メインメニュー
2015-08

クラッチ君 15歳 優...

15歳 クラッチ君♂ 

今年は猛暑なので 介護は大変。。

クラッチ君の場合 飼い主さんが 私の後輩の動物看護師なので

在宅ケア(食事 栄養 運動 メンタル面)は細かく出来ています。



歩行の為に・・体重をコントロールしてきたので 自分で起立 歩行できます。

しかし・・筋肉が衰えてきたので 朝 夜のお散歩の質と量は変更してもらっています。

耳が遠くなったので 雷のパニックは軽くなったとの事

こんな時は  「老化も悪くないな〜」と感じます。


下の写真は クラッチ君マッサージ(竹ピン使用)のレクチャーの写真

2年7か月  人間の年齢なら10歳くらい年を重ねたことになります。

クラッチ君とご家族の

毎日の大切な時間が

引き続き  優しい時間を刻めますように・・・心から祈ります。



2013年1月のクラッチ♂


高齢わんにゃん

病弱わんにゃん

「夏バテからの食欲不振」→「嘔吐」「下痢」にならないように

1日でも早く改善が必要です。

元気 食欲 落ちたら 信頼できる動物病院や動物看護師に

すぐ相談して欲しいです。→http://cap-masuko.com/contact.html

Posted at 2015年08月11日 15時17分23秒  /  コメント( 0 )

15歳きんちゃん 治癒...

わんにゃんぴっ塾生であり
オーナートリマーの和美ちゃんのご愛犬

15歳のきんちゃん

なんと8月7日にまぶたにできものが!目ヤニあり!

2015.8.7 →

2015.8.9→

そうして2日後にこのできものと目ヤニが 取れました。

8月10日 現在は 再発なし。

きんちゃんの毎日の栄養管理  眼のケア は

和美ちゃんの手によってコツコツされた結果が「今」です。

たとえ15歳でも

細胞再生はきちんと出来ている。。同時に

この細胞再生をいかにスムーズに起こすかは 

毎日の食べた物が重要と確信できました。


患部の感染がひどかったり

痛みや腫れが強かったり

早期の医療も検査も重要です。。

しかし 再発しないための「体作り」は

飼い主さんの「知恵と行動」によって作られます。

飼い主さんの「愛情」が「知恵と行動」にシフトできるように

これからもきちんと  栄養や管理をサポートできるように

そうすることで

わんにゃんも家族も笑顔で暮らしてもらいたい。。

動物看護師 増子元美は 

わんにゃんの自己治癒力について きちんと お伝えしたいと思いました。

 
 

Posted at 2015年08月10日 22時43分17秒  /  コメント( 0 )

15歳マロンちゃん 天...

15歳マロンちゃん 前立腺に負けないわん。。

快食  快便

歩行時痛みなし  安定でしたが

7日金曜 夜〜

足?腰?の痛みが発生

土曜日に

動物病院へ受診してもらいました。

細かな検査にて 腰椎の異変が発覚

口腔内の炎症からの出血

痛みの治療の投薬もされましたが

マロンちゃんは・・・天使がお迎えに

本日は

マロンちゃんに会いに伺いました。。

スヤスヤおネンネのお顔でした。

今までのマロンちゃんのお話を伺う時間ができました。

脱走したりとやんちゃだったとの事

これからは・・・

元気な体は手に入れていると思いますが

空から飼い主さんを見守ってくれると感じました。。



医療

介護

看護



在宅で出来る事

在宅で出来ない事

支援する仲間を手に入れて最高のわんにゃんライフを手に入れて欲しいです。

マロンちゃんは

大好きな場所

大好きな家族

信頼できる獣医療

守られました。。


マロンちゃんのご冥福をお祈りします。

いつの日か・・マロンちゃんと再会するまで

しばらく「さようなら」をお伝えしました。


全ての命あるわんにゃん

倖せに過ごしてもらいたいです。

Posted at 2015年08月09日 21時18分05秒  /  コメント( 0 )

愛犬愛猫を守るために...

