メインメニュー

防災の作戦会議!! 熊本地震から復幸へ 21

男女共同参画センター主催
震災から2年 新しい視点で考えるまちづくり
支援活動を継続していくためには?
これからの連携支援 作戦会議!


■講師■NPO法人市民プロデュース 理事 平田隆之氏


■グラフィック・レコーディング■ 小柳 明子氏


熊本地震から2年です 被災地では

道路も建物も復興が着々と進んでいますが

様々な理由によって 被災者(+ペット)の「復幸」には至ってない所があります。

そこで このワークショップでアイデアを頂いてきました。


酷暑の中生きる!! 熊本地震から復幸へ 7/23




私のグループでのワークで出たアイデアを形にしてみました。
(歯科衛生士 社会福祉士 動物看護師)

災害によって起こる 「悩みや不安」解決への窓口


解決したい人※病気の方 高齢者 要介護者 子供 女性 ペット 

解決したい事※内容(病気 家 仕事 子育て 金銭面 生活 ペット 苦情 などなど)


■組織名■ 防災HUB ステーション KUMAMOTO  (官民協働)

■役割■ 災害時に必要な情報を全て集約。オフィシャルな情報とし発信。
様々な問題解決(多業種による専門性高い対応)が出来る 
■利用方法■コールセンター HP SNS連動 勉強会

■参加メンバー■災害時問題解決出来る専門性の職業の方々 行政

■メンバー役目■平時より防災作戦会議(お互いの専門性のスキルを知る)開催。被災時から復幸まで「自助」に有益な情報共有地域住民の方々の「自助」「共助」に繫げる支援する。

Posted at 2018年07月28日 18時11分45秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*