メインメニュー

2019年度 高齢動物看護について 熱く届けたい訳とは?

前回⇒2019年度 幼齢老齢動物看護についての講義 

今回⇒「食べる=生きる」「食べない時どうする?工夫について」

・教科書での内容

・増子元美 動物看護師歴 36年の体験の内容

動物看護師の看護介護ケアマネージメント


■必ず訪れる最期の日 避けられない病気や症状


在宅介護と看護 (訪問看護師の看護)

・残された時間(命)をどう過ごしてもらうか?

・平穏にするのか? 恐怖にするのか?不安にするのか?

・遺された飼い主さんへのサポートは?

■自分で食べたくなるには? 

■介助方法 食材選び 姿勢 は?

■動物の負担は?飼い主さんの負担はあるのか?


主人公は 「今を生きる犬猫」

獣医師は病気を治し痛みを取る専門家

動物看護師は 

「犬猫さんの癒しの時間を増やし管理し看て護る」専門家

同時に

飼い主さんが「最強の伴走者」となり

焦らず 諦めず 明るく

最期の瞬間まで共に時を刻める為に 

「飼い主さんを支え導き応援する」専門家

犬猫さんにも飼い主さんにも

必要な存在であることを 伝えた90分



介護で疲れた・・・・

苦しむ姿を看たくない・・・

「愛犬愛猫の安楽死」選択ではなく

本当にそれが最善なのか?

「愛犬愛猫の尊厳死」とは?

「愛犬愛猫の尊厳生」とは?

飼い主さんを 一人ぼっちにさせない

「動物看護師」が必要と思う。。

そんな 「動物看護師」が増えたらいいな〜〜  続く

 

Posted at 2019年06月27日 15時14分10秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*