愛する家族である わんこ  にゃんこ

病気

怪我

老い

避けられない。。

だからこそ

医療についてのスペシャリストの存在が必要です。

治療や検査方法  費用などで 獣医さんと

話し合うことが出来ないために

信じて頼れなくなる場合があると思います。

そんな時は 簡単に転院はお勧め出来ません。

転院する前に きちんと ご家族の考えを伝えて欲しいのです。

「なかなか伝えにくいですから・・・」と言われますが

コトバでなくとも お手紙にして

治療方法 検査の必要性 入院のメリットデメリット 

手術の必要性 終末期のケア 

様々な悩みが膨らむまえに・・

不安な事

疑問な事

困っている事

動物病院で伝えて欲しいです。

その中で 

「専門病院を紹介してもらいたい」 →今までのカルテを持って検査→ホームドクターへ

「治療方針の選択肢を増やしたい」

「時間と費用が作れない」もお伝えしましょう。

愛犬愛猫の大切なの時間になるためには・・・

コトバなきわんにゃんの声を飼い主さんには聞いて欲しいのです。

飼い主さんの知識と勇気が必要と思います。


動物と飼い主さんと動物病院の信頼関係が築けたら素晴らしいと思います。


病気が改善しない場合

介護が必要な場合

痛みや苦しみが強い場合

きちんと  相談して 病気や治療法や介護について学べる時間と思います。

どうか・・・

簡単に転院するまえに・・ちょこっと 知識と勇気をもって

愛するわんにゃんを守って欲しいです。

それでも  なかなか悩んだときは

動物看護師 増子元美 に相談してください。

http://cap-masuko.com/contact.html

Posted at 2015年08月08日 22時45分46秒  /  コメント( 0 )

21歳 ばじ ちゃん♀ ...

21歳 ばじチャン

21年前  自動販売機の下に隠れていた子猫

3人の子供たちと話し合い家族の一員へ迎え入れたとの事。

本日は

毎日  朝夕  日課の排尿タイム

なんと今朝は トイレに行かなかったとの相談。

熊本の猛暑&猛湿 知らず知らずに脱水になっているかもしれないので

毎日の

飲み水量  食事に含まれる水分 → 排尿

チエックしてもらうようにお伝えしました。。

現在は・・ウエットフードがメインとの事でしたが

年齢の割には 行動が活発なので エネルギーも水分も消費しているかもしれません。

おだしのきいたスープ

身体を冷やす食材

体調崩す前に 日頃の天気

室温 湿度 体温測定 呼吸数 脈拍

食欲 排尿 排便

動き 表情

観察をお願いしました。

写真でご覧の通り

眼ジカラ  ぎらぎら

表情    きらきら

歩行    テクテク

今までのように・・

家族の愛に包まれ  優しい時間を送ってもらいたいです。。 

Posted at 2015年08月07日 19時31分53秒  /  コメント( 0 )

熊本市動物愛護推進協...

本日は  19時半から

熊本市動物愛護センターにて

熊本市動物愛護推進協議会 推進員と共に

アニマルハートフル部会
ニャンニャンフォーラム部会  行われました。

■動物愛護フェスティバル(2015.9.23)の出し物について

ペット相談コーナー (介護 しつけ) 

〜介護犬猫と介護者支援フローチャート作成〜 

■わんこ迷子 低返還地域への啓発方法について



■「子猫を見つけたら・・猫の苦情が起きたら・・・」
 
〜子猫保護支援フローチャート+猫苦情対策フローチャート作成

随時開催 部会では

推進員の想いや考え → 施策提案 → 検討+意見交換 →検討会へ 

毎月1回 検討会では

部会案プレゼン → 検討+意見交換 → 実施の有無決定 


今回は・・・

子猫保護支援

猫苦情対策支援

床づれ対策支援

夜泣き対策支援

4部門を提案しました。

これが協議会をクリアできたら

熊本市動物愛護推進協議会の推進員の皆々さんと共に

熊本市地域に発信できることになります。


動物看護師が一人では、これらを伝えられるのには限られる。

だから 犬猫の悩み 問題 苦情解決支援の方法を伝えたい。。

熊本市動物愛護推進協議会から

熊本県動物愛護推進協議会から





わんにゃんと家族

命にやさしい時間

笑顔 共に生きる

そんな熊本市に

そんな熊本県に  変わりたいです。。

熊本市動物愛護推進員として

熊本県動物愛護推進委員として

日々前進します。。

Posted at 2015年08月07日 00時14分06秒  /  コメント( 0 )

15歳アルちゃん  愛...

