メインメニュー

わんわんにゃーごの日に誓う!!11月25日 

いつも ブログを見てくださる皆様へ ご挨拶

実はわんわんにゃーごの日は 「決意表明」の日です。
Companion Animal PARTY 増子元美って誰?

名前の由来

父    元男(もとお)
母    美亀(みき)
母方祖父 玄泉(もとみ) 

両親の名前文字からと
尊敬する祖父と同じから名付けられました

よく モトミ じゃなくて トモミと間違えられていました。
しかし 「元美」はお気に入りの名前

父も母も幼少期一人っ子で 犬や猫がいつもいたらしく
私も生まれた時には 犬(鳥)のいる家庭で育ちました。

呼吸をするように ご飯を食べるように 犬はいつもいる(当たり前な日常)

「増子さんは犬猫が大好きですよね?」と聞かれると・・・
確かに嫌いではないですが・・・
そもそも 私の場合 動物を好き嫌いの次元では無いのです。

私は 動物によって 人としての行き方を導かれた。 

中学二年生「元美の嫌いな所」3人連名の手紙をもらった時
巻き毛モルモットが栄養失調で亡くなった時
引越しでGシエパード愛犬を親戚に譲渡した時
動物看護師になってアパートで飼育していた猫ポチが家出した時

とにかく 色々な失敗や経験をしてきました。
コトバなき彼らは ダメダメな私に寄り添っていました。

学んだ事 助けられた事 生きる目的を見つけた事

動物看護師になってから 強く志した道も見つけてしまいました。

動物看護師という職業で生きていく意味
動物看護師を辞められない理由 が私にはあるんです。

コトバなき動物は 私に色々な事を伝えてきました。

どんな病気になっても・・・
飼い主が居なくなっても・・
余命が近づいても・・・

嘘をつかない 弱音を吐かない 愚痴らない 

どんな環境でも その場で 真直ぐ生きる姿 を見せてくれました。

様々な不平不満を並べて 落ち込んだり怒っている自分が本当に小さくてみっともない事に

気づかされました。


「どう生きるのか!」を考えさせられたのが 20歳の時です。それから

私は 「動物が人間と出会えて暮らして良かった」と感じて貰えるように

動物看護師として 役に立ちたい と決意したんです。

1125 誕生日が わんわんにゃーご 

自分の生きる道の師 コトバなき師匠(動物の生き様)

人間は 沢山の命を頂いて生きています。
人間は 沢山の動物の恩恵を受け安全な生活を手にいています。
(医薬品実験動物 癒しのペット 盲導犬 作業犬 などなど)

私が出会う動物達が最期の時まで「幸せ」でいて欲しいと思います。

もし 人が道を誤っているのだとしたら間違いに気付いて貰えうように
もし 人が動物とどう接したらいいのかわからないならば助言できるように
そんな 存在で役立てられるように この1年も生きて行きます。

動物を取り巻く 沢山問題や悩みや苦情がおきますが・・・
決して 諦めないで欲しいと思います。


こんな 増子元美をこれからもよろしくお願いします。

※最後にもし男だったら「亀男」になるところでした(笑)

Posted at 2019年11月26日 15時24分44秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*