メインメニュー

最期の別れと再会までの約束  ひまわりの花 そら君日記 

前回⇒●新年 優しい介護 そら君日記 2019.1.4

今回⇒●哀しいお知らせのメールからのお別れの挨拶

23日の19時頃 ご飯食べている時 二口目の時 突然心臓が止まった感じだそうです。



夏頃 体調を崩し受診した際 「余命宣告」され毎日が覚悟の中

それでも パクパク テクテク(ほふく進み) 排泄自力

少し食べれ無くなったり

少し排泄場所まで間に合わなかったり 

狭い所に入り出れなくなったり 

褥瘡が部分的に出来たり・・・

少しずつ介護度が上がって来ていたのでこれからの事を

考えていたそうです。

8歳7か月前  コンテナ箱に入れられていたそらちゃん

家族の一員として 大切に育てて貰い 沢山の愛情に包まれていました。

今日は葬儀の前に そらちゃんに逢わせてもらいました。

そらちゃんの「個性的で男前」のイメージ 黄色のひまわりの花持参しました。

眠ったまま動かないそらちゃんの頭を撫で撫でさせてもらいました。

そらちゃんの赤ちゃんの時の話も聞かせてもらいました。

そらちゃんの旅立ちをきちんとお見送り出来て

そらちゃんの最期の写真とお骨の写真のメールも見せて頂き

今日は静かに 追悼の祈りを捧げます。

遺されたご家族の悲しみは喪失感はこれから

押し寄せてくると思いますが そらちゃんが心配しないように

動物看護師として ペットロス グリーフ見守り出来るように支えたいです。


※「そらちゃんへ 又逢える日までバイバイ!KOUに逢ったらよろしくね」


 

Posted at 2019年10月26日 18時51分54秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*