メインメニュー
2013-10

 続 8歳 ももちゃ...

8歳 ももちゃん♀とアレルギー性皮膚炎

栄養相談(食事と栄養素)

皮膚ケア(炭酸ミスト)(シャンプー方法)(保湿)

メンタルケア(場所慣れ 運動)

これからの

ももちゃんの快適シニアライフ

お薬は最低限に抑えるためには・・コツコツの介護が必要です。

しかし その結果がこの通りです。

炎症が収まり 色素沈着が収まり 念願の被毛が生えてきました。

飼い主さんは・・こんなになる前に・・

もっと早く気づいてあげれば・・と苦しい思いを胸に

しかし 毎日毎日を諦めないで 毎日毎日前向きに 介護されました。

ふさふさの被毛になるまで・・共に目標にサポートします。








皮膚の色の変化

被毛が生えてくる変化


尻尾も被毛が♫

痒みで掻くこともゼロではありませんが・・・

そんなときは炭酸ミストでケアーしてもらっています。

獣医さんからステロイドを禁止されて・・悩まれましたが・・

今は痒みを軽減しながら毎日を笑顔で過ごしてもらえる日々です。

これからも「希望」を持って介護してもらえますように・・

Posted at 2013年10月12日 10時21分25秒  /  コメント( 0 )

愛犬KOU 震え!!

まつぞうとKOUとお散歩

まつぞうは17歳のペースに合わせてのゆっくりな時間。

まつぞうが止まっている時は KOUはお座りして大人しく時間調整。

帰宅後 まつぞうの足を拭いてマナーバンド付けて

(その間 ジーッと見ている)

次に KOUも足を拭いて まつぞうは抱っこして2階へあがりました。

その後から KOUの様子がおかしくなりました。

歩き方がおかしい

しっぽをふらない

震えが止まらない


熱と嘔吐や下痢はないのですが

元気喪失。。

食欲はあるので一安心

元気サポートスープとメシマコブ

びわの葉温灸

びわの葉腹巻

震えが止まり しっぽが上がりました。

本調子ではないですが・・

安静にしています。

突然やってくる症状 

明日も改善 治癒なければ・・主治医に診察が必要です。

11歳細かな観察が必要な年齢になりました。

精神的なストレス(ヤキモチ)もKOUの視線で感じました。

本日はしっかりスキンシップします。

Posted at 2013年10月11日 21時28分37秒  /  コメント( 0 )

優しい涙  mimiちゃん

在宅介護の相談依頼から

手作りスープ

びわの葉

マッサージ

不安の解決

最期の日メールを頂き

お手紙とお花を届けに行きました。

あれから・・・時間が流れ 本日

お会いしてお話することができました。
悲しい涙ではなく優しい涙が光って見えました。



亡くなってひと月頃書かれたお手紙をいただきました。

淋しい気持ちは変わりませんが・・
何故かいつも一緒にいてくれるような気がしてなりません。
本当に可愛い我が家のアイドルでした。
これからもずっと思い出を大切にしながら
しっかり供養をしてあげたいと思っています。


びわの葉


可愛いはがき

在宅での治療の事

通院での検査の事

いつもしっかりと悩まれ考えられ結論を出していただきました。

そこには いつも 「mimiちゃん」の気持ちに寄り添われていたのがすごく

分かりました。

mimiちゃんとご家族の愛情と暮らし方見せて頂き

私は沢山の事を教わりました。

天国でmimiちゃんと再会するまで しっかりと

生きていきたいと思います。

Posted at 2013年10月10日 21時29分12秒  /  コメント( 0 )

10期生 専門学校 栄...

前期  頑張った栄養学  座学

その知識を使って  実際にわんにゃんのご飯を作り

「楽しそう!!」だけではなく

バランスよく手作りする

大変さを知る事が出来る実習なんです。

同時に 犬や猫が食べるための食材選びや調理方法の難しさも知ることになります。

毎回 奥の深い実習です。


“彪茲瓠文沈を認めながらチームとして協力取り組み達成感共有)

∪嫻ぜ垠茲瓠僻苗后”班長 書記 実習係 発表係)→全員が責任持ち取り組む

テーマと目的決め(それぞれの意見を出し班としてのテーマを決める)

ぅ董璽泙帽腓錣擦謄瓮縫紂七茲瓠平材選びと調理法選び)

ゥ織ぅ爛好吋献紂璽襪判猗物 

実習→試食→観察(当日と翌日)健康チエック

発表の準備(メニューの食材栄養素について 実習の様子 試食の様子 次の日健康チエック 

良かった点 反省点 考察)

先輩の様子はこちら

9期生 専門学校 栄養学講座 実習編

栄養学が何故大事なのか??

伝えられる専門家を地域に多く存在したら

わんにゃんの生涯は大きく変わると思います。


私が子供で高校生の時は・・・何も知らず食事を犬に与えていました。

今は「健康管理」と「食事の選び方」と「未来への予測」で

アドバイスをお伝えできるのです。その専門家を沢山にしたい。。

学生の皆にはわかりにくい講師にならないように・・

学生の役に立つ実習にしたいです。

しっかり

栄養と健康

伝えたい。


 

Posted at 2013年10月09日 16時35分11秒  /  コメント( 0 )

テクテク歩けるよ♪ ...

