メインメニュー

子犬子猫身体チエック 幼齢動物看護講座 

前回→初乳 授乳介助 幼齢老齢動物看護講義 ◆ 

今回→子犬子猫の身体チエック

・頭部
・口腔
・耳
・目 眼瞼
・鼻
・胸部
・胴部
・臍
・皮膚
・四肢
・生殖器
・肛門
・神経系

心配なく順調にそだっているのか?

コトバなき子犬子猫の声

「変だぞ」に気付く人間を増やしたい!

早期に発見 早期に治療検査 

現在 学院の学生の皆さんによる

ミルクボランティアで育つ子猫さん

こねこちゃん 


こねこちゃん 

こねこちゃん 

母猫からはぐれ 遺棄された「命」

兄妹であっても 体調も体格も違い これからは性格も違ってくる事を

ミリクボランティアを通して 体験して勉強して欲しいです。 

「命」「健康」「幸福」には 看護する人によって変わる事を伝えたい。

そうして 学生の皆さんが これから 「伝えられる人材」となって

動物と家族を支え導ける 「人材 = 地域の宝 」になって欲しいです。

 

Posted at 2020年07月02日 16時52分44秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*