メインメニュー
2015-08

愛犬愛猫の看取り  ...

数年前 「愛犬愛猫と最期まで暮らす」取材を受けました。

その内容の一部 

愛犬愛猫の命に関わる 治療や検査には 動物病院との信頼が必要である。

動物病院の治療方針と飼い主さんの想いが食い違わないように話し合う。

通院治療 入院治療 終末期について 愛犬愛猫のコトバなき声を聞く。





しかし・・残念な事に

動物病院の先生とのコミュニケーションが取れず時が流れてしまう時があります。



この記事を読まれた方から お手紙を頂きました。

10年前 愛犬は腎不全と診断されました。

毎日 入院して点滴の治療を受けていました。

毎日 面会に行く度に 弱っていく様子がわかりました。

家族と相談して「通院にしたいのですが?」と動物病院に伝えました。

動物病院では「この状態で退院なんてできませんよ! 苦しみますよ!」

専門家の言葉を信じて 数日経ちました。

愛犬との面会の度 悩み 家族と再度相談して 

「今日は連れて帰ろう」と決断

退院費用を準備して 動物病院に行きました。

診察に忙しいみたいで 待合室でしばらく 待っていました。

自分の番になった時・・・

愛犬は 動物病院で亡くなっていました。




増子さんにお願いです。

私たち家族は 愛犬に医療は受けられたかもしれませんが

愛犬を一人ぼっちで見送ってしまいました。 

獣医療の専門家であれば・・愛犬の死期はわかられると思うんです。

そんな時の選択肢として 家族が 

「自宅で看取る」を希望しているかどうか?

私たちに伝えて欲しかった。。と

この事を・・・増子さんには 動物病院の先生に伝えて欲しくお便りしました。 



この飼い主さんは・・この手紙を書くまで

10年間ずっとずつと苦しまれていたと思います。



私は このような事にならないように・・・ 



動物看護師として 獣医療の必要性を きちんと伝えます。

動物看護師として コトバなき声を聞き 家族との大切な時間になるように伝えます。


「愛犬愛猫の命には限りがある」

だからこそ

愛犬愛猫と暮らし始めたら・・愛犬愛猫のコトバなき声を聞いて欲しいです。

コトバなき声  「嬉しい」「楽しい」「悲しい」「苦しい」「そばにいて」

きつとココロに聞こえると思います。

聞こえたら 勇気を出して 獣医さんへ伝えて欲しいと思います。

もし言えない時は伝え方を一緒に考えましょう。。

すぐ相談してください。→http://cap-masuko.com/contact.html

Posted at 2015年08月31日 18時08分24秒  /  コメント( 0 )

3わんずケア22  歯...

3わんずケア㉑


グランドにてランランラン 

ロングロングリードで

バジル君とセナちゃんはどんどん走ります。。楽しそう

白い犬が一人で散歩中(首輪付)〜飼い主さんちゃんと迎えに来て〜



鶏肉 マグロ カンパチ手作りジャーキー

私も試食「おいしいぃ〜〜〜〜」




みんとちゃん  便が少し固めなので食事に少し水分を多くしてマッサージ

バジル君  不安からのマーキングは減りお散歩時も楽しそう 心身OK

セナちゃん 頸の湿疹は良くなりましたが右肩下にひとつ湿疹→バイオ緑豆

7月8月と大きな病気もない3わんず

デンタルケアは 無理強いせず・・わんこの性格に合わせて試してもらいます。

これからは  涼しい 秋

元気な3わんずは飼い主さんと一緒に楽しい時間を過ごせてもらえると思います。

 

Posted at 2015年08月30日 14時56分52秒  /  コメント( 0 )

愛犬 夜中に異変→  ...

わんにゃんぴっ塾生 

わんわんランドアグリ オーナートリマーさんのご愛犬(あんみつちゃん)

今までのあんみつちゃんの様子は

     ↓    ↓
わんにゃんぴっ塾 3期生日記

あんみつちゃん歩行器体験中/a>


27日 23時 あんみつちゃん 発熱 元気 食欲 飲水 なし 目ヤニひどい

夜間診療の動物病院にて診察 血液検査 

貧血と白血球上昇が発覚 応急処置をしてもらい

28日 食欲 飲水 元気 改善 目ヤニも改善

29日 主治医の先生にて受診

なんと 眼は角膜潰瘍判明 点眼薬開始。

心配していた咳は 心臓からか?心臓の投薬開始。

どうしてもシニアなのと偏食の癖があるので

粘膜再生 皮膚再生 血液再生 少しずつダメージが来ていたことが

予測されます。

そこで  「偏食対策」が始まります。










大好きな物だけで  病気やアレルギーにならないならいいのですが

どうしても 病気になると投薬が増え 肝臓腎臓や皮膚などに異変が出やすい。

そこで

あんみつちゃんの体にストレスを減らし 美味しいなかにも栄養強化できるように

これからは 飼い主さんと共にシニアわんケア スタートします。。

皮膚の「できもの」や「いぼ」や「角化・たこ」になりやすい子は

次は あらゆる粘膜が弱くなりやすく・・・感染してしまう事例が多いのです。

(口腔粘膜 咽頭粘膜 眼の粘膜 鼻粘膜 腸粘膜 膀胱粘膜)

