メインメニュー

飼い主のいない猫への置き餌問題 

野良猫への餌やりさん

猫がいるから 餌を与え始めた

猫に餌与えてあるから猫を遺棄した

飼い主のいない猫達は 今日の一日を生きる為に

食事を自分で見つけて食べなくてはなりません

カエルや虫や鳩や雀や魚を狩して食べています。

しかし

人間の食事(残飯)を知ることで ゴミを漁ることを学習してします。

人間が与えた キャットフードやちくわを貰えることを学習してます。

栄養が取れていると 地域で 猫は繁殖し増え続けます。

だから 餌やりさんには 強くお願いしています。

地域の猫の苦情を減らす為4つの対策

|屬餌をしない  (餌やりさんが猫の状態 頭数 性別管理する為 捕獲時慣らす為)

▲肇ぅ貔瀉屬帆歃 (苦情軽減の為 排泄の場所を餌やりさん宅へ設置し衛生美化面管理)

I塲ゼ蟒  (健康状態を見て保護し手術 繁殖による不幸な猫を減らす為)

っ楼茲塙埓へ報告 (餌を与えている猫名簿)(不妊去勢の数)(苦情対応窓口)


餌をやる事によって 野良猫の苦情や繁殖を食い止める活動として

きちんと 地域に認められて欲しい と思います。

詳しくは 犬猫問題解決NOTES

わんにゃんぴっ相談室 webサイトより

Posted at 2021年04月24日 08時29分45秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*