メインメニュー

初七日過ぎての面会へ 15歳メグさん日記  31

前回→初めての看取りについて〜在宅介護〜 前庭疾患15歳メグさん日記  30

今回→「お別れの挨拶」へ行ってきました。

メグちゃんへのブーケ

20日のAM3時頃 眠る様に 静かに静かに

大好きな家族とお布団で 天国へ旅立ったと聞いていました。

しかし・・・

私が入院していて 面会できなかったので

今日 お手紙を書いて逢い行ってきました。

赤い犬猫さん柄の被布の小さなメグちゃんは

もふもふの被毛 真っ黒の鼻 パクパク の口 穏やかな目

私の記憶「鮮明に映像としていつでも会える事が出来ます」     

自宅で メグちゃんに手紙を書いていたら・・・

鼻水が出てきたので 急いで上を向きました。

「病いも老いも恐れない 真っ直ぐなメグちゃん」

心から 尊敬します。

そうして 最期まで  メグちゃんの介護生活

伴走してくださったご家族 お疲れ様でした。

ご家族の喪失感や後悔があると思いますが・・・

私は いつも・・メグちゃんからのメッセージが聞こえます。

「私は夜鳴きしてるけどね ママには伝わってるから幸せ・・・大丈夫・・・」

と穏やかな表情は 素晴らしいと思いました。


メグちゃんへ

遅くなってごめんなさい。。
天国の生活はどうですか?
増子は痛みはなくなって今は筋肉低下した足のリハビリです。

メグちゃんの様に しっかりと生きていきたいです。
メグちゃん 再会するまで しばらく さようなら。

メグちゃん 本当に立派な生き様を教えてくれてありがとうです。
ご家族は寂しいと言われていますが 

悲しい涙から優しい涙に変わるまで
増子 担当しますから 安心してくださいね。

メグちゃん 増子KOUにあったら 遊んでくださいね。。
白石まつぞう もいると思います。

では また お便ります。増子元美

Posted at 2020年05月29日 14時37分03秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*