メインメニュー

岡山市獣医師会 高齢者動物飼育支援事業の取り組み

2021.1.22 Facebook から見つけた投稿

公益社団法人 岡山県獣医師会新事業

自分の年齢を考え仔犬から育て上げる自信がない等の自分の年齢を枷に飼育を断念している方々の支援を行って行こうという事業となります。適正な動物飼育は健康寿命の延伸に繋がります、この事業を通じて岡山県の健康寿命の延伸に寄与出来ればと考えております。公益社団法人 岡山県獣医師会Facebook page 転載

犬猫さんの命と生活

家族の一員として最期まで飼養してもらいたい。

社会の一員として最期まで飼養してもらいたい。

しかし 現実は

犬猫育てが上手くいかず 遺棄や放棄されている命

飼い主さんが病気や怪我 高齢などにより飼育不可


岡山市獣医師会の高齢者動物支援事業が始まれば

いち早く 「困った問題行動や病気」に気づいてあげられる!!



犬猫さん達は「助けて」は言えないのだから・・・・

飼い主さん家族と犬猫さんとの様子を見守る社会があれば

問題を早期発見でき 早期アドバイスができる

「終生飼養」「適正飼養」してくれと言われていても

初めての犬猫育てではわからない事も多いのですから

熊本市では 「ワンニャン相談コーナー」事業がありますが

岡山市みたいに 高齢者動物飼育支援する仕組み

「ワンニャン見守り事業」が始まったらいいな〜と願います。

それができるまでは

■わんにゃんぴっ相談室

■ワンニャン緊急災害ネットワーク熊本

■熊本の動物愛護を考える会

■熊本市動物愛護推進協議会

■熊本県動物愛護推進協議会

■高齢者福祉課

■地域自治会

行政や地域とのネットワークで 「問題が大きくなる前に」

アウトリーチできるように

引き続き頑張ります。

Posted at 2021年01月22日 15時16分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*