メインメニュー
2014-01

わんこ喜ぶお散歩とは...

わんこの健康な身体に必要な運動とは??

■年齢 ■病歴 ■体型 ■犬種 ■性格 

微調整が必要なんです。

わんこの身体を傷めないように!!

わんこの心を楽しくなるように!!



お散歩の時間(長い・短い・ちょうどいい)

お散歩の方法(歩き・走る・自転車引き)

お散歩の内容(わんこ仲間・自由遊び・ボールやフリスビー・坂道)

お散歩の場所(アスファルト・硬い所・芝生・砂場・土)

お散歩時天気(湿度や温度は・・負担かかっていないか?)












先天性の骨格の病気

心臓病や椎間板ヘルニア

シニアドック

様々なケアーが必要だけれど・・わんこの喜ぶ姿・・

太陽と大地と風と緑と花々とわんこ仲間と

「癒し」の宝庫  =  お散歩

コトバなきわんにゃんは自分では お散歩行けないのです。

わんにゃんと家族の

優しい時間=お散歩  が選ばれますように・・・・

素敵なお散歩タイムを撮影ご協力ありがとうございました。

Posted at 2014年01月31日 21時59分09秒  /  コメント( 0 )

わんにゃんの家族の在...

動物看護師になって

動物病院で働いて

訪問看護の仕事をしていて

わんにゃんと家族の絆は・・・

わんにゃんの癒しには大きな力を出すことを経験しました。


2年前 お散歩も行けないくらい衰弱 余命2週間と宣言されたBDちゃん。

肝臓も腎臓も機能低下して食欲もどんどん無くなっていました。

動物病院では治療の変化がないので・・在宅で様子を看てくれとの事でした。

ご自宅へ訪問した時 BDちゃんを中心にご家族全員が集合されていました。

しかし ご家族の不安と悲しみがいっぱいでした。

そうなんです・・余命をカウントダウンされていましたから・・・

悲しく辛かったと思います。

しかし・・BDちゃんは・・・

お水も飲めるし

表情もあるし

私が持っていったおやつも食べれたし

マッサージを喜んでいるし

ご家族が BDちゃんに 今できることが沢山ある事をお伝えしました。。

その日から・・・

お水と野菜スープに変更

ドライフードは嫌がるので手作りごはんに変更

家族全員でマッサージや声かけに変更

なんと・・・歩けるようになりました。そうして

大好きなお散歩もできるようになりました。。

お散歩で見つけた四葉のクローバー

お部屋に飾られたビタミンカラーの花

最期の日を迎えるまで・・・最高の愛で包まれたBDちゃんでした。

命と別れ

大切な家族だからこそ・・諦めないで・・出来ることで・・

寄り添ってもらえるように・・

不安や悩みは・・動物看護師が共に考えて

わんにゃんと家族の命に優しい時間  笑顔 を送ってもらえると思います。

コトバなきわんにゃんが

大好きな家族と

大好きな場所で

大切な時間を送れますように・・・

Posted at 2014年01月30日 19時55分25秒  /  コメント( 0 )

なりたい自分を叶える...

熊本市中央区でペットサロン(トリミング ペット相談 ペット保育園)を起業し

頑張っているわんにゃんぴっ塾生 藤田明子さんです。

8年前 九州動物学院で栄養学を伝えた学生さんでした。

2012年再会し・・ペットサロンの「起業相談」から現在は「犬猫の健康と栄養」

毎月 わんにゃんぴっ塾にて 勉強されています。
 
ペットサロン犬人(いぬびと)看板犬 ジル君

ペットサロン 犬人(いぬびと)HP

「コトバなき動物が 家族と共に 健康で幸せに暮らしてもらいたい!!」

そんな大きな志をもってコツコツ頑張る姿は・・・頼もしいです。

彼女が体験する日々の学びや知識が・・・動物達に 社会に貢献されて

彼女のが叶っていくのだと思います。

わんにゃんぴっ塾は なりたい自分を叶える為の場所

その道標やお手伝い出来る存在でありたいです。



わんにゃんぴっ塾は随時受付しております。

 

      

Posted at 2014年01月29日 20時15分55秒  /  コメント( 0 )

14歳 夢君 在宅介...

