メインメニュー
2015-05

バジルくん 初時期の...

セナちゃんのパパわんこ

バジルくん




セナちゃんのママわんこ

みんとちゃん




それぞれ 不妊オペ 去勢オペは

終わりましたが

マーキングやマウントがゼロになったわけではありません。

同じ部屋に居ると バジルくんには

もやもや感があり胃腸に影響あり

嘔吐や食欲や元気に現れてます。

世間での発情のメスが落ちついたら

バジルくんも落ちついてくれると思います。

それまでは

嘔吐や下痢や遺伝子損傷なきように

食事とマッサージ管理をお願いしました。

Posted at 2015年05月22日 20時09分12秒  /  コメント( 0 )

14歳 バディ君 腹水...

14年前迷い込んだ子犬の兄弟


ンディ君♂

バディ君♂(譲渡後再度引き取り)

アンリ  VS  バディ

アンリ君が政権を取り その時の負傷でバディ君は

動物病院がトラウマになる。。

今回の相談は・・

これから 

―襪なるので その前に在宅介護のケアの準備について

検査や治療についてのセカンドオピニオンについて









お留守番の暑さ対策として

屋根の断熱の強化

体温 呼吸数 気温 湿度チエック

 


14歳  シニアわんライフ

パクパク  テクテク  スヤスヤ 快適な毎日が送れるように・・・

必要な検査はどこまでするか??

バディ君のコトバなきメッセージをきちんと聞いて選んでもらえるといいな〜と思います。

毎日のご飯 お散歩 スキンシップが

「美味しい!!楽しい!!嬉しい!!」になり

免疫UPになるように・・・

何気なく与えていた食事の見直し・・・

薬の副反応から対策の栄養素・・・

焦らず 諦めず 楽しく 生活をしてもらえるように・・

しばらくはメールでの連絡を密に支援が必要です。。

バディ君を案じる家族の態度に アンリ君がやきもち問題行動が

大きくならないように・・こちらもサポート必要です。。続く

Posted at 2015年05月22日 00時00分00秒  /  コメント( 0 )

愛犬猫が悪性新生物と...

遺伝子を傷付けると

弱い細胞が再生し異変が起きる。

遺伝子を守る生活が必要。

遺伝子を傷付けない生活。

当たり前に与える

ドッグフード キャットフード

成分からより健康になって欲しい。

毎日食べたもので身体が出来る

毎日食べる物を選んで欲しいです。

命に必要な細胞再生


紫外線排除
予防薬減
ストレス抜き

健康な遺伝子になりますように

動物看護師 増子元美

Posted at 2015年05月20日 21時11分59秒  /  コメント( 0 )

もうすぐ14歳メルちゃ...

もうすぐ14歳 メルちゃん 優しい在宅介護の時間

5月7日  すごく元気で・・テクテクだけが介助が必要でした。

それから・・優しい手当と共に介護生活が送られていました。

18日の朝

いつもより 元気がないかな??食欲はあるけどいつもとは違うな?

夕方から・・・嘔吐と発作が起きた後

静かに  呼吸停止となり心臓も・・・・かすかになってきたそうでした。

熱からか??足の腫瘍からか?室温なのか?

呼吸が荒くなっても 室温を変え 優しい手当 とで

スヤスヤ眠れていたと安心していた矢先の訃報でした。



真っ白い被毛

腫瘍オペの後も綺麗な皮膚

スヤスヤ眠っているようなメルちゃん



数日前に動物病院受診

目や鼻や耳も問題なく  

熱や貧血が出ているのでふらふら感はあったかも。

それでも・・食べる 排泄 睡眠はちゃんとできていました。

しかし・・・昨日だけは体の中から食べ物は押し出されてたそうです。

メルちゃんの小さな体をコーミングさせてもらいました。

再会する日まで・・しばらくさようなら。。。

沢山の思い出をありがとう。。。伝えました。

遺されたご家族のペットロスにならないように

メルちゃんに変わり しっかりサポートしたいです。

Posted at 2015年05月19日 16時23分58秒  /  コメント( 1 )

皮膚つながった!!大...

前回はこちら  大型犬 褥瘡 在宅介護 トラちゃん日記


皮膚がつながったと・・・埼玉のかおるさんからメールが届きました。


反対の左足の傷も回復中ですが・・動きが激しいと どうしても患部にあたってしまうので

傷に負担=介護が大変です。。

しかし  右側は・・・きれいな肉芽形成と皮膚が出来てきました。


class="pict">

毎日の食事  血行促進  運動 マッサージ

一日数回の患部の洗浄と傷保護ケア

とにかく・・・

こつこつの介護の賜物が見事に結果へ繋がりました。

愛犬愛猫の怪我には

ご家族の介護看護と食事管理がどうしても重要となります。

疲れないように・・・・

悲しくならないように・・

頑張りすぎないように・・

諦めないように・・・

動物看護師が・・経験に基づききちんとサポートしたいです。。


トラちゃん。。頑張れ〜〜〜♪

Posted at 2015年05月18日 16時23分36秒  /  コメント( 0 )

第17回わんにゃんぴっ...

