メインメニュー

熊本県管理センターから引き出した子犬 生きていたら14歳 

■熊本の動物愛護を考える会 2006〜

熊本県管理センターで月曜日の朝 殺処分される予定の子犬10頭を

有志の皆さんが引き出し 保護し治療して 4頭は譲渡され

6頭は亡くなりました。その子犬さんにお参りに行ってきました。

●熊本の動物愛護を考える会 位牌

熊本の動物愛護を考える会は 殺処分されるこの現実を変えたい!

熊本県動物管理センター  → 熊本県動物愛護センター 変えたい!を目標に設立されました。

今年で14年目となりました。

念願の目標だった「熊本県動物愛護センター」2017年4月実現する事になりました。

その時の子犬さん 生きていたら 14歳になります。


●殺処分されない犬猫さんの 本当の幸せな生活とは??


●ポビー ディンガン グリ グラ グレ チャビの写真

沢山の救えなかった「命」を忘れる事なく

「殺処分」など不要な熊本県にしたい。

「動物福祉」を守られ犬猫さんが幸せな熊本県にしたい。

子犬たちの位牌の前で祈りました。 

Posted at 2020年01月17日 20時45分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*