メインメニュー

命は一つ  最期の瞬間 寄り添う動物看護師とは? 

難病になる

余命宣告

立てなくなる

食べれ無くなる

歩けなくなる

夜鳴きする


犬猫さんの命は一つしかなく 
その生活は嬉しい楽しい時間ばかりではない。


最期のその瞬間まで 
大好きな家族と大好きな場所で

過ごして貰う為には・・・・
動物看護師が必要と思います。

何故か??



大切な家族の病気や老いを認める事

大切な家族の治療に納得したい事

大切な家族の看護や介護をする事

この時から 苦しく悲しく切なくなって

がむしゃらに情報を集めて疲れたり 

現実から目をそらし なかったことにしたり

飼い主さんは 疲労や絶望にて何もできなくなり

「動物のコトバなき声」が聞こえなくなります。
 
そこで 

動物看護師の出番です。 悩みは何か? 不安は何か? どうしたいのか?

全てを聞いて解決へ

愛する犬猫さん の命がある限り 希望を捨てずに

共に「生きる時間」に「最強の伴走者」として

寄り添って貰えるように・・・動物看護師もそのチームに参加します。



動物達は 与えられた命 真直ぐに生きてきています。

例え病気や難病や老化になっても

「病気になりたくなかったのに 死にたくない 」不平不満は言いません。

「今 生きていて今嬉しい安心だなあ」とご家族と共に感じていたいと思います。

病気や怪我が起きないように伝える事も・・・

老化を進めない事を伝える事も・・・

ご家族が看護や介護で疲れない為寄り添う事も・・・

動物とご家族に必要な存在

動物看護師の役目だと思います。



最期の瞬間まで 

愛され生きる犬猫さんが100%になりますように・・・・

疲れたご家族には自然の景色 花々 青空により癒されますように・・・



★我が家の庭の花

Posted at 2019年04月27日 11時18分27秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*