メインメニュー

認知症犬さん 自分で立てなくなって・・どうしたら?どうしたら?

前回⇒認知症犬さん 自分で食べなくなって・・どうしたら?弱るのでは? 

今回⇒動画付メール相談(上手に起き上がれない!!)

神経機能(斜頸 後肢伸展) 行動認知低下  身体機能低下

どうしても 様々な老いる変化が起きてきます

そこで 

早期発見異変 ⇒ すぐ出来る事介助する

早期老化予防 ⇒ 的確な介助方法知る
●立ち上がり介助ポイント 4コマ

訪問カウンセリングで 一緒に方法をお伝えするのが

一番わかり易いし伝えやすい

しかし 日々忙しいご家族には 時間と費用もかかるので

4コマイラストメールで返信しました。

体力はある⇒ 吠える事も動く事も食べる事も出来るので

その機能はしっかり 使ってもらい

出来ない時こそ 悪化させない時 

出来るように介助 無理して怪我したり疲れたりする前に 

必要な時に必要な形の介助方法 お伝えしたい。。

■病気は医療チーム(ご家族 獣医師 動物看護師) 

■生活は家庭チーム(ご家族と動物看護師)

コトバなき動物・・・命ある限りの生活

「家族と共に生きてて良かった〜」と

想ってもらえるように・・・

動物看護師として 動物とご家族に寄り添いたいです。

動物にとって 最強の伴走者(飼い主さん)として

共に大切な時間を過ごしてもらいたいから・・・

動物看護師の任務もとても重要と思います。 続く

Posted at 2019年07月14日 15時42分17秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*