メインメニュー

最期のメッセージ リュウさんわんケア 39

昨日⇒食欲無し・元気無し・目ジカラあり! リュウさんわんケア 38.

本日⇒ご家族に代わって介護 訪問看護

(体温 心拍数 呼吸数 おむつ交換 清拭 投薬 飲水 体位交換) 

●朝8時10分

・体温36.5℃(保温した後37.3℃) 心拍数120回/分 呼吸数24回/分

・自立飲水 ・投薬介助 ・軟便失禁・目ジカラあり 

・起立不可(力が入らない)・食欲ない ・足先冷たい 



お留守番頑張っているリュウちゃんの様子をチエック

●昼12時20分

・体温38.1℃ 心拍数120回/分 呼吸数24回/分(朝より辛そう)

・軟便有り ・排尿無し ・飲水 投薬介助 ・食欲無し 

リュウさんとの最期の会話 pm12:57



この動画の前 一瞬昏睡に・・・

その後 頸を持ち上げて少し声出したので

「リュウちゃん どうしたの?おしっこかな?お腹痛いのかな?」と

「夕方にママは帰ってくるからね・・お留守番頑張ったね」

声かけていた時 頭を持ち上げ首をぐーっと伸ばし 大きな呼吸をして

その後 意識が無くなり 口元の震えぴくぴくが3回起きてから 呼吸が停止

「えーーーーーーリュウちゃん」

13時10分 心臓停止確認 静かに昇天

お出かけのママへ電話にてご連絡し説明

17時 リュウママさんとお話ししました。

リュウちゃんの心臓や肝臓の事で覚悟はされていましたが

ご家族も私も 「まさか今日??」


「待ってて欲しかったけど・・・」

「最期はリュウのそばに居て貰えていて良かったです」

「おむつも嫌だったし・・食べなくなったし・・無理やりご飯食べさせたし」

リュウちゃんの話は次から次からあって

本当に幸せな犬生
 だったのだな〜と思いました。

リュウちゃんの事をご家族と色々お話しする事が出来ました。

これからは・・悲しい時間が押し寄せてきてしまうと思います。

リュウちゃんのご家族の悲しみに心からお悔やみ申し上げます。

これからのペットロスのサポート担当させて頂きたいです。



〜リュウさんへ〜

2014年3月31日 初めてリュウさんに会った時の事

覚えてますか?知らない人には吠えるリュウさんでしたが

砂肝ジャーキーで すぐ受け入れてくれた事を覚えています。

それからは 

春の桜 梅雨の紫陽花 夏の蝉 秋の銀杏 冬のさざんか

毎週2回 お散歩しましたね。。

猟犬の血筋で・・お散歩中 鳥をみつけポイントしていた事

脱走して鎖が岩に引っ掛かり動けなくなっていた事

ちょっと嬉しい時は 私の鼻の頭をペロリンしていた事

動物病院での採血や注射を大人しく出来て獣医さんに褒められた事

心臓悪くなって気管支でしんどくても散歩行きたがった事

12月10日元気食欲なくなった時自分から車に乗り込んだ事

リュウちゃん まだまだ沢山の想い出がいっぱいです。

天国では 大好きなおばあちゃまが 待ってくれていると聞いています。

おばあちゃまの傍で元気な体で楽しい時間を過ごしてくださいね。

リュウちゃん 

そっちに・・増子KOUが居ると思うのでお話ししてくださいね。

リュウちゃん 必ず逢えるその日まで 待っててね それまでバイバイ

動物看護師 増子元美

 

Posted at 2018年12月16日 18時47分45秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*