メインメニュー
2013-02

動物病院では聞けない...

動物病院でお勤めの動物看護師さん

なかなか毎日お忙しい。。と思う。。

そこで活躍するのが

フリーの動物看護師

え〜〜〜

どう違うのか?


動物看護師増子元美の仕事


わんにゃんと家族に密着して

動物病院と家族の関係を繋げ

わんにゃんと家族の笑顔の毎日を送って欲しい。


わんにゃんと暮らす前にわんにゃんの習性と飼育する環境を知る。

わんにゃんと暮らしたら相談できる場所がある。

わんにゃんとの出会いと同時にいつか別れがあることを知る。

わんにゃんが病気や老化の時介護や看護の関わり方を知る。


ドックラン ペットショップ トリミングサロン ペット霊園 

ペット関連の事業の時の相談も受ける事があります。

現在は 熊本県内での動物愛護活動についてのコーディネーターとして

依頼を受けています。

動物看護師だから動物の習性を病気を知るプロ

地域の飼い主さんの悩み 地域の皆さんの苦情

寄り添い解決出来ると思うのです。

熊本に帰ってきて 

「わんにゃんぴっ相談室」を作って

こつこつ

[CompanionAnimalPARTY]事業部門

今の形に出来上がりました。

そうして

これを広めたい! 

47都道府県動物総合相談所を作りたい。

地域動物の苦情や悩みや問題を解決する場所。。

動物看護師が社会的貢献として活躍できる場所。

未来の名刺

動物看護師の職業に誇りを持ち

仲間達とキラキラと仕事出来るようになりたいです。

Posted at 2013年02月28日 17時08分48秒  /  コメント( 0 )

愛美ちゃんシニア介護...

昨日 電話で在宅介護相談を受けました。

日頃の様子を教えて頂きました。



詳しくをメールで

11歳7月 肝臓疾患 発病〜14歳3.月まで、内服薬、サプリメント、食事療法

14歳4月、再び悪化、内服薬、サプリメント受付なくなり、

それから今日に至るまで肝臓サポート&手作り食

毎日きちんと2食、排便2回

2週間前より後ろ脚がおぼつかなくなり、食事介助が必要になる。
(それまで肝臓サポートはドライのまま)
1週間ほどは ふやしたフード、手作り食を食べていたが、ここ数日食事が摂れなくなったが、
昨夜から お粥食、今朝は ふやかしたフード&鶏ガラスープを食べる。

排尿はベッドの中がほとんど。排便はかろうじてベッド外。

写真昼間は瀬菜とほとんど寝ている。(あみ、瀬菜、次郎はゲージ外にて)

今後はストレスをかけないことを一番に考え、痛み、苦しみなど感じられたら病院に。
延命治療はしない。

昨年から夢来が執拗にアミを威嚇。
全員がゲージから出てるときは あみだけ、別室にて保護?



愛美ちゃんシニア介護ライフ

今の悩みは

夜中2時位の排泄や要求で起きる事

食べすぎ後元気ない事




ストレッチ マッサージ 栄養療法 

排尿で身体が濡れない工夫

介護疲れされない様にお伝えしました。。

Posted at 2013年02月27日 22時29分15秒  /  コメント( 0 )

わんにゃん在宅介護の...

熊本に帰ってきた1998年8月

わんにゃんの 色々な相談を受けてきました。

そうして

色々な失敗や嬉しい事もありました。

動物看護師は 病気の治療はできませんが

介護する看護する家族に寄り添う事が出来ます。

そうして

毎日の食べる事

毎日の運動やストレッチやマッサージ

毎日の健康管理

病気や怪我から守ることが出来ると思います。


わんこもにゃんこも

本来の習性 

各わんにゃんの個性

そこをちゃんと理解してもらう重要な役割。。

アレルギー性の皮膚炎

家族は今 愛犬の健康どれを選択するか??

西洋医学?東洋医学?代替療法?

揺れ動かれていました。

コトバなきわんこのメッセージは

だれもわからないかもしれない。

しかし家族には伝わっていると思う。

その家族の為に・・最初の一手(進む方向)をお伝えできる自分でありたいです。

難しいけれど乗り越えたい!!

Posted at 2013年02月26日 23時23分28秒  /  コメント( 0 )

続 シニアライフ ま...

まつぞうくん。。

寝る時間が長くなりました。

しかし 春だからなのか??

マーキングためのお散歩は

ぐんぐんと力強いらしい。。

老化は出てきているので

咳がちゃんと出来なくて 痰がからんむ。。

食道の筋肉が緩んで 飲みこみ(嚥下)がうまくいかない

排尿のきれがうまくいかない

可愛いおじいちゃんわんこです。


嘔吐にならず嚥下しやすい形の食事

失禁を進めない様にマッサージ

後は

家族の愛情120%

ばっちりです。

前回は↓
続 シニアライフ まつぞう 

3回 飼い主さんが変わったまつぞうですが・・

実家の両親 最初慣れるまでは・・・心配でした。

今は「はっぴー のんびり 3シニア らいふ♪」

毎日更新中です。

水前寺で見かけたら。。。

「まつぞう〜〜〜」と声かけてください。。

Posted at 2013年02月25日 19時12分28秒  /  コメント( 0 )

初体験!!!麦フミフミ

菊池川 七城町 農園見学に行きました。

無肥料 無農薬

初 麦フミ




手作り味噌(2年熟成) 玄米もち ネギ  美味でした。




続いて

山鹿「田代さんの苺」

「大自然が育んだ野草のような苺」

無農薬 無肥料 ???

