メインメニュー

老齢機能低下と看護と管理 幼齢動物看護講座 

前回→重症の子犬子猫対する管理 幼齢動物看護講座 

今回→老齢看護について 試験範囲復習

あっという間に 最後の講義(14コマ)でした。


コロナウイルス感染症によって 入学式や新学期が遅れたりしましたが

学生の皆さんも暑さの中 マスクや消毒をしながら元気に講義参加

講義の内容をしっかりレポートし 意見を出し 考え

自分の将来に向けて 幼齢老齢動物看護の知識を武器として

より輝いて欲しいと思います。

コトバなき動物達には

彼らを理解し看護する支える動物看護師や専門家が必要です。

だからこそ 座学で学び 体験から学び 経験値を積んで積んで

素晴らしい人材へ成長してもらいたい!!と思います。

その最初のきっかけ(踏み台)としてこの講義が生かされたらと

「興味を持ち」「向上心を持ち」「実践する」

来週は 試験がありますが しっかりと実力を発揮できますように・・・

2020年度 2年生 幼齢老齢看護 無事終了

Posted at 2020年09月10日 13時16分16秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*