メインメニュー

殺処分された9089頭の存在 忘れない!今やる事とは??

前回⇒■熊本県庁プロムナード合同犬猫譲渡会 2019 説明会議

今回⇒●熊本県健康危機管理課 動物愛護啓発広報記事 

忘れてはいけない・・・・

殺処分された犬猫さんの命

■2006年(H18)熊本県殺処分数

犬5368頭 猫3721頭 合計9089頭


熊本へ帰ってきて 

・熊本市動物愛護センターでの引き取りや捕獲後譲渡と殺処分の現状

・熊本県10か所の保健所から熊本県管理センターへ移送殺処分の現状

知ってしまった。最期の時を見てしまった。

市民として県民として

動物看護師として・・・・「何が出来るのか・・・」

そうして決めました。

・「熊本の動物愛護を考える会」
・「熊本市動物愛護推進員」
・「熊本県動物愛護推進協議会委員」

動物愛護活動をこつこつ進む事を

平成18〜平成30年 殺処分数と譲渡数 (犬)

今回は 熊本県庁プロムナード合同譲渡会

開催「わんにゃんぴっ相談室」相談員として

翌日は 有明地域動物愛護推進協議会「どうぶつ愛ありあけ2019」での

「介護相談コーナー」相談員として

熊本県は 熊本市動物愛護センターより 設備も仕組みもスタートは

遅れているけれども

熊本県内の動物愛護活動する方々 協議会(市町村 獣医師会 推進員)の方々

この13年間  すごい 譲渡への成果が上がっています。

しかし・・・

殺処分しない命 =保健所やセンターで生きている命
殺処分しない命 =保健所やセンターで死んでしまう命

あなたの手放した命 がどんな生活(死)をしているのか?

この現実を すべての飼い主さんへ 野良猫の餌やりさんへ

伝えたい!! 

毎日・・・「猫苦情問題」「老犬介護問題」「犬の咬傷相談」・・・・

なんとか 最期まで責任もって「愛して欲しい・適正に養って欲しい」

「動物も飼い主さんも地域も笑顔になって欲しい」

その為に GO FOR ITする。 続く

Posted at 2019年11月01日 17時15分08秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*