メインメニュー
2015-01

わんにゃんぴっ相談室...

日時:2015.1.31 9時から12時まで

場所:パレア9F

内容:わんにゃんぴっ相談室 介護相談会&介護用品展示&動物福祉啓発

パレアまつり会場

わんにゃんの介護の備え

わんにゃんの老化予防情報



炭酸ミスト

ア二ウォッシュ





熊本県10箇所保健所

データーマップ展示 啓発資料(熊本県健康機器管理課 熊本県獣医師会)





愛犬猫と同行避難

自助=準備するもの
共助=仲間 情報

迷子や保護した時の方法


災害時ブース


介護についての質問

アレルギーについての質問

肥満についての質問

異物摂取猫の質問

怯えて吠える対処の質問

様々なアドバイスをお伝えしました。


引き取りや殺処分や苦情などの問題

地域の問題として

適正飼養  終生飼養できるように支援や学ぶ場所ができる環境が

備われば地域は 本来あるべき形に変化していけると思います。

そんな情報を発信できたイベント・・

貴重な時間を感謝します。。

Posted at 2015年01月31日 14時46分46秒  /  コメント( 0 )

退院へむけて〜父 元...

美味しいだけでなく〜父 元男 リハビリ入院日記 5




理学療法

作業療法

毎日3時間とは別に

食堂までの移動を車椅子から装具装着して歩行の練習をしています。

そうして

本日は 自宅へ父を連れて帰りました。

担当 看護師さん 理学療法士さん 作業療法士さん ソーシャルワーカーさん

ケアマネージャーさん 介護用品の会社の方 介護ケア会社の方

7名の皆々様と母と私

車椅子から歩行への移動

手すりを使い 階段の移動  (上りと下り)

部屋からベットへの移動  立ち上がり

部屋からトイレへの移動  立ち上がり

部屋から洗面所への移動

階段の高さ

手すりの位置

ベッドの事

約90分 細かな打ち合わせでした。

本日の細かな観察から

リハビリのプラン

在宅介護用品のプラン

通所介護プラン

2月末の退院に向けて準備が始まります。


血圧も落ち着き  食欲もあるので

在宅での快適な生活が送れるように

機能回復の中で楽しみを見つけられるように

家族は サポート出来たらいいな〜と思います。






熊本にも 

わんにゃんのリハビリ専門外来

が出来たらいいな〜と思います。

Posted at 2015年01月30日 22時03分13秒  /  コメント( 0 )

熊本市愛護センターワ...

前回のワンニャン相談コーナー(介護)

熊本市愛護センターワンニャン相談コーナー 介護


本日のワンニャン介護相談コーナー

15歳 わんこ ♂

2年前より身体(前足)に触れる行為を嫌がるし吠えるということでした。

ヒアリングを重ねて

歩かせてみて

「吠える」「嫌がる」行為にならないようにアドバイス

高齢なので・・身体の痛みはあると思います。

こんにゃくでの保温

ツボ押しマッサージ

取り入れてもらうようにお伝えいました。

毎日の食事とおやつの選び方もアドバイスしました。

 



家族の愛に包まれながら

わんこの要求(吠える&咬む)には理由がありそうでした。

一つずつ削除して

本来の生活へ戻れるように支援出来たらいいな〜と思いました。


熊本市愛護センターHP

Posted at 2015年01月29日 18時51分10秒  /  コメント( 0 )

緊急事態発生!!発熱...

前回はこちら⇒平成9年3月生まれ::: ぷーちゃん日記5

2015.1.28朝

元気↓

食欲↓

熱  39.1

心拍数 150

呼吸数 30 ↑

くしゃみ 咳(飲水後)

唾液を嘔吐(1回)

高齢なので

用心が必要。。

昼の訪問ケアでは

熱は 39度

呼吸 27回

心拍数 120回

食事は食べ バイオアロマは飲みました。

身体の動きも表情も悪くないので一安心。。




それでも

熱と心拍数は心配なので

早めに動物病院へ受診をお勧めしました。


日々のにゃん日記を付けてあるので

「異変」に気づかれるのが早く

ぷーちゃんは  早く対応してもらえています。。

熱 呼吸 心拍数 リンパ節腫れ 身体動き 表情

毎日のチエックは重要だと思います。。
  

Posted at 2015年01月28日 20時13分49秒  /  コメント( 0 )

わんにゃんの足腰弱っ...

