メインメニュー

動物看護師が「地域のお助け係」になりたい!!その訳は??

動物看護師になって

動物病院で働いている時には

○犬猫と飼い主さん悩み 

○地域の犬猫の困った

相談を受け 各専門家へ繫げたり アドバイス出来た。

(里親さん探しの方法 看護介護の方法 迷子探しの方法)

しかし

熊本に19年前に帰ってきて

1998年「わんにゃんぴっ相談室」設立

様々な相談を受けていました。

そんな中

○子犬子猫が産まれては捨てられる
○迷子犬猫
○不要犬猫(病気 老化 問題行動 飼えなくなった)
○虐待負傷

熊本市と熊本県の犬猫の福祉や殺処分の現状を知った。

「このままじゃいかん!!」と思いました。

2006年「熊本市動物愛護推進員」「熊本の動物愛護を考える会」活動開始

私の仕事は

「犬猫さんが居てご家族があって 動物看護師として生かされている」

という事は   

終生飼養 適正飼養されずに

「処分」される「命」

遺棄や放棄や虐待される「生活」

地域での迷惑となる「命」



「犬猫さん」と「家族」と「地域」が共に幸せになるために!!

支え導く専門家として 地域に貢献したいと思いました。

1人ではなく 仲間の動物看護師と共に・・・

2010年6月 全国47都道府県に「わんにゃんぴっ相談室設置」の夢

全国の動物看護師へのオファー活動



■全国47都道府県440市区郡わんにゃんぴっ相談室
■わんにゃんぴっ相談室 相談員 



現在 (受付 登録者 10名)


・熊本(熊本市 光の森)

・東京(墨田区 板橋区)

・滋賀(野洲市)

・埼玉(久喜市 新座市)

・大阪(大阪市)

・神奈川(横浜市)

・福岡県(福岡市)


487(47+440)人を目標に

動物看護師の知識と経験を活かして欲しいのです。


・離職している ・勤務している ・フリーランスを目指してる

・フリーランス ・社会貢献したい・何か始めたい

そんな 動物看護師 を募集しています。

申込みは簡単  どしどし 応募お待ちしています。

  ↓     ↓

下記の書類提出 と 増子元美との面談(スカイプ可)


わんにゃんぴっ相談室 認定相談員 レポート

◾️履歴書 職歴 資格歴 別紙

◾️貴女のVTとして社会貢献出来る分野は何ですか?
◾️貴女の性格や行動の優れている所は何だと思いますか?
◾️自分の大好きな所は何処ですか?
◾️貴女のVTとしての役割は何だと思いますか?
◾️貴女の考える動物愛護とは?
◾️貴女の考える動物福祉とは?
◾️5年後の未来の自分はどうなりたいですか?
◾️10年後の地域や日本 動物と人は、どうなって欲しいですか?
・その為には、何が必要と思いますか?

Posted at 2018年02月12日 17時59分50秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*