皮膚 被毛がピカピカだと健康度が上がります。。

偏食の子は・・・どの栄養素が足りないか??しっかり補えるように

どのような形にして与えるのか?諦めないで 身体を守ってあげたいです。

Posted at 2015年08月29日 11時36分12秒  /  コメント( 0 )

14歳ゴールデンR♂  ...

前回はこちらから  14歳ゴールデンR♂  優しい在宅介護について


MARSちゃんパパさんからの報告

メッセージ届きました。8月26日

「マーズの食欲、量、質も上向き、動きは、立てないながらも活発に。

一歩一歩ですが元気になってます。ん?一歩一歩?

マーズもきっと立って歩きたいはずだ。

よしっ!起立&歩行の練習だぁ。

数日前から始めました。

すぐお疲れになられますが😁」


テクテク(介助) パクパク(介助)

MARSちゃんのシャキーン目ジカラ

めちゃくちゃ嬉しい(≧∇≦)


パクパク介助(愛情たっぷり手作り入り フードプロセッサーで食べやすく 口にアーン)

テクテク介助(マッサージ ストレッチの後に タッチ テクテク)

スヤスヤ (痛みや寂しさや室温や湿度管理出来ているので 快適な睡眠)

鮮血 タンパク尿だった  膀胱炎も回復

歳を重ね 老いは必ず訪れますが・・・

毎日 毎日 必ず時間が進みますが・・・

今日という日は

MARSちゃんと家族の二度と訪れない 1日

癒しのある=優しい1日になりますように


☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

Posted at 2015年08月28日 10時49分12秒  /  コメント( 0 )

11歳リュウ君 台風怖か...

10歳リュウ君 春だウキウキ シニアわんこケアつきお散歩13

リュウ君は立派な体ですが台風は苦手です。

こんな時は玄関に入れてもらいます。

台風のトラウマはなかったのです安心しました。







お散歩コースは 色々な物が落ちていて

見慣れない物に対しては慎重になるリュウ君です。

今日は「かぼちゃ」が落ちていて

リュウ君 安全なのか?なんなのか?と固まっていました。

走り方 歩き方 問題なし(足の震え改善)

排便も下痢軟便なく順調

リュウ君のお散歩ーコースは夏でも涼しいのですが

これからは もっといい季節になるので

リュウ君の笑顔が見れると思います。。続く

Posted at 2015年08月27日 13時01分20秒  /  コメント( 0 )

動物の在宅介護につい...

在宅介護優しい時間&未来の動物愛護について考える


CompanionAnimal PARTY 動物看護師増子元美 2015.8.26

動物看護師に「あなたは何故なりたいのか?」
動物看護師だから出来る社会貢献のスキル(技能)とは何なのか?
動物看護師になったら 「あなたは何をしたいのか?」


‘以看護師 増子元美が 進路 動物看護師を選んだ理由は??

増子元美が 動物看護師になって 何故在宅での介護にこだわるのか??

わんにゃん優しい時間とは?医療と在宅介護  その為には必要な事は??

■自己紹介〜「優しい時間」在宅介護について

簡単ケアが何故必要か?(悩み=夜泣き 床ずれ 食べれない)

■在宅介護ケアを支援する必要性  → 嬉しい 気持ちい 美味しい 癒しの時間

★枇杷の葉こんにゃく 体験
準備物
板こんにゃく+ 琵琶の葉 +浴用サイズタオル +輪ゴム(2個)
鍋とコンロ(10分温める) 菜箸
実習
こんにゃくを使って温めてみましょう

★ベッドサイドの身体清拭体験とシャワーボトル製作
準備物
500CC の空ペットボトル  蓋に穴をあけるキリ
実習
患部を洗浄してみましょう

★元気サポートスープ  食欲ない時はどうしますか??

F以と人間の未来について →「今のままじゃダメ」と「解決方法」を考える 

あなたの考える  「動物と人  こんな日本になったらいいな!!」

その為には??「どんな仕組み どんな仲間 どんな行動・・」が必要か?

