メインメニュー

動物看護師 と飼い主さんとの関係とは??

動物看護師は 動物の看護や介護 治療時の補助ですが

それだけではなく 

ご家族に 動物の治療や看護を理解して頂けるように 

ご家族に 動物の伴走してもらえるように お伝えする仕事も重要です。

次に

ご家族がちゃんと伴走できるのか?

ご家族にとって伴走しやすい方法とは?

動物とご家族の支えとなり 在宅ケアプランをマネージメントします。

今日は2件 飼い主さん ご自身が体調悪い

精神科にて処方(セロクエル25 マイスリー10)だけれど

不眠 不安 倦怠 動悸 食欲不振 との事でした。

飼い主さんの病気は病院で治癒は御本人なんです。

飼い主さんと動物の為には

一日でも早く 元気になってもらいたく 

緑いっぱいの景色の動画 ⇒ 撮影 ⇒ 送信 

飼い主さんの脳が悩みでいっぱいストレスでしんどいのはわかるから

せめて 眼から耳から想像から

「綺麗だな〜」「気持ちいいな〜」「自分も行きたいな〜」

脳の中を少しでも「ほっと」なれたらいいな〜。    

癒しの時間になりますように・・ ⇒●秋津川河川公園ベンチより動画


病気だろうが・・・

老いの時だろうが・・

余命宣告されようが・・・

必ず訪れる最期の日まで

コトバなき動物達は「今」を「真っ直ぐ生きる」

彼らが満たされて平穏に過ごして貰う為には

大好きで頼れるご家族が 元気でいて欲しいと思う。

だから

動物看護師の仕事として

動物の痛み苦しみだけではなく

ご家族の痛み苦しみにも寄り添い

共に 大切な時間を過ごしてもらいたいのです。

人間は 生きていると色々な悩みがあって

「希望」を失い 心が凹んで自律神経が誤作動しやすい。

私自身が ストレスにより 胃腸障害 血流障害 不眠体験者だから



「心に塗布する特効薬は無いと思う」

「心を元気に導ける専門家必要と思う」

「心の凹み」に 自分自身が気づいてあげて

時間はかかるけど

凹みを受け入れ 

凹みに対峙して(解決) 

凹みが勲章になるまで

そこになるまでは・・・・

信頼できる仲間

嘘をつかない生き物たち

目の前の大自然

包まれて コツコツ 癒され回復して欲しいのです。

コトバなき動物は 優しい元気な飼い主さんの笑顔を

待っているのですから・・・・・

薬が効かなくて悩んだら

心が凹んで不安になったら すぐ 増子元美へ http://cap-masuko.com/contact.html 

Posted at 2019年07月10日 15時28分05秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*