メインメニュー
2012-02

ハッピーバースデイ ...

おはようございます。ご無沙汰しております。

今日は愛美の15歳の誕生日です。驚きでしょ〓

毎晩一緒に寝ています。老老介護〓 夜中に何度も起こされます。

右手枕に愛美、左手枕に瀬菜と猫の次郎、幸せを感じる瞬間です。

毎日、愛美はどの子よりきちんと食事をとっています。

時間をかけて一生懸命に食べています。

いろいろあったけど、

まさか15歳の誕生日を迎えられるなんて…嬉しくてですね〓

今日は『おめでとう〓』と顔を近づけたら、

カブッと鼻を甘噛みされました。

しあわせ〓

今朝の愛美、ぴんぼけですが、添付します。

増子先生、ありがとう〓


前回の愛美ちゃんのお話し




愛美ちゃん。。お誕生おめでとうございます。

嬉しい 嬉しい 便りです。。

今まで

いろんないろんな事がありましたが・・

諦めないで大事に毎日を過ごしてもらえる事

そのご家族のサポート出来る  動物看護師は幸せです。

食べる事

眠る事

ワクワクな事

健康でないとできなくなるから

困ったり悩んだ時から動物看護師の出番と思います。

明日も明後日も頑張りたいです。

Posted at 2012年02月29日 22時34分49秒  /  コメント( 0 )

平成23年度 第3回...

熊本駅から新水俣駅へ

 熊本駅


水俣保健所

平成24年2月28日 13時半〜

23年度 水俣・愛北地域動物慰霊祭

場所::水俣八幡宮


平成23年度 第3回 水俣・芦北地域動物愛護推進協議会

日時:2012年2月28日(火曜日)14時〜
場所:水俣保健所 2F会議室
内容:

1)開会  

2)挨拶 

3)議題

・動物愛護推進員について
・水俣・芦北地域動物愛護推進協議会要綱改正について
・平成24年度  役員 推進員 について
・平成24年度  愛護祭について
・その他 報告

・増子講演会  内容:増子元美自己紹介(ドリプラプレゼン)

           行政とボランティアとの取り組みのメリット

           災害時のシエルターワークについて
 


4)質疑応答  ・狂犬病のワクチン接種率をあげて 犬を狂犬病から守りたい。
        ・捨て犬捨て猫 啓発の方法について。
        ・1市2町での問題点は??

*次の愛護祭で集客したり啓発したい。。何をするか?

*集合注射の時の人材 確保をどうするか?

現在 犬は 120頭処分されているそうです。。

なんとか ゼロに近づけたい!!の声が出ました。


Posted at 2012年02月28日 23時35分44秒  /  コメント( 0 )

ペットと防災??

東海大学 アニマルレスキューの方々から届きました。


震災で数多くのペットたちが飼い主と引き離されてしまっている事は知っていましたが、
飼い主の処置の仕方で
ペットの運命は大きく変えられるものだと知ることができたのは
私の中で大きな一歩に繋がったのではないかと思います。

また、私たちは学生でアパートや下宿住まいなのでペットを飼える環境ではありませんが、
将来飼うことになったら
その場に繋いで避難するのではなくゲージに入れてこそ
ペットを守ることが出来るのだと知ることもできました。

私たちに出来ることはやはり迷子札の啓発活動ではないかと思います。

迷子札があれば家族の元に帰ることが出来る可能性が大きくなりますし、
昨日の講演会で初めて迷子札の存在を知った方も多くいました。
まずは熊本県内から、やがて九州、いや、日本全体に!を目標にして
迷子札を知ってもらえたらと思います。

そして昨日の講演を通して様々な方とお話しすることができ
、あにまるれすきゅーの活動に協力していただける方も見つける事ができました。
貴重な体験ができたのも動物愛護センターで増子さんにお会いでき、
情報を戴けたおかげです。本当にありがとうございました。

リーダー F田



他のメンバーも感想を送ってくれたので一緒に載せておきます。





25日はありがとうございました。
講演を聞いて震災の現状を知ることができ、
ペットを飼うことに責任を持たなくてはならないと思いました。
もし、震災にあったら…など、考えもしていなかったので、
ちゃんと考え、人に迷惑をかけないようしつけなどしていきたいと思いました。
また、他に講演を聞きにきた人の考え(質問等で)を聞くこともでき参考になったと思います。
これからも大変だと思いますが頑張って下さい。
ボランティア活動も頑張りたいと思います。
また、機会があればよろしくお願いします。
今回はありがとうございました。


1年 A.M


東海大学アニマルレスキューのメンバーから・・レポート届きました。
現実を知り考え
自分の今できることをイメージできる姿に。。感激です。。

この調子で・・・

命にやさしい時間

笑顔

共に生きる。。



発信していきます。。

Posted at 2012年02月27日 23時28分23秒  /  コメント( 0 )

