メインメニュー

薬の飲ませ方と道具について

■薬の飲ませ方

・お口を開けて喉奥に入れて反射で飲み込ませる(確実性あり)

・錠剤は食事に混ぜて与える

・錠剤はチーズやパンに包んで与える(最近は液体おやつ)

・顆粒薬はヨーグルトに混ぜて与える

・シロップ薬はスポイドやシリンジで与える

食欲があるときは 抵抗なく食事に混ぜても薬も残さず食べれて大丈夫ですが

神経質なタイプや食が細い場合は「嗜好性」がよく無いと難しい時もあります。

人間の食べ物は添加物 塩分 糖分などが心配なので出来たら避けて欲しい。

どうしても与えたい場合は カッテージチーズやパンも手作りへ

特に消化器系 アレルギー系 の治療中には与えたくない食材でもあります。

とにかく 上手く与えられない時がきたら 相談して欲しいと思います。

錠剤(薬)が飲ませられなくてどうしたらいいのか??

「毎日美味しい!食べたい!嬉しい!」

となる「健康的な体」

なって欲しいから 投薬も大事 投薬方法も大事 栄養の選び方も大事

ドックフードもキャットフードも沢山の種類があります。

好みが合う物であっても 健康へは合わない物がある時もあります。

病気になったら

1日でも早く回復して欲しい

回復したら

できるだけ再発しない体でいて欲しい

「食べた物でしか体は作れない!」だから

飼い主さんが選ぶ 食事やおやつの種類

薬がうまく飲ませれなかったら飲ませる方法

どれだけ重要かを伝えたいのです。

https://www.facebook.com/幼齢老齢犬猫-魚の新鮮スープ

Posted at 2020年06月29日 17時43分43秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*