人間だったら・・・

痛みや歩行に負担がかかったら

様々なケアが施されると思う。

それは

未来の身体の為への予防でもある。。


では・・・


わんにゃんの足腰が弱ったら???

家族はどんな事を準備したらいいのか???

早期介護ケアプランを手に入れ欲しいのです。

早期介護ケア(道具 栄養 環境 医療)

動物看護師  増子元美が

今の「わんにゃんの身体機能」から「未来の生活」を予測して

在宅介護ケアプランを立てる時にお伝えしたい事。。

■どんな事を知って貰いたいか?

・車椅子(歩行介助)の存在   北海道もえれ製作所

・栄養の見直し (健康チエック方法と食事選び)

・疲労物質の排除の方法(マッサージやストレッチ)


■車椅子どんな風に使ってもらいたいか?

・歩けなくなる前に介助の道具として車椅子

・麻痺にて歩けない時の車椅子

・万が一歩けなくなっても立つための介助の車椅子(食事 排泄 楽しみ)


■どんな在宅介護生活をイメージ出来るか?

・障害が起きても生活の質ややりたいことを叶えたい。

・痛みや苦しみに繋がらない方法を選びたい。

・出来ない事ではなく 出来た事を大切に介護したい。


白石まつぞう日記

実家の愛犬=まつぞうは・・

亡くなる前日まで公園で自分で歩きました。

老いは・・日々進みますが・・

自分で食べれる

自分で歩ける

自分で排泄が出来る

出来る事を数えてもらう介護をしてもらいました。。



公園までの道のりは 歩行器やわんカートを使用しました。

まつぞうの家族は・・

歩行器やわんカートへの抵抗が  大きく ありましたが

まつぞうは・・大好きな散歩へ行きたい!その願いを叶えてもらえました。





いつか訪れるかもしれない 「老い」や「病い」を恐る前に

元気な時からシニアになったら。。

万が一 病気や怪我など・・足を痛めたら。。

準備をしてもらえたらいいな〜と思います。

Posted at 2015年01月27日 20時54分04秒  /  コメント( 0 )

平成9年3月生まれ::...

前回はコチラ

17歳にゃん嘔吐と下痢::: ぷーちゃん日記5





前回から約1ヶ月

ぷーちゃんは  おこたの上でお昼寝

私に・・スリスリしてくれて

おこたの中へへ移動


ご家族からの相談内容を伺いました。

嘔吐 下痢 は無い。。

食事の内容を変更したご報告。。

どうしても 大好きなドライフードの後は・・負担があるので

それに代わるものを探され「今」の献立になったそうです。

人間が食べれる食材で作られた  にゃんご飯

美味しく食べて

安定した消化吸収

安定した排泄

今のぷーちゃんには 合っていると言えます。

お気に入りの高い所への移動

階段を使えるようになり

なんと⇒ 痛がる足も改善

食事を変更して 

なんと⇒ 外耳の汚れが少なくなる

小さな変化ですが・・

高齢のわんにゃんにとって

身体が健全な方向へ移行するのは

すごく大きな事なんです。。


3月に18歳になるぷーちゃんが・・

毎日  幸せな姿になるように

支援出来る  動物看護師でありたいです。。


ぷーちゃのマッサージをしながら

ぷーちゃんに癒された増子元美でした。。

Posted at 2015年01月26日 21時23分37秒  /  コメント( 0 )

15歳 マックス君シニ...

