メインメニュー

子猫や負傷猫を見つけたらどうするのか?

自分の目の前に現れた犬猫さん。。

危険な状態

・道路真ん中・河川敷 ・カラス餌食 ・衰弱怪我 ・側溝落下 ・高所

そんな時は まずは救出して貰う為に尽力してもらいます。

熊本市 (動物愛護センター 警察 消防署)

熊本県内(保健所 警察 消防署)

その後についてをどうするのか? 相談されます。
 

<保護動物の状況>

■飼い主のいない犬猫なのか?

■飼い主のいる犬猫なのか?

●元気なのか?

●弱ってるのか?

■情報収集は出来るのか?

<保護目的と現実問題>

※時間と手間作業(飼育・看護・広報の人材) 

※費用と支援者(健康診断 治療費 保護費)

※拾得手続き 一時預かりや譲渡手続き

<再発予防対策>

・迷子犬猫を減らす(飼い主さんの役目)

・飼い主のいない犬猫を減らす(犬遺棄者・猫への餌やりさんの役目)

・事故衰弱不審死減らす(地域と自治体 警察 愛護センター 保健所への報告) 




犬猫問題解決NOTES 7&8ページ

保護したら・・・・どうするかは?

  ↓      ↓

子猫や負傷猫と出会ったら・・・詳しくは


Posted at 2018年01月10日 11時43分23秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*