テクテク歩けるよ♪続5 シニアライフ まつぞう 

本日のまつぞう

元気 食欲 は変わりない。。

筋肉が弱った分・・どうしても歩行時滑りやすいのが心配である。

ちゃぶ台の下が まつぞうのベット そこにはフワフワのタオルがあるので

自分で立ち上がることは出来る。

そこから台所で食事 廊下設置トイレで排泄

その通路が不安定なので・・立てなくなる前に歩けなくなる前に

今=ヨガマットのようなものに変更予定です。

2年前位から1日2回の排泄でしたが今は数回になりました。

17歳ですが・・・食べること寝ることお散歩などはわかります。

排泄に関しては自力で移動(ヨロヨロしてウンチ踏む時もあります)

老いるという事は自然な事

そんな大切な毎日に家族の声や匂いや手当 愛情を感じて欲しいです。



81歳 77歳の飼い主さんにとっても

介護疲れしないようにサポートが重要と思います。

Posted at 2013年10月08日 20時02分19秒  /  コメント( 2 )

14歳 ひめちゃん 乳...

14歳 ひめちゃん 乳腺腫瘍と腎臓ケアー相談

乳腺腫瘍の大きさ

食欲 便の様子 

肝臓の事  心配な点を聞いて解決へ

みかんちゃんの目と皮膚も安定していました。

シニアライフを快適に優しい時間を送らせたい!

そんな願いに沿うように

ご自宅では健康チエックとスキンシップをしていただきます。

早期発見早期治療

毎日の生活にて

早期治癒力をあげるようにです。



お庭が見える大好きな場所で


ひめちゃんの娘みかんちゃん 

Posted at 2013年10月07日 20時53分21秒  /  コメント( 0 )

快適な生活〜命に関わ...



お散歩でお話をする

そらちゃん・・いつも飼い主さんが抱っこでお散歩でしたが

今日はテクテクランランでした。

悩んでいた膝のオペを3ヶ月前に受けたそうです。

私も関節が変形する前に・・

痛みがひどくなる前に・・お伝えしていました。

神経的な軟便

お腹の調子も良くなり 今は快適ライフが送られていました。

獣医さんの説明とカラダの異常と

きちんと判断されいい方向へ導けて良かったと思います。

このように

走れるために

歩けるために

食べれるために

家族の皆々様の悩みを解決する役目

わんにゃんと家族の笑顔が嬉しいです。

Posted at 2013年10月06日 16時39分43秒  /  コメント( 0 )

第33回わんにゃんぴ...

第33回わんにゃんぴっな時間 IN 江津湖

日時:10月5日土曜日 11時〜1時

内容:
〜大切なパートナーと同伴避難訓練〜
自然災害や緊急な時  
自分と大切なパートナーの72時間守れるのか??

場所:上江津湖公園
   
持参:わんこの場合は鑑札 狂犬病済票 名前札
   にゃんこはの場合 名前札
   

なんと雨が降りましたが 続々 皆さん集合されました。

アリスちゃんエンジェルちゃん









PIACK企画ペット非常時リュック

安全確保クレート

両手使える風呂敷とレインコート

安心キャリーバック

わんこレインコートと雨よけブルーシート


皆さん真剣!!谷茂岡さんに災害時の対策を教えてもらいました。

15名14わんこ記念写真



■避難場所でのアンケート内容は・・

,錣鵑砲磴麁数 

避難した犬14頭  ご自宅待機犬16頭 猫2頭  

⊇撒錙 

熊本県熊本市中央区(6名)東区(4名)南区(1名)西区(1名)阿蘇地域(2名)埼玉(1名)

H鯑饂応援が必要か?

多頭飼育のためクレートやゲージ  運搬のお手伝い

ずい辰燭海箸覆い?

歩かせられない時は? 怖がりの猫は? 食事が生食の場合は?

雨の中 各自 雨や怪我無いように準備され なるべく両手を空けれる工夫もされていました。

集合した場所は 雨をよけれる場所で

怖がりさんや強がりさんの吠える声を想定しましたが

初めての場所と人とわんこ が集まりましたが 14頭いるとは思えない程おとなしかったです。

実際の避難所での受け入れをしてもらえるためには

自分が避難する場所 わんにゃん同伴出来る場所 わんにゃん協力仲間

準備や練習が必要と思いました。

参加者の皆々様 わんこ 本当に事故もなく無事終えることができました。 

Posted at 2013年10月05日 19時54分46秒  /  コメント( 0 )

続 16歳わんこ立てて...

7月の初めての相談

16歳わんこ立てて歩けなくなる前に・・・

床ずれも回復して元気だそうです。

貸出していた

介護用のベストを返却してもらいました。

1週間前 飼い主さんが体調不良

家族会議にて 老犬ホームへ預けることになったそうです。

時間取れたときは

車で20分 家族全員で面会へ

食欲があるので・・体が元気になる食事を作って持参してもらっています。

施設へ預けることの罪悪感ではなく

施設でより快適に過ごせるための知恵をこれからも

引き続き続けていただけると思います。

動物も人も老いる事は止められない 

最期の日まで「優しい時間」が流れますように・・

Posted at 2013年10月04日 14時45分15秒  /  コメント( 0 )

テクテク歩けるよ♪続5...

テクテク歩けるよ♪続4シニアライフ まつぞう l

今日の介護者の悩み

「排便について」

排尿は「部分的=おむつ」

排便は「広めのペットシーツ」管理できていましたが

排便の回数 排便後の掃除など

飼い主さんのストレスが大きくならないように

クレートを状況に合わせ 使うことを提案しました。

排便回数が増えた時

軟便や下痢になった時

嘔吐の時

お留守番や目が届かない時

災害時移動する時

掃除するのは簡単だが・・

1日何度も何度も繰り返すことは・・疲れや怒りが来るかもしれない

だからこそその前に・・試して欲しいのです。

老いることとは

できることができなくなる

でも

できなくなったら どのようにしてサポートするか?

そんな 優しい時間 まつぞう在宅介護になりますように・・

公園まではキャリーバック
公園から自宅まで自分で歩けるよ!!

腰と膀胱と腸守る

Posted at 2013年10月03日 20時39分50秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  | 次へ