メインメニュー
2014-01

チェリーちゃん14歳ル...

「胃捻転」「胃拡張」「鼓腸症」になりませんように!

最初相談から早速 テルミー を在宅でやっていただきました。

イトオテルミーとは??

テルミーはギリシャ語の“温熱”を意味する言葉。

イトオは、開発者の伊藤金逸博士の 「いとお」からだそうです。

高齢になったり

寒くなると  どうしても筋肉や関節や腱を動かさないで

じっとしてしまう。。その間違った姿勢で・・体が歪みが出てくる。

高齢にわんにゃんの歩き方を見て欲しい。

トボトボの歩きや段差などで転びやすくないですか?

首や尻尾が上がらなくなってませんか?

背骨が曲がり丸くなっていませんか??


こんな時は・・・静かに・・家族の優しい手で手当をお願いします。



チェリーちゃんの写真送っていただきました。


気持ちよさそう



びわの葉と棒灸

この温熱ができないときは  

板こんにゃくを温めて使います。

ポイントは・・

わんにゃんが気持ちいい

顔の表情や体のリラックスをキャッチしてもらいます。

チエリーちゃんの場合は  腰だけでなく 消化器系にも癒しが必要なので

食事管理と温熱とを 家族の皆々さんが無理せず続けれるように

シニアワンライフをケアマネ−ジメントします。
 

Posted at 2014年01月11日 13時26分44秒  /  コメント( 0 )

わんにゃんと暮らし始...

私は、動物看護師としてCompanionAnimalPARTYを事業として働いています。

コトバなきわんにゃんの健康は

飼い主さんであるご家族が選んだ

動物病院の獣医療

在宅での看護や介護ケア

大切な時間を正しい知識と愛情で癒してもらいます。

その大切な動物病院に対して信じなかったり頼れなくなったりの相談を受けます。

それでは ダメダメなんです。

大事な家族だから

言葉喋れないから

ご家族は・・わんにゃんの分しっかり動物病院と仲良くなって欲しいです。

わからないことはきちんと聞いて

治療方針納得して在宅で看護して欲しいのです。

熊本に帰ってきて15年 

熊本で開業されている動物病院の先生やスタッフの方々可能な限り

お会いしてお話をさせていただいています。

そうして・・今回・・お話させていただきました。感謝です。

病気の事 看護の事 ソーシャルワーカーの事

佐久間 まさと先生 佐久間 より子さん

沢山学ぶことができました。

できたら・・南区城南町で佐久間先生のお力を借りて

ペット同伴避難訓練ができたらいいな〜と思います。

72時間 自分と愛犬愛猫愛鳥 自助 準備して欲しい。

同時に 助け合う仲間 共助 も必要です。

わんにゃんは緊急時は動揺したり暴れたりするかもしれない

逃がさない 怪我させない 怪我しない

しっかり安全確保 メンタルケア 日頃からイメージ出来るといいな〜と思います。

城南さくま動物病院

Posted at 2014年01月10日 16時55分58秒  /  コメント( 0 )

南阿蘇のドックガーデ...

1月8日 14時 あいにくの雨でしたが・・

南を翔る風

〒869-1412 熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2848-1

おじゃましてお話をさせていただきました。

愛犬や愛猫と家族が癒される場所を LIST UP 中です。

その為には オーナーの方々とお会いしてお話して

想いや理念を聞かせていただきます。

「ドックガーデン南を翔る風」栄養士さんでもありトリマーさんでもあるオーナーさん

6頭のわんこ のびのびした生活を見せてもらいました。

勉強会のテーマとして3つ希望がお有りでした。

食事選びや与え方について

シャンプー選びについて

動物病院との利用について


コトバなき動物と家族の為

知恵ブクロを

お渡しできたらいいな〜と願います。

Posted at 2014年01月09日 18時18分35秒  /  コメント( 0 )

14歳 マックス君シニ...

