メインメニュー

高齢者の多頭飼育 その後 支援活動 

前回→高齢者の多頭飼育 5頭 熊本空港から出発 支援活動 


今回→ 18頭から12頭譲渡されて 残り6頭との中で 里親さん希望者の連絡あり

チラシ作成時の連絡先が (わんにゃんぴっ相談室に)なっている

そこで 飼い主さんと連絡が取れる方との打ち合わせの電話をしました。

ご高齢である飼い主さんと若い犬達(未去勢)6頭

現在どうしているのか??

適正飼養できているのか??

犬さんが暮らす場所は自然が一杯で素晴らしいところですが

それでも 法律を守って適正に飼育してもらわねばなりません。。

ここは「八代保健所」さんから きちんと視察してもらい

正しく飼育できるように アドバイスして欲しいと思います。

飼い主さんにとっても家族同様の犬さん達ですから

頭数が減ると寂しいと思います。きっと

名前をつけてもらった「犬さん」も

何故自分たちが 離れ離れになるのか? どこへいくのか?

それでも

新しい生活へ 進んでいく事が 動物福祉が守られる道

飼い主さんにとっての「是」「非」が

今の動物愛護管理法とは違う事を理解してもらうためには

少し 時間や方法が必要な事例になっています。

しかし これ以上 

飼い主さんにも犬さん達にも不幸になって欲しく無いし

飼い主さんへ法律違反して欲しく無いので 諦めず

しっかりと お伝えしていこうと思います。 続く

Posted at 2020年10月16日 13時30分21秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*