毎月開催している

わんにゃん介護相談会(=^ェ^=)&U^ェ^U介護用品展示会

N.greenさん主催のチャリティガレージセールイベント会場にて

無事参加出来ました。





12歳わん 背筋の事、前立腺の事をお伝えすることできました。

14歳わん 目やにがは酷くなる前に 汚れたら洗浄をお伝えしました。

10歳わん 椎間板ヘルニアの在宅ケアプランをお伝えしました。

6歳わん メンタルケアについてお伝えしました。

マーキングの猫の相談の解決案をお伝えしました。

食べ物

運動

ストレス解消
毎日の生活で病気にならないように
在宅介護支援できたら良いなと思います。

Posted at 2015年05月17日 22時31分34秒  /  コメント( 0 )

マックス君 もう直ぐ1...





今月 頸を痛め治療開始

2週間 投薬 栄誉素 マッサージ ストレッチ

自力での起立は出来ませんが介助

後ろ脚を曲げてタイミング合わせたら歩けます。

しかし足先の麻痺はあるので

引き続き

立つ姿勢 伏せの姿勢を介助する

簡易道具を準備しました。

30kgある骨格を介護するのは難しいですが

出来るだけ機能を落とさない為の工夫と

介助者 介護者の負担を軽くする工夫をケアプラン

16歳

パクパク

テクテク

スヤスヤ

毎日が送れるように 引き続き
介護支援サポート頑張ります。

Posted at 2015年05月16日 17時25分21秒  /  コメント( 0 )

続13 7歳ロイス君...

前回はこちら
  ↓
続12  7歳ロイス君 弱点克服の道  シニアわんケア

http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0447897.html

本日は 暑くなってきたので 昼間から朝に変更

車や自転車や工事などの体験が変わるので いい練習になると思います。

配達のバイクの音に吠えていましたが

今は反応なしです。

お散歩中に どうしても排便がしたい時に我慢せずできるようになりました。

お散歩中の歩き方 探索し方 楽しそうにできるようになりました。

週1回ですが 今の所いい筋肉です。

お部屋で沢山遊んでいるのだと思います。



雨上がりで泥んこのお散歩

終わったら ペットサロンでシャンプーです。

ロイスちゃんの体と心の健康を整えれる時間でした。

Posted at 2015年05月15日 13時00分07秒  /  コメント( 0 )

愛犬猫が・・病気が治...

命あるもの全て限りがあります。

でも 

愛犬愛猫

その命は どのように守りますか? 看取りますか?

なかなか 避けたい内容かもしれませんが・・

こんな時は3つの行動で乗り越えて欲しいのです。

難病や余命を宣告された。 

治療しているが改善がない。

夜泣き 徘徊がひどくなった。

もし亡くなったら不安になる。


とにかく こんな悩みや凹みの飼い主さんは

どうか・・・素敵な愛ある飼い主さんである事に気付いて欲しいです。

今 愛犬猫の為にどうしたらいいのか?悩みから今できる事へ時間に変えて欲しいです。

’困澆瞭睛討魘饌療にする  → 悩みを問題に変える。

愛犬が肝臓腫瘍かもしれないと言われた。  →肝臓を治し守りたい

検査なのか?手術なのか?どうなるのか?? →痛い思いをさせたくない

悲しいし不安がいっぱい。。        →痛みや苦しみを無くしたい

¬簑蟆魴茲両霾鵑髻ー集する

肝臓を守る方法を調べる  → 医療 栄養 環境 癒し情報などなど

医療は獣医師の先生 看護は動物看護師 へ相談

0Ωでにとっての今の最善を決断&実行

愛犬猫の年齢 状態 性格 病状などなど配慮して 愛情を持って決め実行

もしうまくいかなかったら 方法を変えて 実行



そうだんです。。愛するわんにゃんを守る3つの行動

凹んだり悩む時間がなくなります。

どうか・・・大切な愛犬猫との時間なんです。

わんにゃんには 飼い主さんの笑顔と優しい手当が必要なんです。。

ちょこっと 一歩踏み出してください。

病気も老いも介護も死も避けれない時がある。。

だからこそ 今 を生きる愛犬猫の声にこたえる時間へ

一人で辛い時は 

動物看護師  増子元美へ

相談してくださいませ。






 

Posted at 2015年05月14日 15時08分14秒  /  コメント( 0 )

栄養素と消化 吸収 ...

九州動物学院にて

トリマー
動物看護師
犬猫トレーナー
シェルタースタッフ
飼育員

未来の職を目指す専門学校生へ

栄養学を伝えます。

コトバなき動物の健康は、

飼い主さんの栄養の知識

飼い主さんの飼育の知識

飼い主さんの知恵で守られたり

介護がら辛くなくなったりします。

90分の中で 未来の日本を作る学生の皆々に

増子元美の知ってる全てを伝えたいのです。

沢山の学生が

悩む飼い主さん

病気のわんにゃんの支えとなってもらえる

人材に成長して欲しいです。

Posted at 2015年05月13日 20時31分03秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  | 次へ