はなちゃん&パパさん



今年は14歳です。

心配な事は 椎間板ヘルニア 涙目 感覚器

しかし

本日のカウンセリングでは・・大きな大きな悩み無し

これからの快適シニアライフのための

食事の細かな食材をアドバイスさせて頂きました。

腰からの 足や膀胱や腸麻痺が起きないように

運動・・マッサージ・・栄養素・・をサポートしたいです。



日向ぼっこで気持ちよくしている姿は・・

幸せがたくさん見えました。

私が動物看護師として飼い主さんへ

コトバなきわんこ&にゃんこの声  

お伝えしたい。。



痛みや苦しみを取るのは動物病院

しかし

何故何故

病気再発や病状悪化する原因から守るのはご家族

そこへの

悩みや相談を解決したい。。

その悩みや問題を解決する場所が必要と思う。

その問題を支える動物看護士が必要と思う。

小さなことだけど・・小さなときに解決して快適にしたい。。

明日も頑張るわん。。&わくわくにゃん。。

Posted at 2012年02月27日 22時44分30秒  /  コメント( 0 )

動物(ペット)に関す...

相馬市 ペット避難所

三春町 動物救援本部

この体験をどう繋ぐのか??考えました。

人として  動物看護師として

熊本県民に向け・動物に関する防災フォーラムをやりたい!!


そうして・・第一回が 実現しました。。


第一回  動物(ペット)に関する防災フォーラム及び譲渡会 2012 IN 有明


いよいよ始まりました。

荒尾市役所環境保全 荒木氏

相馬市 民間ペット避難所(小幡広宣さん)

NPO法人青年会議所(宇土市)  上村 剛



パネルディスカッション

熊本県獣医師会有明支部 上村獣医師 宮崎獣医師 竹田獣医師

熊本市動物愛護推進協議会 松田獣医師

福島県相馬市ペット避難所代表 小幡 広宣氏

宇土市NPO法人青年会議所 上村 剛氏

荒尾市環境保全課  荒木 敬眞氏



日 時:平成24年2月25日(土)受付13:30〜14:00
                 講演14:00〜16:00
場 所:あらおシティモール(シティホール2F)
議 題
(1)突然災害が起きたとき、大切な家族(人と動物)を守るため。
 住民、行政、動物のため、防災とどう向き合うか?何からはじめたらよいか。
 
(2)福島県相馬市の経験から、防災についての教訓を学ぶ。
   安全確保、生活確保、動物の保護をどのようにするのか。
(3)福島県相馬市の被災の現状とペットの避難所について。
   支援の受け方、支援発信の仕方について。
(4)講演会終了後、犬・猫の譲渡会を行います。
   あらおシティモール(イベント広場)
   猫の場合、譲渡対象がない場合は中止します。
※譲渡会参加資格:本講演会及び以前に譲渡前講習会を受講された方
 ※講演会参加資格:どなたでも(市内外を問いません)


講師:福島県相馬市のペット避難所、相馬遊楽応援団 代表 小幡広伸宣氏
   NPO法人青年会議所(宇土市)  上村 剛氏

主催:あらおシティモール

後援:熊本県獣医師会有明支部、有明保健所

有明地域動物愛護推進協議会、荒尾市

第一回会議
http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0321549.html

第2回会議
http://cplus.if-n.biz/5002546/article/0326479.html



4月相馬市ペット避難所

仙台〜福島〜宇都宮〜東京


9月三春 動物救援本部
シエルターワーク犬

シエルターワーク猫

講演会 参加者の皆々様

あらおシティモール 水本氏

後援:熊本県獣医師会有明支部、有明保健所

有明地域動物愛護推進協議会、荒尾市 の皆々様

マスコミの皆々様


ボランティア 東海大学アニマルレスキューのメンバー6名 

ごうさん。しほっち。ゆのっち。ちよこさん。

メールやフェースブックで「頑張れ!!」とメッセージの皆々様

本当に

心から感謝しています。



避難時に・・多頭飼育 大型犬 飼い主さんの体調などなど

避難時弱者だからこそ  困らないように

日頃から準備やネットワークが大切なこと。。

ペット防災の基本は

一、自助(72時間)
ニ、ペットは社会の一員という考え (適正飼養) 
三、個体識別つまりマイクロチップ (名前札鑑札)
四、狂犬病ワクチンの徹底  (混合ワクチン)
  
2市4市町村 ネットワークづくりが有明地区動物愛護推進協議会から始まりました。

素晴らしいです。。
 

Posted at 2012年02月26日 18時36分20秒  /  コメント( 0 )

毎月のわんにゃんぴっ...

毎月 第一土曜日


11時〜1時  


いろんな企画を開催します。。


なぜ。。やりたいんのか??