犬の宿ポレポレ

ベルママさんのご紹介

本日アルちゃんのカウンセリングへ

立つ事 歩く事はできませんでしたが・・日頃のケアのおかげで

関節は柔らかいです。

痛みがくる前に・・ストレッチをお伝えできてよかったです。






食事に関しては嘔吐も下痢もありませんが

消化の良いものに半分は変更が必要かもしれません。

夏の暑さや湿度は

どうしても食欲を落としやすいことをご家族へお伝えし

万が一食欲が落ちた時は。。ささみ肉ボイルして与えてもらうこともあります。

今回

アルちゃんは右肩に褥瘡ですが

医療と家族のケアで・・きれいな傷でした。皮膚は開放ですが・・念のために保護へ。

これからは・・

毎日の食べる物を選び  細胞再生をUP!UP!!をお伝えしました。

介護ケアプランとして

アルちゃんの介護に向けて  今までの7家族の愛と行動は満点。。

しかし 介護は24時間365日休みがない。

だかこそ  万が一の時を含め 支援体制を準備が必要。。

アルちゃんの最高な「わんLIFE」になったらいいな〜と願います。

Posted at 2015年08月05日 19時12分37秒  /  コメント( 0 )

わんにゃんの介護に悩...

2014年1月から毎月始めた

わんにゃんぴっ介護相談会&介護用品展示会

8月の18回目は 専門学校の動物看護師を目指す学生の皆さんへお伝えします。

コトバなきわんにゃんが

病気や老いで 家族の看護介護が必要になった時

わんにゃんも介護者も笑顔で過ごせるように・・

動物看護師の介護ケアマネージメントを

愛犬愛猫のオリジナルの介護ケアプランを

手に入れて欲しいと思います。

大好きな家族と大好きな場所で大切な時間を

過ごして欲しいのです。

病気や検査は・・動物病院へ

看護や介護は・・動物看護師に相談して欲しいのです。




わんにゃんぴっ介護相談会&介護用品展示会

2014年1月から始まった介護相談会&介護用品展示会




ビッグベア動物病院にて開催

 シニアわん ヨガマットで足元安定

介護看護で悩んだら・・不安を感じたら・・

手に入れて欲しい情報

愛犬愛猫 夜泣き(睡眠)対策ノーツ

愛犬愛猫 床づれ(褥瘡)対策ノーツ

愛犬愛猫 介護者の不安 対策ノーツ

HPから プリントアウトできるようにしたい。。








猛暑の毎日

健全な健康なわんにゃんも体調崩しやすい。

病弱で高齢なわんにゃんは細かなケアが必要。。

私が今まで教わってきた知識 経験を伝えたい。。

わんにゃんとご家族が・・暗闇に立ち止まらないように・・

進む道が決められずうろうろしないように・・・

お問い合わせ→http://cap-masuko.com/contact.html

転ばぬ先の知恵を発信します。。  

Posted at 2015年08月04日 18時50分39秒  /  コメント( 0 )

14歳ゴールデンR♂  ...

14歳ゴールデンR♂腫瘍在宅介護について

MARSくん  流動食と水分は食べれますが・・

体位によって 逆流することもあるので体勢をアドバイスしました。




食欲→ あり 固形物は未消化なので流動食へ

嘔吐(1回あり)

体位交換できないので 食事後は30分 胃からの逆流を避ける体位へ変えてもらいます。

下痢(なし)

表情→スヤスヤ眠る

熱→ なし

呼吸→安定

おむつの取り付けもMARS君にあった方法を選ばれていました。

マッサージやストレッチ

眼の洗浄

陰部の洗浄

在宅での介護は細かくケアされています。

スヤスヤ眠りすぎていることが心配との事でしたが

安心して眠れることは・・体も心も和みと思います。

在宅介護ケアサポートをご家族だけでなく 

支え応援する動物看護師として努めたいです。

Posted at 2015年08月03日 21時39分12秒  /  コメント( 0 )

15歳マロンちゃん 前...

15年前

ママわんこはシーズー

パパわんこはプードル

3頭のわんこが生まれました。

マロンちゃんは・・それから

大切に大切に育てられました。

大きな病気はしたことがない中  今回は

下痢 歩行困難 前立腺炎症 嘔吐 が心配の種

骨軟化症は要注意

 

本日のカウンセリングでは・・・

ドックフードを食べれない時の対策

足の負担を守るマッサージ

細かなシニアわん栄養メニュー



お伝えする事出来ました。

マロンちゃんは・・・

栄養あり消化良い食事をパクパク

お庭でテクテク

大好きな家族と大好きな場所でスヤスヤ

引き続きサポートさせていただきます。。

Posted at 2015年08月02日 20時39分19秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  | 次へ