メインメニュー

17歳 脾臓腫瘍 りく君  永遠の家族の愛と命 優しい時間 

前回⇒17歳 脾臓腫瘍 りく君 在宅での優しい時間 


8月17日6時57分 りくさん昇天


●8月8日 二回ほど呼吸苦しい時「大丈夫だよ」の声掛けで意識戻る 

熱下がりスヤスヤ  吠える◎ 歩く◎(よろつきあり)

ヨガマット購入(滑り防止)

※介護のママさんよりメール「危篤を乗り越えるりくに私も負けてはいられません。」

●8月10日 昨日深夜はワンワン吠えていた。・食欲無し ・飲水自分で飲む

ベランダの風まったり 朝夕腰湯(風呂好き)・二〜三歩自分で歩く・お風呂後爆睡

スヤスヤ写真 

●8月11日 深夜2回起きる ・食欲無し ・飲水あり ・りくさんの隣でお布団スヤスヤ

※「私達家族の泣いたり笑ったり歴史にいつも黙って受け入れてくれたりくへの恩返しです。」

●8月12日 「りくちゃんの幸せな1日になりますように・・・」メッセージ送信

※「離れて暮らす家族と会うと元気でる。頑張る気満々です。」 とメッセージ返信

●8月15日 血尿あり 腰湯して一休み

※「りくはまだここに居ます お家でこのまま様子をみます」とメッセージ

●8月17日 6時57分 

ご家族全員が揃った日静かに穏やかに天国へ

※「穏やかに苦しむことなく逝ってくれましたので救われます。」とメッセージ

●8月18日 お別れの日 (ペット霊園でりくさんにサヨナラを告げに行きました。)

●8月19日 りくちゃんママさんと ゆっくりお話しする事ができました。

「愛犬との出会いから 生活 熊本地震 引っ越し 病気発覚 看病 」まで

幸せな時間だったんだなあ〜と思いました。

りくちゃんとのお別れ日には 沢山撫で撫でさせてもらう事が出来ました。


りくさんには

「病気や老い」などの怖れなどなく 

「安心した時間で1日1日を」

「優しい声と優しい手当の在宅ケア」で平穏に過ごせました。

これからは ご家族は寂しい時があると思いますが その時も

共に りくさんを偲んで話しできるといいな〜と思います。





りくさんへ

そっちはどうですか?熊本はまだ暑いです。
大きな腫瘍が出来て 少し苦しい時もあったけど・・・
よく頑張りましたね。。

食べれる時 歩く時 排泄する時 吠える時 最期まで
偉かったです。
大好きなお風呂やベランダの時間は気持ち良かったですね。

そっちから 時々ママさんやご家族に逢いに来てくださいね。
りくさん 必ず会える日そのまで さようなら。。


    

Posted at 2018年08月30日 14時33分26秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*