メインメニュー

副作用について考える〜抗がん剤&放射線治療〜

2016年 9月 虫垂炎腹腔鏡手術(4泊5日)
2020年 5月 脊柱管狭窄内視鏡手術(7泊8日)
2020年11月 子宮頸癌手術  (14泊15日)
2021年 1月 抗がん剤放射線入院(4泊5日)

■ 抗がん剤点滴 5回(1週間に1回)
■放射線治療  25回(土日休み5週)

・全身麻酔

・鎮痛薬

・輸血

・自己血輸血

・リンパ節切除

・鼠蹊部神経

・抗がん剤

・放射線

■作用と副作用

様々な副作用の説明を受けて理解して治療に立ち向かいます。

人間の場合 本人が認知できる場合は 的確に体調や心配な点を看護師さんへ伝えて

看護してもらえ医療へつなげてもらえます。

しかし 犬や猫 認知機能が低下した方々の場合

「今の異変」を伝えることが難しいと思うのです。。

そこで 今回私の体験から  

❶食べれ無い :匂いが無理 食べたく無い

❷眠れ無い  :病院だと眠れ無い 不安

❸嘔吐 えづき:車酔い 悪阻みたい

❹腹痛 下痢 便秘:どれも辛い

❺耳鳴り  :キーンとなるが眠れ無いほどではない

❻冷え   :体温管理が不安定(手先 足先 首元)

❼倦怠感  :起立より座るより横臥が楽

病気と向き合うための治療ですが

どんな風に 作用が出て 服反応が出るか?

個体によって違うと思います。

だからこそ その 異変をわかりやすく 医療へ伝えなくては

言葉なき犬猫さんを「苦しみ」から救え無いと思います。

そんな貴重な体験を 

●病気する度

●医療や看護を受ける度


動物看護師としての学びになります。

私の体に出来た「悪性新生物」これからは

どう変化するか?わかりませんが・・・

遺伝子を守る 前向き生活にてなんとか

寿命まで  動物看護師として生きる

私の「使命」この命を使いたいと思います。 

Posted at 2021年02月11日 16時28分13秒

 
この記事へのコメント



過去の経験から

はじめまして。  
ご病気の治療中と知らずに高齢犬の相談メール送信しました事申し訳ございません。

抗癌剤の副作用は個人差があります。ご本人にしかわからない辛い症状。私は6 年前、乳癌手術後8回の抗癌剤治療をやりましたが副作用に泣きました。看護師の仕事をしていた時は治療中の患者さんの苦しみを理解したつもりでいた事を恥ました!経験した人にしか分からない辛すぎる副作用。頑張っての励ましの言葉が辛かった6年前。ご回復をただただお祈り致します。
Posted by 犬太のはは at 2021/02/12 06:32:46



犬太のはは 様

抗がん剤は しんどいですよね
私も動物看護師として 動物達の副作用や病状について
「優しい声掛け」「優しい手当て」を心がけたいと思いました。

私も麻酔かけたり手術したり放射線治療や抗がん剤治療を体験
した事で「痛み」「苦しみ」を受け入れ 動物さんとご家族の大切な命や生活 「希望」を失わせ無い
看護ができる様になりたいと思いました。

おみまいのお言葉 ありがとうございました。

増子元美
Posted by 動物看護師 増子元美 at 2021/02/15 18:45:27

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*