メインメニュー

〜排泄の悩み〜熊本市動物愛護センター ワンニャン相談コーナー

前回⇒介護相談員とは?熊本市動物愛護センターワンニャン相談コーナー

1月25日(金)わんにゃん相談コーナー(高齢犬猫の介護・ハンディキャップを抱えた犬猫の介助)相談者募集

今回⇒ワンニャン相談コーナー(高齢犬猫の介護・ハンディキャップを抱えた犬猫の介助)相談者募集

動物看護師が個別相談に応じます。
◆日時:1月25日(金)午後2時〜4時
◆場所:熊本市動物愛護センター
◆内容:犬猫の高齢化や介護、ハンディキャップを抱えた犬猫の介助の個別相談
◆対象:犬猫の飼い主(ペット同伴不可)
◆定員:4組(選考)
※1組約30分程度
※ペットの同伴は要相談
◆費用:無料
◆申込み:1月17日(必着)
◆申込み方法:はがきに住所、氏名、年齢、電話番号、相談内容を書いて〒861-8045東区小山2丁目11-1熊本市動物愛護センター(TEL:096-380-2153)へ






●ダービー君 14歳

家族の目標 18歳の誕生日 

・排泄の失敗

⇒タイムスケジュールにて排泄時記録作成 

⇒排尿は出ていない時はおむつ装着する

⇒介護者の負担減らす環境 滑らない工夫

・昼夜逆転

⇒規則正しい朝と昼と夕方とお散歩と食事

⇒朝日 太陽 風 草や木々 土 触れる 

・便秘
⇒マッサージ 指圧 ストレッチ 保温

⇒1日の飲み水量測定し増やしてみる

⇒食物繊維 ビタミン強化の食事に変更

●ぽっちさん  13歳

・2018年11月頃より 排泄が管理できず排便まみれになる

今まで悩みはゼロだった愛犬 

右回りに回旋行動 摂食摂水要介助 これからどう向き合えばいいのか?

介護者ピンチ時 デーサービス 訪問介護 ショートステイを利用する

⇒排泄の時間のモニターをもう一度作成する

⇒愛犬が喜ぶ事を共に出来る時間を作る(右に曲がらない工夫しながら散歩)

⇒悩んだら信頼できる担当トリマーさんや動物看護師にすぐ相談する


今回は 初めての介護で 「不安」だけではなく「不満」になる前に

よりベストな「介護生活」の方法をこれから考えていけたらいいな〜

と思いました。

頑張らないで出来る 愛犬愛猫の介護 看護へ繫げられるように

ワンニャン相談コーナーの相談員として頑張ります。 続く

Posted at 2019年01月25日 17時51分07秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*