メインメニュー

熊本地震!犬猫と復幸へ 見守りと連携 

前回は⇒寒さ対策 熊本地震!犬猫と復幸へ 見守り 

わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本 Since2016.4.14

見守り

2017.12.24 益城町のわんにゃんに会ってきました。

お話が出来るご家族からの悩みなどのヒアリングもしました。








連携

■熊本県災害時動物救援チーム■
(クマモトケンサイガイジドウブツキュウエンチーム)

犬猫の一時預かり(シェルター)の設立と運営

動物管理センターの飼い主のわからない保護動物の健康管理と譲渡災害のために外飼いとなっている動物の健康管理と繁殖防止に使わせていただきます。

熊本県災害時動物救援チーム

・代表:森友 靖生 (獣医師)
    東海大学教授 熊本県動物愛護推進協議会会長
         
・副代表 会計:平山 美幸(獣医師) 熊本県獣医師会 きくなん動物病院院長

・協力団体:熊本県 熊本県獣医師会 熊本県指定動物愛護団体



わんにゃん緊急災害ネットワーク + わんにゃんぴっ相談室に届いた物資

熊本県災害時動物救援チーム シエルターへ届けに行きました。


預かった物資


熊本地震から 

家族と共に暮らせない場合

仮設住宅やみなし仮設住宅からの引っ越しの場合

まだまだ 被災犬猫の問題は起きています。

しかし 熊本県災害時動物救援チームと連携して

沢山の笑顔に繋がる 復幸を目指したいと思います。

Posted at 2017年12月27日 16時26分12秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*