お散歩の様子

途中で後ろ足の運びが弱くなったり 力が抜けたりするそうです。



お庭からベランダ〜ベランダからお部屋  いい表情



14歳 夢君 18歳まつぞう 快適生活の為在宅介護ケアTV出ました。

14歳 夢君 快適生活の為在宅介護ケアマネージメントTV撮影の巻

今日の相談は

■夜中〜明け方  排尿排便を寝たままになる事

⇒排尿のマナーパンツを試しに使って おむつ自律起立が難しい時は利用してもらう。

■肝臓の治療の事 

⇒3種類の薬が処方されているので薬効を聞いてしっかり与えてもらう。
⇒草を食べ過ぎないように食事を見直してもらう。

■お散歩の内容の事

⇒広い公園での運動は体にも気持ちにも良さそうなので介助しながら続けてもらう。パパさんとのお散歩の日はぐっすり眠れるのでこれはできる限り続けてもらう。

介護ケア☆まとめ

パクパク食べれる(食物酵素)(マッサージツボおし)

テクテク歩ける(要介助)(栄養素)(鍼灸月2回)(腰保温)(足ストレッチ)

スヤスヤ眠れる(要支援)(マッサージ)

咳(投薬)(保湿)(吸入)

肛門腺ケア(月1回)

少し介護要支援や要介護が増えるが慣れていけるように

これからもサポートします。

Posted at 2014年01月28日 19時54分10秒  /  コメント( 0 )

こむぎ君日記

こなつちゃんが・・天国へ旅立ち

家族の悲しい涙から優しい涙まで・・時間がかかりました。

こなつちゃんのカウンセリング3

そうして・・愛護センターから新しい家族へ



「こむぎ」君です。

なんと 咳が出るということで動物病院へ

左心室肥大

発覚しました。 そこで相談の依頼でした。

■痩せてると思うけれど体重は??

■食事について

■排泄について

■去勢手術について

■心臓の治療について



新しい環境になりましたが・・日々慣れて表情は明るかったです。

体重は・・・骨格がしっかりしているけれど心臓の為に太りすぎないように。

食事は・・・自然食へ変更  今までの習慣(味のついてるもの)が改善されるように

      気を付けてもらえてましたのでそのままOK。

排泄は・・・お散歩での習慣から・・ペットシーツでも出来るようにトライ。

心臓の治療と去勢手術は・・心臓の再検査をしてから獣医さんと決めてもらう。

家族の皆さんが・・・わんこの健康の事を勉強されている事

こむぎ君は賢く明るくしっかり話を聞ける事

これからは・・ずっと・・BESTパートナーになっていかれると思いました。

心臓の件は心配ですが・・これからの食生活と環境(運動)で・・整えられるように

サポートできたらいいな〜と思います。

Posted at 2014年01月27日 20時38分06秒  /  コメント( 0 )

熊本東区dai-dai 市Vol...

dai-dai市 Vol2 開催 

 会場の様子

わんぴー君出番です。

dai-dai市オリジナル相談シート

■椎間板ヘルニア
■排泄問題行動
■猫の発情期と乳腺腫瘍
■犬を迎える前に
■15歳猫11歳犬健康について
■食糞について

様々な悩みや問題を伺いました。

相談シートと聞き取りによって

専門家へ繋げる事例  在宅でできる事例 緊急かそうでないか?

小さな問題が大きな問題にならないように・・・

小さな問題をサクサク解決できる知恵を手に入れられるように・・

地域に密着した わんにゃんぴっ相談室

無事終えることで来てホッとしています。

dai-dai市実行委員の皆々様 参加者の皆々様 ありがとうございました。

中央区 東区 に続き 他の地区でのイベントに参加して

コトバなき動物と家族の優しい時間 笑顔 共に生きる

そんな毎日になるように・・・動物看護師は社会に貢献したいです。

出店

ハンドメイド(アトリエyurika、ミルティーユ、sevenseas、vanilla、増永さん、KEI、wlanat )
中津唐揚げ(吉野さん)
えづカフェバーガー(井出さん)
おにぎり・みそ汁(定食屋さん)
ヘッドマッサージ(バンビーナ)
ハーブティー(おれんじはーと)
木工工芸(橋本さん)
カラーセラピー(りえさん)
タロットカード(yurika)
ソフト整体(シンプルライフ)
お団子(えびすや本舗)
Dr.フィッシュ(松永さん)
ファームヤード(前田さん)野菜販売
Gyooza GoGo-ギョウザゴーゴー(叶さん)
コンパニオンアニマルパーティー・ペット相談(増子さん)

場所
dai-daiさん〜アトリエYurikaまでの店舗内外にて

Posted at 2014年01月26日 17時33分02秒  /  コメント( 0 )

続4 りかちゃん 14歳...

続3 りかちゃん 14歳 在宅介護相談2013 1209

1月14日に定期健診 心臓の聴診 心電図 血液検査 にて

3種類の薬の量が増えたそうです。

朝と夕方の投薬  食欲不振 軟便 の変化がでたそうなのですぐ

動物病院へ相談していただく事にしました。

高齢だし。1週間 元気なく食事があまり摂れないのは心配!!



