メインメニュー

新しい生活 報告メール 高齢者の多頭飼育 その後 支援活動 11

前回→高齢者の多頭飼育 その後 支援活動 

今回→飼い主さん宅にいる ビータちゃん3歳  チビちゃん2歳 エム ちゃん1歳 

行方不明ハチちゃん2歳 ポチちゃん2歳

現在 オスだけですから 遺棄されたり 飼い主さんがメスを持ち込まない限り

増えることはないのですが・・・・とにかく

自然が豊かな場所で 不法投棄など取り締まるには難しい地域

しかし もう二度と再発

多頭飼育による 不適切な飼育の罪は犯さないで欲しいのです。

その為には どうしても 飼い主さんを取り巻く環境の支援が必要です。

ご高齢者であっても 障害があられても 犬猫と共に

笑顔で生活してもらえるように・・・・

早期異変を相談できる仕組みを作れたらと思います。

今回のように 一般の方々からも 里親さん希望者がおられました。

下記のモクちゃんも現在 大切に育ててもらえていて本当に嬉しいです。

飼い主さんとご紹介してくださった方に心から感謝です。

●モクちゃん 新しい家族と共に笑顔の日々

■多頭飼育になる前にできる事

■多頭飼育が不適切な時する事

■多頭飼育から譲渡が必要な時

どうしたらいいのか?わからないとき・・・ 相談して欲しいと思います。

わんにゃんぴっ相談室  090-8627-0601

https://petsoudan.wixsite.com/wannyanp

Posted at 2020年10月28日 17時16分13秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*