メインメニュー
2012-05

わんにゃんの相談 東...

相談内容は「健康とダイエット」

まずは・・動物病院で健康診断をしてもらいました。(結果はまだ)

にゃんこの生活環境を見させてもらう。

今 与えている食事とおやつの内容を見せてもらう。

目標体重から一日に必要なカロリーを計算

筋肉や脂肪から・・運動量をアドバイス

事故防止や足腰の予防 階段注意とマッサージ

健康的な毎日を送れるために

今後は遠隔でサポートします。




オペを無事終わりました。。 

これからの健康管理&栄養管理をサポート。。

てんかん

気管支の虚脱

涙目

肥満予防

これからも引き続き遠隔で栄養&健康管理をさせて頂きます。






カレンちゃん今までの様子はこちらから

http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0311574.html

Posted at 2012年05月31日 22時21分27秒  /  コメント( 0 )

わんこの相談 東京出...

フラットコーティドレトリーバー

♀ 9歳

私の18歳の時からの友達のわんこの相談を

最近受けました。

飼い主さんのお話でわかる事とわからない事があります。

そこで

今回 上京して カウンセリング することになりました。

皮膚の事

食事の内容の事

胃捻転(過去)

想像妊娠

顔面麻痺(過去)

メンタル管理

運動の事

身体と心と環境と

トータルでカウンセリングをさせて頂きました。








細かな注意点は・・

乳腺腫瘍 子宮や卵巣疾患 胃腸麻痺 顔面麻痺 アレルギー

病気の説明と予防の説明

ご家族にお話ししました。


リリーちゃんと家族の「愛と絆」を感じました。

大切な関係(わんこ&家族)をより

快適に過ごして欲しと思う。そんな

大切なポイントをサポートできる動物看護師でありたい。。と思う。

熊本と東京ですが

細かなアドバイス出来るための大切なカウンセリングでした。

Posted at 2012年05月30日 20時19分44秒  /  コメント( 0 )

13歳お誕生日♪メールが...

フレディー君は元気です大きなわんんこですが・・

実は神経細やかなわんこです。

そうして 現在 闘病中です。

しかし 家族の支えと笑顔で毎日を大切に暮らされています。

これからも・・

そんな家族の役に立てる動物看護師でありたいと思います。

フレディーママさん

素敵な写真ありがとうございました。






今月25日にフレデイが13歳の誕生日を迎えました〓
元気でいて欲しい気持ちを込めて頑張ってバースデーケーキを作ってみました〓
時間かけて作ったのにあっという間に完食でーす〓

Posted at 2012年05月28日 08時02分39秒  /  コメント( 0 )

ムック君の身体と心の...

ムック君の事

棄て犬から今の飼い主さんと暮らし始めました。

ムック君足の事はこちら

今回は

健康チエックとメンタルチエック

まだまだ 音や環境に敏感になる点はありますが・・

ココロを許した人には大丈夫です。



力の入らなかった後ろ足もいい感じでした。

現在 腰の痛みのための化学治療は終わったそうです。



足の先は引きずることもあるので 

今後も栄養と運動(土の上)とマッサージ

階段アスファルト抜き を実行してもらいます。

無理はしないで 脚力を付ける これからも サポートします。

Posted at 2012年05月27日 18時36分13秒  /  コメント( 0 )

動物看護師 高校生進...

進路相談

北海道と熊本

通信でのカウンセリングでしたが

本日は 

スカイプでの1時間 カウンセリング でした。


真剣な彼女・・・

1)何故 動物看護師になりたいのか?

2)何故 保護者は反対しているのか?

3)どうしたら・・理解してもらえるのか?

1)〜3)のお話をしました。。


動物看護師になるために 4年制大学に進みたい理由

動物看護師になつてやりたい事

保護者に動物看護師職について納得してもらいたい事


18年間生きてきて 彼女がすごく考えて調べて悩んで

今 重要な決断と実行の時です。

きっと

この真剣さは保護者の方が

一番 わかってくれると感じました。

私は 動物看護師の職業で

仕事を経験を重ねるたびに この職業はとても重要と思っています。

コトバなき動物だけの事でなく・・・

コトバなき動物の事で悩んだり悲しんだり家族にも・・

動物看護師は社会に必要と思います。

そんな 後輩が

日本中にいっぱいになることが・・嬉しいです。。

そうして

日本中が 

動物と人と命に優しい時間 

笑顔

共に生きられたらいいな〜と思います。

Posted at 2012年05月26日 13時48分53秒  /  コメント( 4 )

悪性リンパ腫の治療と...

前回の様子

今回の依頼は

1:玄関の踏み台を付けたい!!毎日のお散歩への行く時の負担を減らしたい!

2:お散歩時の様子を見てもらいたい!

3:歩行時の介護補助ベルトについて聞きたい!!



玄関の寸法とディンちゃんの居りやすい広さ 歩幅測りました。

ディンちゃんの胸周り 胴回り 首回り 測定しました。

何処が痛いのか?何処を補助したらいいのか?歩き方を見せてもらいました。



ホームセンターへお買いものへ

購入後 組み立てて すべらないようにマットも設置しました。






介助用の胴輪(ベスト)は見つかりませんでした。

前足の付け根が痛いので出来る限り

そこに触れないデザインを再度探すことになりました。

今回は 心配していた無菌性膀胱炎も落ち着いていました。

排便も自力で出来るし便の太さ 硬さ もいい感じでした。

心配なのは・・引き続き

悪性リンパ腫の治療と心臓と貧血リンパのあたりの痛みです。

体重があるので・・歩行時の腰や足の負担もあります。

栄養素とマッサージで守っていきたいと思う。

飼い主さんと踏み台を組み立てる時

何度も

「何してるの??」

と覗きに来ました。




忙しい中・・出来る事をしたい!!と真剣なご家族

幸せな ディンちゃんだな〜と思いました。

Posted at 2012年05月25日 17時14分59秒  /  コメント( 0 )

子犬が家に来ました!...

