メインメニュー

専門学校で伝えたい!重症の子犬子猫に対する管理について・・・

幼齢動物 老齢動物看護 科目担当

本日は 重症の場合の管理と看護について


動物看護師が存在が

動物医療において どう役割があるか??

熱く語ってしましました。

コトバなき犬猫の状態状況 危機管理想定!!

観察力

知識力

行動力


動物病院では 欲しい人材として

飼い主さんからは 頼れる存在として

どんどん 活躍して欲しいから!!

その先には・・・・

コトバなき動物 と 飼い主さんからの「ありがとう」が

待っていると思います。

ライフライン無い時でも 重傷な犬猫を看護する時

どうしたら 最善を尽くせるかも

イメージ出来たらいいな〜と思います。

動物看護師を目指す皆の「頑張る姿」が本当に嬉しい90分でした。

Posted at 2018年05月24日 14時23分24秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*