14歳 マックス君シニア日記 6 介護スロープ検討中



今日のマックス君

元気 食欲 あり

‖僚鼎5キロ減なので 食事の内容を調整

∩安の負担 ⇒ マッサージ ストレッチ 琵琶のはこんにゃく(温熱)
 
8紊軋のナックリング  ⇒足裏ツボ押し 温熱刺激

ぢ麻痺 膀胱&腸麻痺対策 ⇒ 首から背中から尻尾まで

ゼ立起立のために  ⇒ 室内の床変更

お庭の芝生では自分で立てるのに

フローリングでは難しく怪我をしてはいけないので

ヨガマットのような 爪が入り パットが滑らない素材(汗を吸収)

夜中は飼い主さんと寝ているので寒さは緩和

しかし

お留守番時の体温維持

室温と湿度を調整してもらうことになりました。

ケージ周りを防寒対応へ

ケージの中に湯たんぽで

寒さによるエネルギー喪失を防ぎ

今以上痩せないようにお伝えしました。

Posted at 2015年01月25日 23時47分43秒  /  コメント( 0 )

「しこり」発見  15...

夢ちゃん鹿肉スープ15歳 夢君 在宅介護ケア61



右耳の下方向に 1.1ミリのしこり 

右後ろ足に  皮膚の発赤  を発見されました。

これらは 近日中に動物病院で検査をお勧めしました。


食欲

排泄

睡眠

ストレッチ

夢ちゃんとご家族には 無理なく過ごされていました。

爪切り 

陰部や足裏周りの毛をカットしました。

夕方に寝すぎると深夜に目が覚める時があるので

夕方は寝かせない工夫をしてもらうことにしました。

夜中の吠え声は

介護者には肉体的にも精神的にも辛いのです。。

その時間の管理もご家族で調整されているのですごいな〜と思いました。

夢ちゃんの優しい時間

寄り添わせてもらう  動物看護師にも 優しい時間になれます。(感謝)

 

Posted at 2015年01月24日 09時57分37秒  /  コメント( 0 )

わんにゃんぴっ塾 3期...

2期 2013年 1名 

3期 2014年 3名

お仕事の合間に受講してもらい  

健康チエックとチエック方法

不健康と栄養の関係

不健康とメンタルの関係

不健康と環境の関係


しっかりと観察  対策方法 

基礎を学んでもらいます。

わんにゃんぴっ塾 3期生日記


病気のわんにゃん

高齢のわんにゃん

いかに快適に毎日を暮らすか??

絶対専門家が必要と思います。。


パクパク食べれる時に・・・

テクテク歩ける時に・・・

スヤスヤ眠れる時に・・・

小さな変化を気付く人が

飼い主さん。。

小さな変化にアドバイスできる人が

わんにゃんぴっ塾生。。

飼い主さんと塾生と増子で

在宅介護ケアをより快適に送れるといいと思います。

わんにゃんぴっ塾生には

地域で活動してもらいたいです。。

介護に不安になる前に

介護で疲れる前に

わんにゃん介護ケアセンターへ

ご連絡して欲しいです。

080-4383-1199

Posted at 2015年01月23日 22時02分33秒  /  コメント( 0 )

(続)犬猫 栄養学講...

犬猫 栄養学講義を続けたい理由とは??






6人で一班 30名

各班による実習レポート発表

他の班の手作りごはん

目的=テーマ

レシピ=栄養素

5代栄養素を含む事が条件

90分

与えられた時間のなかで

計画した調理をし

動物に与える。

食べたか?食べないか?

次の日に健康チエック

嘔吐や下痢はないか??

排尿は?元気は??

レシピの栄養のバランスは取れていたのか?

取れていないなら何を補うといいのか?

自分たちの知識を使い

自分たちの能力で

それらを全てレポートにまとめる。

座学で「栄養」を学んだだけでなく

「喜んで食べる事」

「手作りの本当の意味」

「与えてみて分かること」

この最後の講義が

これから先

学生の皆が犬猫の栄養=食事を選ぶときに

必要な知恵となるでしょう。

そんな彼らの「力」を知る事が出来るレポートです。

私が 専門学校の時は  このような講義はなかった。

学生が「今」考えるテーマを

形にして  与え 検証して よりよい方法まで考える。

中身の濃い 実習とレポートになりました。

講義は残す所 1コマになりました。

良く頑張ったです。(拍手)

そうして

30名が 

未来の犬猫の栄養がわかる専門家

として輝くいて欲しい。

そんな 大切な講義が出来た事に感謝です。



Posted at 2015年01月22日 22時39分36秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