天気 気温 湿度   ⇒ 心臓の悪いわんにゃんは大切な項目

元気 食欲(食べた時間) 体温 呼吸数  

排尿回数(時間) 排便回数と形状(時間)  ⇒ 利尿剤の効果
 
介護日記を付けてもらうようにお伝えしました。

毎日の変化

家族の介護と獣医療と訪問看護師

皆が共有できるデーターとして活用して快適な生活を

過ごして欲しいと思います。

Posted at 2014年01月25日 09時45分52秒  /  コメント( 0 )

9歳(推定)わんこ食糞...

食糞をやめさせたい時は?



相談シート情報

*性別 ♀  体重 22kg

*年齢 推定9才(1年前 愛護センター譲渡)

*性格 明るい。犬より人が好き。甘えん坊の慌てん坊。落ち着きがない。


*病歴  血液検査、1年前。

*検便、鉤虫+(H25/2、虫下し)

・疥癬

・脊椎神経繊維軟骨塞栓 疑い(突然の歩行困難、ステロイドにて改善)

・避妊手術、歯石取り

・大腸炎(下痢、血便) 2回

・胃拡張(緊急入院、点滴絶食にて改善)

・石や土を食べる 自分の便を食べる

* 食事内容 おやつ内容

* 生活環境

譲渡から・・消化器の病気 皮膚の病気 免疫が落ちていましたが

本日のカウンセリングでは・・

健康状態も精神状態もすごく落ち着いていてました。

愛されていることが伝わります。

食糞に関しては・・愛護センターに保護されるまで

かなり危険な放浪していた時期が考えられました。

食べる事 水を飲む事 自分で生き延びてきた知恵が感じられます。

しかし・・

便や石やどろを大量には食べて欲しくないので

まずは  消化を助ける(食物酵素)食材を試してもらうことにしました。

写真のとおり・・・おやつを食べるときは・・・バタバタしますが・・

それ以外は・・とてもお利口さんでした。

脊椎の病気もあるので・・階段やジャンプは・・着地の際負担がかからないように

気をつけてもらいます。

毎日の食べるもの 運動 自律神経ケアマッサージ

今までの習慣を少しずつ変えていけるように これからも

サポートしていきたいです。

Posted at 2014年01月24日 21時15分58秒  /  コメント( 0 )

ぷう子ちゃん網膜剥離...

外で歩く時に物にぶつかる??

すぐ熊本の主治医を受診

久留米の眼科専門医で精密検査

その結果を聞かせてもらいました。

わんこの網膜剥離と白内障の在宅介護相談の前に




右目 白内障

左目 網膜剥離

右目は来週 オペになりました。

左目は 緑内障にならないように定期検診と指導されたそうです。

動物看護師の役目はこれからです。。  

わんにゃんは

たとえ失明しても光を失っても

動物たちは希望を失くしたわけではありません。

大好きな家族

大好きな場所

大好きなごはん


幸せを感じることができます。

不安にならないように  危なくないように

生活環境を整え ⇒ 足の裏で感じ 鼻や耳を利かせる 段差や危険なもの排除

栄養管理を見直し ⇒ 遺伝子を傷つける食事やおやつから遺伝子を守る食事へチエック 

より健康への道標をお伝えできました。

白内障が比較的早めに現れてからの・・今回の失明は・・飼い主さんは辛いと思いますが

視力だけではなく・・外耳炎の事 ♀なので偽妊娠や乳腺腫瘍や子宮卵巣など

トータルで健康チエックで転ばぬ先の知恵で

ぷう子ちゃんの笑顔のためにひと踏ん張りしてもらえたらいいな〜と願います。

Posted at 2014年01月23日 22時41分30秒  /  コメント( 0 )

わんこの網膜剥離と白...

大切に育てているわんこやにゃんこが・・・

失明したり病気になるのは辛いし悲しいことです。

しかし・・病名と原因がわかった以上は再発しないように

ご家族と今後の病気の事を学び

わんにゃんが快適に生活できるように守ってあげたいです。

日本眼科学会網膜剥離


日本眼科学会白内障


若くして網膜剥離や白内障になった方々の話は聞いていました。

遺伝的な場合  栄養学的な場合 医原的な場合もある。。

では・・自分の目もわんにゃんの目もどうして守ればいいのか?

まずは発症になるまでの情報を集めます。

今までの生活環境 遺伝的な情報 病歴 食事 おやつ 性格 などなど

遺伝子を傷つける物が見つかれば・・・除去

コトバなきわんにゃんだからこそ・・

家族が落ち込まれないように・・支えていきたいです。

Posted at 2014年01月22日 21時06分47秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