メインメニュー

益城町 飼い主いない猫  さぶちゃん日記  



飼い主のいない猫(10カ月?)「仮名さぶ」 

■1月5日

地域にて 置き餌を食べて生活していた所

全身びしょ濡れ 目も鼻もふさがり 口腔からは流涎

瀕死の状態を Sさんが発見  保護され動物病院へ入院

■退院 自宅看護


■1月14日

「さぶちゃんがぐったりしていて・・・今日は日曜日ですが・・どうしようか」と

悩まれ連絡が入り 緊急看護ケアサポート

・主治医の先生への連絡(緊急時は他の病院へ行くので今までの治療薬を教えてもらう)

・体温測定 室温湿度管理

・痩せているし衰弱しているので保温(手作り洋服)

・口腔からの流涎がひどいけれど ミルクや流動食は少し食べれる(介助)

・鼻腔が膿が溜まるけれどマッサージと洗浄するとくしゃみをし鼻呼吸開通

・結膜炎は両方ひどい 洗浄して清潔に

・失禁してしまうので体が汚れない工夫(おむつとおむつカバー)

※さぶちゃんは 治療とSさんの看護により

大切な毎日を過ごしています。

なんとか 体力が戻り食事が食べれるように頑張って欲しいです。

Sさんの献身的な行動により「命が救われました」

さぶちゃんの様に飼い主のいない猫たちは

様々な危険や病気が隣り合わせです。そんな 不幸な猫が

減る地域になったらいいな〜と思います。


=野良猫被害対策 餌やりさんの心得=

●置き餌禁止 トイレ設置

●不妊去勢手術(病気や怪我治療 埋葬)

●地域への報告 行政への報告

Posted at 2018年01月14日 18時22分46秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*