メインメニュー

フリーランス動物看護師の仕事 グリーフケア(病気 看取り)

■グリーフケア(病気 看取り)

・余命宣告された時・・・・

・治療しているのに改善が無い時・・・

・ご飯食べない時・・・・

・どんどん痩せちゃう時・・・

・認知症なのか夜鳴きがひどい時・・・

・寝たきりになって床ずれができた時・・

・苦しいそうな姿を見る時・・・

・呼吸しているのか?寝ているのか?・・・

・在宅での介護の方法がわからない時・・・

・医療に不安や不信が起きた時・・・

・安楽死を考えた時・・・

・終末期は理解しているけど気持ちが・・・

・看取るのが怖い時 看取り方がわからない時・・・


私は 上記の様な飼い主さんの悩みを聞かせてもらって

 屮哀蝓璽奸徃瓩靴澆箟む気持ちを共有 (一人ぼっちにさせない)

◆崕末期医療」と「在宅介護」の必要性 (医療の選択と介護看護の方法)

0Ωぐηへの看取りについて決定(どんな最期にしてあげるか?)


「命在るもの必ず通る道」であるなら

「最強の家族の愛情(優しい声と手当て)」

で包んで欲しいのです。

その為には・・悲しんだり怒ったりする時間は短く

ありとあらゆる味方を増やして(家族 医療チーム 仲間 自然)

ご家族を支える動物看護師とともに「今」を大切にして欲しいです。


初めての看護介護 看取り 真っ暗闇になるのです。。

医療の限界=余命宣告=絶望や喪失 

しかし 動物看護師 増子元美へ相談して欲しい

あなたの大切な犬猫さんは ご家族の力が必要なんです。

犬猫さんの生命力+最強の伴走者=最幸な毎日→希望とありがとう

看取りや最期は辛い事ですが・・・

大切な家族だからこそ 最後の瞬間まで

言葉なき犬猫さんには

ご家族がそばにいて欲しいと願います。

その様な大切な日に瞬間になりますように

Posted at 2020年06月28日 16時46分28秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*