グループで考え発表してみましょう。


高齢わんこさんをモデルに

琵琶の葉こんにゃく体験 竹ピンマッサージ体験

学生の皆さんにとっっては 知らない民間療法

しかし

「気持ちいい時間」→「癒しの時間」をイメージできたと思いました。











殺処分や犬猫の虐待や遺棄問題に対してどうしたら解決するか?

そのためには何が必要か?

4班に分かれて意見を出し 目標まで立て発表してもらいました。

未来の動物看護師の皆さんの意見はしっかりしていて

この意見をきちんと社会や地域に発信できたらいいな〜と思いました。

高齢になり介護で捨てられる犬猫が減るために

しつけや問題行動が原因で犬猫が捨てられないために


動物看護師として出来る事で社会に貢献できたらと思います。


法律を変えなくとも飼い主さんの意識を変えれたら

「動物が倖せな社会になる」を目標にが印象的でした。

 


鹿児島キャリアデザイン専門学校 

動物看護学科 永吉先生 担当の先生の皆さん

17名の看護科の学生の皆さん 

有意義な時間を共有できたことに感謝します。

本当にありがとうございました。

Posted at 2015年08月26日 21時21分09秒  /  コメント( 0 )

愛犬愛猫が軟便や下痢...

抗生剤

処方食

消化剤

消化酵素


ずっと続けていることが 不安になります。。



そんな飼い主さんから相談を受けます。

何故

■腸に細菌感染するのか??(抗生剤)

■食べてはいけない食材はなんなのか?(処方食)

■軟便になるのか?(消化剤)(消化酵素)


考えられる事

腸の粘膜が弱い。

アレルギーがある。

消化液や創価酵素足りない。




難治性の消化器疾患の相談を受ける時

医療の力で・・・大きな問題にはならないけれど・・・


「何故 腸がこんなに弱くなってしまったのか??」

「遺伝子を守れているのか??」

毎日の食べた物で体は作られますが・・・

細胞再生に必要な遺伝子情報が傷つくならば・・

どうしても 弱い細胞 異常細胞 が出来ていく。。


飼い主さんに必要な知識→「遺伝子を守る」を手に入れて欲しいのです。

Know&Keep Your Genes  遺伝子を「知り」そして「守る」ということ .


ダイオキシン 紫外線 黄砂 PM2.5 排気ガス 殺虫剤 消毒剤 放射線

わんにゃんの性格 習性 本能(さびしがり屋 お留守番 運動不足 発情期)

飼い主さんの日常の変化から精神的ストレスを感じるケース

(引っ越し 家族の介護生活 家族増えるなど環境変化)

病気は動物病院 医療チームが頼りです。

元気な体作りは 飼い主さんの知恵と行動が重要なんです。


最近 元気ないな??

最近 咳するな?くしゃみするな?

最近 頻尿だな?便秘だな?

とにかく

涙 鼻水 咳痰 湿疹 尿 便 汗 から老廃物を出している。。

無理に止める前に

原因を突き止め  遺伝子を守る知識で守って欲しい。

これはどうかな??と思う点があったら

すぐに ご相談ください。

   ↓     ↓
http://cap-masuko.com/contact.html
 

  

Posted at 2015年08月25日 15時19分55秒  /  コメント( 0 )

3わんずケア &#12...

3わんずケア粥 仝沈と健康 あげあげの巻


みんとちゃん(ママ)

バジル君(パパ)

セナ君(息子)

本日の3わんこは 元気いっぱい

小雨になりそうでしたが

みんとちゃんとバジル君で先に散歩(みんとちゃんは歩くのが好きでないので短め)

バジル君とセナ君は 元気いっぱいなので いつものお散歩コースに

便の様子  尿の様子 チエック

みんとちゃんが少し便秘ぎみなので 食事の際に水分を追加と同時に

腸の動きがよくなるように マッサージと栄養素(核酸ビタミン)







今日のおやつ


豆乳ケークサレ風

材料:おから 豆乳 人参 ピーマン さつまいも トマト

なんと 「増子元美」にも試食用に準備されていました。。

少し硬めですが 薄く切り分けたら問題ないです。

わんこの場合は  少しだけ はちみつかメープルシロップか黒砂糖の香りはいいかもです。 

人間の私は 硬めの味 岩塩をつけて 頂きました。




手作りの「おやつ」や「食事」は

確かに栄養のバランスを考えると悩んでしまいますが

犬猫にとっての体に必要な食材

旬の野菜 魚 を上手に使い

「美味しい」に挑戦してもらいたいです。

食欲不振の時は特に 

犬猫は欲しがるかもですが・・・油の濃いものや味の濃いものより

新鮮な食材で 消化のいい物(白身魚 ささみ かつおぶしだし)

選んでもらうのが身体にやさしいです。

健康な体は

毎日の選ばれた食事やおやつ

毎日のニコニコ健やかな生活

から出来ます。。

よく病気したり元気なかったり食欲不振になったら

食事と環境を今一度見直して 守って欲しいです。。

では・・・

どう見直したらいいのか??

