メインメニュー

遺伝性疾患先天性奇形 2019年度 幼齢動物看護についての講義  

前回⇒2019年度 幼齢老齢動物看護についての講義  

今回⇒幼齢看護最終日 

・仔犬子猫身体チエック
・先天性疾患チエック
・遺伝性疾患について
・重症仔犬子猫に対する管理

〇童せ毒の身体の異変にいち早く気付き⇒改善へ導く(受診 治療 予防)

∪菘契の疾患(奇形)を知る⇒より快適に暮らす為の看護方法
(知識無い飼い主さんのショックを支える)

0篥狙疾患の乱繫殖警告・産まれた命⇒倖せ生活看護方法へ

・進行性網膜委縮症・原発性開放隅角緑内障・股関節形成不全・変性性脊髄症
・セロイドリポフスチン症・遺伝性好中球減少症・フォンビルブランド病

にが一重症になっても⇒仔犬仔猫の最善にの看護と飼い主さんの支え


■動物のコトバなき声を聞く専門家

コトバなき動物とご家族への最強な存在

「命」「健康」「倖せ」へ

支え導き〜信じて頼れる〜専門家が必要 

「支導」「信頼」動物看護師になってもらいたい!!

そんな 大切な事を伝える事が出来た90分でした。

Posted at 2019年05月30日 15時13分21秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*