子犬の相談

1番多いのは 排泄(尿&便)のしつけ


次に 噛み癖

次に 吠え癖

次に 食のムラ

次に お散歩しない

などなどです。


子犬は 生まれた環境(親&兄妹)から

新しい環境(家&家族)に来ます。

神経細やかな子ほど・・緊張しています。

そこで

安心できる場所(クレート)が必要です。

安心して排泄できる場所が必要です。

人間が決めた場所ではなく

わんこ&にゃんこが決めた場所を中心に生活していきます。

環境がなれたら

クレートやトイレの場所は変更可能です。

環境慣れないうちから

厳し過ぎる=しつけ

甘やかし=しつけ

にならないように・・必ず専門家に相談して欲しいです。

室内での走ることで・・足を痛めるケースが多いです。

本来 土ので歩く走る 犬や猫ですから

すべったり

硬かったり

爪やパットを痛めないようにお願いしたいと思う。

甘噛みに関しても・・

無駄吠えに関しても・・

大きな悩みになる前に相談して欲しいです。

犬の3大要求

吠える  噛む  掘る

吠えていい場所で

噛んでいいものを

思う存分掘れる場所で

満たしてあげて欲しいと思う。


どうしたらいいのかな?と思ったら

増子元美に相談して欲しいと思います。




 

Posted at 2012年05月24日 17時10分38秒  /  コメント( 0 )

わんこ&にゃんこの嘔...

日頃食べないものを食べて消化不良&下痢

胃腸が弱っている時夏バテの時

発熱時や感染時の食欲不振の時


そんな時は・・体調に合わせて

食事の内容を変えてもらいます。

何故ならば・・


病気を重くしないために

病気から回復早めたいために

病気の再発を防ぐために



そんな時の細かな 食事の選び方を伝えたいと思う。

しかし

作る時間が無かったり

バランスの取り方わからなかったり

そんな時は・・

信頼できる製品を

日頃から試して置いて欲しいのです。

そうして 時間ある時に作る練習もいいと思う。

高齢や胃腸が弱いわんにゃんには

消化 吸収 の食材を選んで欲しいのです。





放し飼い鶏さん手羽ごはん            白米古代米おかゆ
魚屋さんのまるごとまぐろ            じっくりにこんだお馬さんごはん
安全野菜季節野菜ごはん             放し飼い鶏さんごはん


詳しくは→→ http://pi-deli.jp/

P愛デリシャスさん オーナーの黒崎さん

健康の事 食材の事 家族であるわんにゃんの事

いつも  熱く 熱く お話しします。

商品の材料選び

商品の調理(下ごしらえ)

細腕ですが・・肥後の女 かっこいいです。。

黒崎さんブログはこちら

Posted at 2012年05月23日 18時53分45秒  /  コメント( 0 )

続 ふくちゃんの健康...

3回目の訪問ですが・・

ニコニコでお出迎え・・ご挨拶もしてくれました。

飼い主さんへおねだりのポーズも見せてくれました。



2か月ぶりの訪問

元気 食欲 排泄 問題ない

腹部の被毛が少し薄くなった?

腹部の皮膚が少し色素沈着になった?

上にジャンプするとき・・少し考える(踏み台が必要かも・・)

右目 少し涙出る

腹腔内に片方の睾丸停留しているので注意してもらう

口腔内も見せてくれました。(歯石もほとんどなく歯茎も綺麗でした)




前回の様子

前前回の様子

この調子で・・

心臓や痙攣や鼻出血 などが起きないように
サポートしていきたいと思います。


足でおさえて待て!!のポーズ


Posted at 2012年05月22日 21時23分22秒  /  コメント( 0 )

何のため??ドックド...

動物病院では 大きく 二つ

愛犬 愛猫の病気や怪我を治療する

愛犬 愛猫の病気を予防する

そうして

人間ドックと言われる健診が人では常識になっています。

しかし

わんこ&にゃんこでは・・まだまだ利用される方が少ないかもです。

健診

転ばぬ先の知恵で

愛犬 愛猫の未来を予測でき守ること出来ると思う。


健診の時期のポイント

ぐったりしていなくても 食べなくなってなくても

こんな時には 主治医で 健診 受けて欲しいです。

細胞の再生能力が落ちる 7〜8歳の頃になったら・・

骨格形成不全や遺伝疾患で生まれたら・・

肥満 嘔吐 脱毛 頻尿 いつもと違う事が起き始めたら・・ 



たとえ元気でも弱い子でも

早期に弱い臓器を発見して 守ることができる事を

伝えたいと思う。

健診では 見た目には隠れてる症状が発見できる。

だから

早期に 栄養や環境や運動で 守れるのです。

大きな病気になる前だからこそ・・

主治医の先生で 健診 して欲しいと思う。。

わんこ&にゃんこは

与えられた食べ物 環境 で暮らします。

少しだけ間違っていたら・・

少しだけ修正したら・・・早く健康へ近づくことを伝えたいと思う。

わんこ&にゃんこは

病気や怪我はしたくないと思う。だから守れるように

動物看護師として 家族をサポートしたい。

Posted at 2012年05月21日 18時43分48秒  /  コメント( 1 )

 1  2  3  4  | 次へ