカフェでランチタイム

記念撮影



この日は 愛犬とのお見送りされた3名の方が参加してくださいました。

わんにゃんぴっな時間は・・・

愛犬愛猫との悲しい涙から優しい涙に変わられた時に

どうしても参加してもらいたい 想いで始めた企画です。

「命」「病い」「老い」「看取り」「医療」

愛するわんにゃんとの生活

不安や悩みを乗り越えられ看取られた方々のご参加は

今から その現実に向かう方々の

心の支えになったり勇気になったりすると思うのです。

天国のわんにゃんとの思い出を話して頂きたいのです。

第56回無事 終える事が出来ました。 

島田美術館さん 

木のけむりさん

参加者の皆々様

ありがとうございました。

Posted at 2015年09月05日 18時29分12秒  /  コメント( 0 )

飼い主さんが緊急入院...



飼い主さんとわんこと暮らしていた8年間

飼い主さんが緊急入院されました。

飼い主さんは治療へ

「わんこは?だれが?」

県外で暮らされているご家族が悩まれて

主治医の動物病院の先生から増子へ繋いでもらいました。

早速 次回 熊本入りされるまでの わんこのケアプランを作成しました。

わんこの性格が 

飼い主さん一筋かつ繊細なので 

飼い主さんが退院されるまでは わんこも寂しく不安と思うとの事で

まずは 環境を変えず 様子を見ながら

わんこの負担が大きくならないように 毎日のわんこを様子みながら

ご家族と増子とで飼い主さんの不在の間を埋める事になりました。

「父にとっては大切な家族=わんこなので ケアしたいです」

ご家族のお父様とわんこへの愛情が沢山でした。



明日からは

ご家族とは遠隔ですが・・LINEのグループで細かく打ち合わせする事に

なりました。


お父様とわんこと家族と今は離れ離れですが

「気持ちはちゃんとつながっていること」に感動しました。


日本中のわんにゃんが・・

最期まで・・・大好きな人と大好きな場所で・・・

共に笑顔で一緒に暮らせますように・・・

もし離れ離れでも「愛情」 がつながってますように・・・ 

Posted at 2015年09月03日 16時55分38秒  /  コメント( 0 )

あんみつちゃん シニ...





2015.8.29

2015.3.11

元気 食欲 少しずつ上向き  

右目の角膜傷 左目のドライアイ 心臓雑音 治療中

今日は 在宅でのケアプランを話し合いました。

気分は悪くないのですが・・歩行にふらつきがでるので

歩行器の代わりに車いすをフィッティングしてもらいました。

介助紐よりも安定するので・・自分で歩く事 頸を上げる事も出来ました。

介助の手がないと しばらく立てない 歩けない だと

どうしても飼い主さんの介助の時間が長くなるので

身体の機能が落ちていない「今」だからこそ

安定して立つ練習 歩く練習 本来自分で出来る動作を繰り返すことで

いい筋肉が維持されるのです。

もちろん 老化に伴い心臓の筋肉も動きが悪くなるので

適度な運動を一日の中で取り入れられるように道具や工夫は必要と思います。

実は フィッテイングは2度目

体調がよくなったら 少しずつ使い 体丸ごと 健康へ導きたいです。


偏食も心配ですが・・体調が戻り 運動をしたら いい筋肉が付 栄養が

欲しくなるのでは??と期待しています。

病気になると 安静にしがちですが 身体の機能に合わせての

ケアプランで・・・最期まで歩けるようにサポートしたいです。

 

Posted at 2015年09月02日 18時33分40秒  /  コメント( 0 )

続  11歳 ももちゃ...

前回はこちら→続   11歳 ももちゃん♀とアレルギー性皮膚炎




ここまで画像皮膚の腫れもなく被毛が増えてます。

ふさふさまでもう一歩

毎日毎日細胞再生中


いつも痛々しい腫れた皮膚でしたが

どんどん 赤みや腫れ 脂漏 皮膚が剥がれ落ち  改善中です。

こまめなシャンプー

■痒みの原因除去 皮膚洗浄 保湿 

毎日の炭酸ミスト

■血行が良くなる 新陳代謝が上がる 老廃物も排出 細胞に栄養届く 

美味しいごはんとサプリ

■アレルゲン少ないドックフード 核酸 ビタミン オメガ3・6 

ゆずちゃん(にゃん)とのお留守番

不妊手術(発情期のストレス)

■メンタルケア

皮膚専門の動物病院での優しい治療

■診察 検査 投薬 改善へつなげる ももちゃんに合う方法 
諦めない  ももちゃんパパ(飼い主さん)

素晴らしいです。。

ももちゃん 頑張れ〜〜。。

ふわふわ柴わんこまで もうすぐですよ。。
 

素晴らしいです。。

Posted at 2015年09月01日 13時19分24秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3