排便が 定刻まで我慢出来なくなったり 踏ん張りがきかない

今日は 腰が下がって少しきつそうです。

歩き過ぎにならないように 痛くならないように

姿勢が悪くなるので疲労物質を分解できるように 栄養素増やしてもらいました。

前回はこちら

14歳 マックス君シニア日記2 テクテク歩けるために・・・




新たな心配が見つかりました。

主治医の先生から「脾臓が大きい」という診断でした。

オペになるか?

治療法どうするか?

来週そのための 詳しい検査です。

飼い主さんは 麻酔の後がとても心配なので

今の足腰の症状や胃腸の症状をしっかりと診察して

これから・・どうなるのか?しっかりと主治医の先生とお話を重ねてもらいます。

14歳なので・・開腹手術は出来るだけ避けたいと言われていますが

病気は獣医さんへ 在宅では栄養と身体の管理(介助)をしてもらいます。

歳には見えないように 細胞を元気にして治癒してもらいたいです。

Posted at 2014年01月09日 17時50分25秒  /  コメント( 0 )

シニアも授乳期も食べ...

嘔吐や下痢 食欲不振などで

ドックフードやキャットフードが食べれない時がある。。

水分が飲めたら次は体に優しい

白湯 ⇒元気サポートスープ⇒ 体調をみて変更鶏ガラスープ⇒排便をみて変更します。

胃腸を守りながら栄養を選ぶ知恵を沢山の飼い主さんへお伝えしたいです。

現実には

愛犬愛猫が病気で介護するとき・・・材料を買い物したり 調理する時間がない時

P愛デリシャスさんの食材の選び方と丁寧な作り方は安心です。

毎月1回 調理の様子を見学し感動しています。




店長 Pちゃん 愛くん




P愛デリシャス/



産後授乳期のママごはんと離乳期子犬ごはんのためにも




わんこ出産・育児のサポート3



 愛犬KOUもワクワク中

体が癒されるために・・できる限り負担をかけないで・・美味しく食べて欲しいと願います。

Posted at 2014年01月07日 19時07分26秒  /  コメント( 0 )

脱ステロイド中 11歳...

アレルギー発症は 10年前。。

最初は 部分的湿疹から始まり

食事

おやつ

栄養素

シャンプー

コントロールできなくなり治療薬と処方食へ

生活のスタイルが変わりステロイドが手放せない状態でした。

しかし・・

本日は環境を元に戻してもらい 食事も自然食へ変更

多少のかゆみに関しては・・クールダウンをお勧めしました。

炭酸ミストもひどい所にはいいのではないかと思います。



白内障 足の弱り爪の痛み

少し問題があります。

今以上痛みが起きないように在宅介護サポートを提案しました。

わんこと家族の笑顔が

優しい時間が流れますように・・・

|沙瀬潺好l

Posted at 2014年01月06日 23時34分30秒  /  コメント( 0 )

愛犬愛猫の介護の不安...

元気な子でも高齢の子でも病気や怪我などがいつ起きるかわからない!

そんな時のわんにゃん介護基礎知識を伝える場所を作りたい。

熊本市の場合

中央区

北区

東区

西区

南区

地域密着した相談ができたり介護方法を学ぶ場所があつたらいいと思う。

困ったら・・

困る前に・・

家族の悩みや不安は・・コトバなきわんにゃんにも伝わってしまう。。

笑顔で優しい時間に・・1日でも早く解決して欲しい。。


第一回 わんにゃんぴっ介護健康相談会

日時:2014年1月19日(日)13時〜15時

場所:ペットサロン犬人

   熊本市中央区琴平本町12-17

内容:^Ωぐηの介護の心配解決へ先着12名 10分500円
   
   愛犬愛猫の介護用品展示(おむつ 歩行器 わんわんたっち ワンダフルブラシ)
   
   機能を衰えさせないために介助道具など

   
   愛犬愛猫の炭酸ミスト体験(1000円)



問い合わせ: 