わからない方は→→ 相談はこちらへ

Posted at 2015年08月24日 15時45分36秒  /  コメント( 0 )

熊本県動物管理センタ...

私が動物愛護を始めたのは

2006年設立 熊本の動物愛護を考える会ACT



【目   標】

熊本県の殺処分数を減らすことを目標に活動を行っています。そのために

「県民の方々への啓発活動」「動物愛護センターのモデルづくり」

の2本柱を確立させ「行政のお手伝い」をさせていただける団体を目指して活動しています。


熊本県動物管理センターは

10か所の保健所から収容された犬猫を集め 殺処分する場所でした。




今は 各10か所の保健所では ボランティアの皆々さん 

地域動物愛護推進協議会などの活躍

保護犬猫の返還  譲渡される 数も増えてきました。

熊本県動物愛護管理ホームページも活用され

迷子の返還 譲渡犬猫への情報も少しずつ県民の皆々さまへ周知されていると思います。





これからの問題は

〇瑤ぜ腓気鵑陵由で急に飼養できなくなった。

(病気 入院 高齢者施設入所 死亡 などなど)

犬や猫の飼養が出来なくなった。

(在宅介護がうまくできない しつけができない などなど)

C楼茲了瑤ぜ腓里い覆で問題

(飼い主のいない猫による苦情 繁殖 いたずら 糞尿などなど)


そこで

/靴靴せ瑤ぜ腓気鹵気掘^貉預かりさん探し 支援シート

∈濛隹雜逎吋∋抉腑掘璽函幣欧困貘从  夜泣き対策)

C楼茲稜問題支援シート(野良猫の苦情を減らすための対策)

現在まで沢山の相談を受けてきました。

私が日々 相談に対して どのように 支援するか??

流れをまとめたものをシートとして作成して必要な人に配布し

まずは 解決への一歩を踏み出してもらう。。

動物病院は病気を治す場所

行政は狂犬病予防法と動物愛護法 に基づく場所



飼い主さん探し

介護ケアの相談

野良猫と地域の問題

これらを解決する場所ではありません。


だから

「動物愛護推進協議会」で  日々検討します。(私の場合は熊本県と熊本市)

これから起こりうる 県民の悩みや問題や苦情を

地元の地域で 自分たちの手で 解決できるように支援があったら

きっと

飼い主さんの理由 

犬猫の介護やしつけが理由

異常繁殖で生まれた子猫たち  を殺処分にする事は減ると思います。

動物と暮らす人はもちろんの事

地域の動物を排除するのではなく 共に暮らす方法を手に入れて欲しいと思います。

その為に

「相談室」が必要

「問題解決シート」があれば 地域にて解決へ導けると確信します。

動物を飼養する人は 最期の日まで・・・

動物を飼養してない人々 や きちんと飼養している人々の税金で

あなた達の犬猫を処分させてはいけないと思います。

保健所に持ち込む前に

犬猫を飼養する前に

動物の命の事

動物と暮らす事  しっかり考えて欲しいと願います。


熊本県動物管理センター

熊本県10か所の保健所

この9年間で 素晴らしい結果を出してきています。

そうしてこれからも

熊本県民として

動物看護師として

協議会委員として

「動物と人 命にやさしい時間 笑顔 共に生きる」

当たり前の社会にしたい。。。

しっかりと頑張りたいです。




  

Posted at 2015年08月23日 14時38分30秒  /  コメント( 0 )

宙ちゃん9歳8ヶ月 定...

宙ちゃん8歳2ヶ月 定期カウンセリング




今の宙ちゃんは  痙攣の発作は起きていません。

投薬の方も主治医の先生と相談しながら微調整されています。

発作が始まった時の事を遡ると

宙ちゃんには・・大きな環境の変化があった事

大好きなママさんがとれもとても忙しい状況が変わった事も

原因なのでは??

ということになりました。

そこで・・・

宙ちゃんの心理状態 身体状態を観察(痙攣 胆嚢 肝臓)

食事バランスや核酸やストレス抜くケアしてもらうことで

整えてもらっています。

暑い夏ももうすぐ終わります。。

この調子で 「宙ちゃんと家族」 笑顔の日々になりますように・・・

この日は 我が家 KOU の事(6月の余命宣告)

を心配して頂き

お見舞いの言葉をいただきました。感謝です。

「命」は有限だけれも

「命」「生活」を大切に過ごせるお手伝いが出来るように

今日も明日も精進したいと思います。

Posted at 2015年08月22日 16時34分44秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