試食しました。。

すごい!!甘い!!

動物看護師として

遺伝子栄養カウンセラーとして

健康な体と栄養についてお伝えします。

元気な野菜や果物や穀物 食物

生産者さんの想いを聞きながら

土や自然の声を聞きながら

「自分や家族 生かされている命」

に気づかされます。

本日も すごい農業の達人の皆様と出会え感動しました。

Posted at 2013年02月25日 00時33分36秒  /  コメント( 0 )

ムック君の身体と心の...

定期的に栄養&健康相談のムック君。

本日

元気 食欲 出すぎ

飛び乗る!!飛び降りる!!

ちゃっと動いてしまうそうである。

しかし・・・背骨は曲がっています。

体重管理は出来ているので安心しました。

再度 足の麻痺が来ては困るのである。。


だから・・

段差を物理的に減らす工夫(踏み台)

ゲージやリードで興奮や運動をコントロール


病気は痛みは動物病院だけれど・・・

再発や苦しいのは動物なんです。

その再発から守るのは・・家族です。

介護する家族だって

わんにゃんが病気や怪我する時 同じ苦しいを知っています。

コトバなき動物達と家族が・・・

無言で教えてくれた事。。。

ちゃんと伝えたいと思う。

前回の様子

ムック君の身体と心のケアー3 転ばぬ先のアドバイス

Posted at 2013年02月23日 18時55分13秒  /  コメント( 0 )

たった一つの命は・・・

飼い主がいない野良猫

その母猫が産んだ 小さな小さな子猫

他の兄弟は母猫と

残された子猫(Nちゃん)は保護され大切に育てられました。

大きな病気はしませんでしたが・・

食いしん坊(トラウマ)での肥満管理

膀胱結石の管理

家族は出来る限りで対応されていました。

結石と膀胱炎が原因で尿が出なくなる。。

動物病院できちんと検査も治療もされていました。

しかし・・

12年の命の炎が消えたとメールが来ました。

「獣医療について」

「自分の選択 決断について」

これから 御一人で受け止めなくてはならない。。

悲しみのココロへのコトバがかけれない。。

しかし

出来る事が必ずある。。

Nちゃんの毎日は 

家族の愛100%に包まれていたことをNちゃんに伝えるために祈ろう。

ご家族の悲しみの涙が  どうか・・優しい涙になるまで祈ろう。

「命」

授かった時から終わりの時があるからこそ

その大切な「命」を伝えられる動物看護師でありたいです。

Nちゃんに今度会える時まで

しっかりと

沢山の土産話が出来るように頑張るね。。


Nちゃん。。大すきな ママの事を守って下さいね。

Posted at 2013年02月22日 17時59分58秒  /  コメント( 0 )

これいい〜〜!!わん...



わんにゃんのシニアライフには・・保温&保護が必要となります。

なんと・・飼い主さんと大型犬には嬉しい商品見つけました。

測り売りの腹巻

切った後がほつれません。

色見本見せてもらいました。。(おしゃれ)

わんにゃんの介護は・・大変だけれど・・・

大切な命

大切な時間

わんにゃんだけでなく 家族も落ち込まないで欲しい。。

介護の相談は 動物看護師ですが・・

介護用品の色々は

わんにゃんと家族の為に・・・大切な存在です。

これからも そんな「優れてる〜〜」を集めます。

ちなみに・・

この商品は

熊本 パルコ 2F です。。

親切な接客も素敵です。。

Posted at 2013年02月21日 16時49分27秒  /  コメント( 0 )

肥満細胞腫のわんこイ...

今朝のモモちゃん。。



前回はこちら
  ↓
肥満細胞腫のわんこイキイキ日記♪13歳 1月

元気 食欲 問題ない

眼圧は?  眼とまぶた反射は?

足の動きは? 排泄は? 皮膚の状態は?

肥満細胞腫の大きさは?

口の近くのイボが少し大きくなっていて気にしていないか?

定期的に動物病院へ診察へ

毎日の栄養は在宅で細かく管理されています。

高齢になるとどうしても・・遺伝子が修復が遅くなる。。

本来の細胞でないものが出来始めたとしても

イボや皮膚 乾燥や化膿しないための管理で守れるように

そんな在宅介護ケアーをお手伝いしてきました。

太陽と青空と緑

愛情と知恵

モモちゃんは・・ すごく 気持ち 良さそうでした。

パクパクごはん

テクテクお散歩

スヤスヤおネンネ


快適な毎日が流れますように・・・





  

Posted at 2013年02月20日 20時35分15秒  /  コメント( 0 )

愛美ちゃんからのメール



肝臓の治療も安定

スヤスヤ眠れているそうです。

良かったです。

シニアライフに家族は不安になったりされます。

しかし

毎日の食事

毎日の運動

毎日の健康チエック

早期に受診

コトバが無くとも体のメッセージをキャッチして

貰えています。

同居のわんこやにゃんこにも元気を貰えています。


今までの様子はこちらです。

 ↓

愛美ちゃんママからメール 2011年5月

愛美ちゃん♪ 15さいです。2012年2月

Posted at 2013年02月19日 23時35分17秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