目的があります。。

それは・・

わんんこ&にゃんこと暮らす方々  だけではなく



わんこ&にゃんことの別れた方々

わんこ&にゃんこと暮らせないけど好きな方々

わんこ&にゃんこと暮らしたいなを考える方々

そんな皆さんが参加されるコミュニティーなんです。



目標があります。。

この目的を続けることで・・・

先輩飼い主さんの情報を後輩飼い主さんへ繋がる。。

ペットロスの悲しみや寂しさを共有出来たり

看護や介護で悩まなかったり

しつけや病気の時諦めなかったり


飼い主さんが元気になったり

わんにゃんの命を考えてもらったり

共に暮らすことがどういう事か?イメージ出来る事。。

人が変わることで

コトバなきわんこ&にゃんこの毎日の生活

幸せが上がる。。



「命に関わる大切な事。。気づき。。」

そんな 場所 必要。。

この情報を伝えたい。。



3月のわんにゃんぴっな時間は・・

愛する愛犬を天国へお見送りされた。。

りゅう君ママ

まおちゃんママ

はなちゃんママ

参加されます。。

私が・・・動物看護師でなければ・・

出会えることはなかったでしょう。。

そんな出会いと気づきに心から感謝します。

その先には・・



命に優しい時間

笑顔

共に生きる


参加者の方々(わんにゃん含む)が主役


そんな すごい 素敵なコミュニティーなんですよ。。

3月第一土曜日はこちらです。

Posted at 2012年02月24日 23時13分24秒  /  コメント( 0 )

もうすぐ 19歳です。

5月で19歳 ケンイチ君

6月で10歳 KOUとケンイチ君


初カウンセリングの時




皮膚の痒みは・・毎日 清潔を保つことで 維持

心臓と泌尿器・・今のところ安定

足腰痛み・・・・筋肉が落ちてますが 歩行は出来ます。この調子で
        毎日のお散歩や排泄が出来るように 食事とマッサージ

感覚器の問題・・嗅覚 視覚 味覚 聴覚 全てが少しずつ弱いですが・・
        家族とのテレパシーは出来ていると思いました。


寒さや湿度の管理  お部屋での歩行をすべらない管理

食事がなかなかムラがあるので

彼にとって 「食べたい物」だけれど・・

美味しくて栄養のある物を選んでもらえるように

メニューをサポートします。

快適なシニアライフ 

毎日を送れますように・・・

Posted at 2012年02月23日 18時00分22秒  /  コメント( 0 )

ペットロスの取材 TV...

本日 KKT テレビタ番組にて

ペットロスTV取材の話

放映していただきました。



そうして

ご覧になられた方々から

感想のメッセージを送って頂きました。。

実は 私は仕事でまだ 見ていませんが・・


りゅう君

リキ君

ご家族に取材のご協力をお願いしました。

リキ君のご家族からもメールが届きました。

その他

家族の愛猫との別れ 喪失感 を気づかせてもらいました。

コトバが無い動物との別れの絆を感謝します。

最期まで 家族に愛され暮らせるようになりますように・・・

ペットロス?が少しわかりました。

実家の母の気持ちが・・わかりました。今日は実家へ行きます。



電波に乗せて・・・

別れの時から

想い出を笑顔で語れる日まで

動物看護師としてサポートしたい。。

その役割や存在で

ご家族の悲しみから体調まで壊されないように。。

病気の治療は動物病院ですが・・

残された家族の支えは 動物総合相談所の動物看護師で守りたい。。

愛された

わんこ&にゃんこが・・きっと

大切な家族の寂しさから守りたいと思うからです。

Posted at 2012年02月22日 23時51分05秒  /  コメント( 0 )

病院の薬飲めない。病...

ストレスや麻酔の後による

体調不良。。

動物病院では・・下痢止め と 処方食 

本日のカウンセリングでは

薬は飲めて血便は止まりました。

しかし

処方食をも食べると下痢。。

そこで
  
カウンセリングとなりました。。




ゲージの上の温度計は キャンプ用。。

玄関(上表示)室内(下表示)




まずは  

白湯

嘔吐下痢 チエック!

大丈夫なら

次は

元気サポートスープ


P愛デリシャスさんのHP




どの場所が・・弱っているのか

家族の方々とわんこ&にゃんこを守っていきます。

食べたくても飲みたくても

嘔吐や下痢になったら

動物病院で 原因の治療 と 食べれない部分を補液をしていただきます。

そうして

少しずつ自分で飲む・・食べる・・へ

その食べるものも 順番があります。

成長期のわんこ&にゃんこも

高齢期のわんこ&にゃんこも

1日のダメージは・・健康へ 大きく影響します。。

そこで

細かなカウンセリングと栄養指導で 

元気印わんこ&にゃんこへ

粘膜の再生

大腸の炎症

痛みや苦しみが大きくならないように

これからの毎日健康 観察と与える内容と排便

時間をかけて・・ご家族と一緒に・・

お役にたてるように 在宅サービス 

動物看護師 頑張ります。


Posted at 2012年02月21日 16時38分48秒  /  コメント( 0 )

動物看護師〜悩み改善...




http://cap-masuko.com/img/consultation_sheet.pdf


京都のシニアわんこ相談

遠隔地ですが・・・

不安を解決するためのサポートをします。

高齢

心臓 脳神経系 骨格系  代謝系

様々な症状が出ないように

様々な症状を緩和できるように

在宅で出来る 方法をお伝えしていきたいです。

小さな変化から

どれだけ守れるかを伝えたいのです。。

動物看護師の経験が役に立てる事が嬉しいです。。

そうして

このような役目を

動物看護師の仲間で仕事としていきたい。。

Posted at 2012年02月20日 16時25分05秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