メインメニュー

ノラ猫の餌やりさんの「命」への責任とは??白&ぶち日記

■相談内容

2018.6.12 子猫を発見 

2018.6.13 1頭は死亡 1頭は地面に落ちている 母猫行方不明

※どうしたらいいのかわからない?

●餌を与えていた猫が出産したとの事 子猫の命は救いたい!!

・いつもの寝床に1頭確認 2頭の子猫保護 里親探す事に決める

・初乳を飲めているのか??

・授乳 排泄管理スタート ⇒ 保護主さんをサポート

■2018.6.13 15時

・体重:白くろ(83g) ぶちくろ(75g)

・排尿:◎        ◎

・排便:◎        ×

●ケアプラン

・保温(湯たんぽ)哺乳瓶 ネコミルク 他の猫からの隔離 軽量秤 体重チエック表

・保育サポートボランティアさん募集

・里親さん募集(SNS チラシ 広告 )

■2018.6.14 15時

・体重:白くろ(103g)ぶちくろ(83g)

・排尿:◎        ◎

・排便:◎ 少し柔らか  ◎


ノラ猫の環境での子育ては・・・リスクが多い

それでも 上手に育てられたらいいけれど 今回の様に

「出産」は出来ても「子育て放棄」につながったり

「出産」後 母猫病気 子猫感染症 などなど・・・

「命」が繋がらないケースも多いのです。

どうか このような悲しい事が起きないように・・・

餌やりをしている皆さんにお願いがあります。

餌やりさんを慕っている猫さんを護って欲しいのです。

熊本中のいろんな場所で子猫が産まれますが、

不幸な死や病気や生活に陥らないように護って欲しいと思います。

どうか・・・・よろしくお願いします。


Posted at 2018年06月14日 15時54分39秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*