CompanionAnimalPARTY 動物看護師 増子元美

080-4383-1199  

wanp@cap-masuko.com

Posted at 2014年01月05日 16時43分47秒  /  コメント( 0 )

2014年の書き初め

第36回わんにゃんぴっな時間 新春笑文字書き初め

新しい年を迎え 

自分の事 家族の事 仕事の事 未来の事

この1年を「笑文字」で表現♫

日時:2014年1月4日11時〜1時まで

場所:茶房たまや
   熊本市中央区菅原11-15  372-4544

講師:高見憲子先生



内容:笑文字で書き初め2014
   1年はあっという間に過ぎてゆくけれど
   自分の大切な目標を笑文字で・・

 会場 茶房 たまや

可愛い高見憲子先生

皆さん真剣練習中


参加者作品と集合写真

写真のあとは・・ぜんざい抹茶セット

素敵なわんにゃんぴっな時間です。

たまやさん

高見先生

参加者の皆々様  ありがとうございました。


2014年 増子元美の決意

コトバなき動物と家族が優しい時間を送れるために・・

共に考えたり寄り添ったり歩む1年になりたい。

Posted at 2014年01月05日 09時11分30秒  /  コメント( 0 )

「胃捻転」「胃拡張」...

「胃捻転」「胃拡張」「鼓腸症」

大型犬に多いと思いましたが

今回は Aコッカースパニエル  14歳 胃拡張 鼓腸症でガスを抜く処置をしました。

飼い主さんは 愛情たっぷりで 早期検査 早期治療で愛犬を守られています。

再発をさせたくないし 何を選んだらいいのか?悩まれていました。

今回の相談は「手作りごはんを与えたい」との事でした。

手作りは・・・材料が厳選できて保存料や添加物なしで与えられるので魅力です。

しかし14歳高齢 椎間板ヘルニアを発症したこともあるということで

とにかく慎重な栄養管理が必要と思います。

手作りで・・5代栄養素をバランス良く作れるか?

実はなかなか難しいのです。そこで・・

信頼できるドックフードの量を減らし手作りを追加し

手作りメニュー(食材)

排便(太さ 長さ 色 匂い 硬さ)チエック 

排尿(回数 量 匂い)チエック


データーを2週間集めてもらうようにお伝えしました。

その間に 精密健康検査を受診予定なので

他の臓器の情報も集まると思います。

とにかく・・・再発を繰り返すことはわんこにも家族にも不安です。

脊椎の疾病があったので・・・

消化器 泌尿科器 にも影響は受けると考えられます。

毎日の動き方 排便 排尿などは重要なサンプルです。

14歳からの健康LIFEのお手伝いが出来たらいいな〜と願います。

Posted at 2014年01月03日 21時47分42秒  /  コメント( 0 )

18歳になりました。続1...

続11 シニアライフ まつぞう 

家族の悩みは・・

’喨悗版喃△量簑

1日3回〜4回の排便  日中はいいのですが

朝5時から6時の間に目覚め 体につけたり床を汚したりしてしまいます。

そこで・・紙おむつとおむつカバーで対策中

今まで10年間 5時に起床 お散歩へ行っていた習慣は・・

まつぞうの中にプログラム記録されているようです。

(足腰が弱り排便を踏みつけてしまうので介助が必要)

介護環境の問題

滑り防止だけでなく ストーブに近づい危ないので・・

使わなくなったもので簡易フェンスを作成してもらいました。

食事台も首や腰を痛める前に準備をお伝えしました。





今まで我慢できていた排泄ができなくなり介助や身体や周りを汚してしまう。

家族の負担が大きくならないように色々な事を試してもらいます。

フラフラするけど・・自分で立てて歩けて食事も飲水も出来る。

排泄もできることがすごいのです。介護側の余裕がなくなっているので

できる限り問題を解決できるようにサポートしたいです。

Posted at 2014年01月02日 23時32分52秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  | 次へ