メインメニュー

防災力を手に入れたい!自分と家族(動物)を守るために・・・

熊本市南区防災力強化

防災士について学ぼう!

〜あなたの知識を地域に貢献しませんか〜




■講演:竹内裕希子先生(熊本大学 准教授)

ヾ蕕見える関係

▲織ぅ爛薀ぅ鵝  、 一歩先を考える

リーダーシップ(避難所運営)← 一歩先を考える

ぜ助

■避難所運営シュミレーション:

200名の避難してくる人と動物(子供 高齢者 病気 外国人 犬 ネコ 鳥 ハムスター)

災害時の季節(冬 夏 梅雨 ) 

.哀襦璽廚吠かれて HUGゲーム 

HUGってなあに?


HUG(ハグ)は、避難所(Hinanzyo)運営(Unei)ゲーム(Game)
の略であり、また英語の「抱きしめる」という意味から名付けられました。



避難所初動対応キットのカスタマイズ

混乱する避難所の運営に必要な物 

★ペットの名簿チエックリスト

(ー鐶{犬猫鳥ウサギ}病気有無M祝浜無ぅ瓮鵐織詭稔ヂ腓さ性格Ъ竺依無) 

★要支援リストと物資ニーズリスト


対応キット記事



●今回初めて体験したHUG 

実際に災害が起きて自分の地域の避難所でペットトラブルを起こさせない為には 

何を準備していた方がいいのか? 

避難所でのルール 取り決めの大切さが重要だと理解できました。

・飼い主さんの状況(病気 乳幼児 高齢者)とペットの状況(種類 大きさ 性格)

・ペットを収容できるスペース確保(室内 室外軒下 テント 車中)

公助までの72時間 どのようにして ペットと共に安全に避難するか?

平時から考えて 自分の避難所のどこに避難するのか?(自助の準備)

もし自分が守れない時は 誰を頼りどこに預けるか?(共助のネットワーク)

改めて 避難所の状況を把握しとかなきゃと思いました。

Posted at 2019年03月11日 18時16分32秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*