メインメニュー

愛犬が 突然奇声と唸りが始まった!!!どうする??

2008年 柴犬 シロちゃん ♂ 12歳 未去勢

性格 温厚(人にも犬にも友好的)病気なし

そんなシロちゃんが 奇声 唸る 咬む の問題行動

「突然 犬が変わった」と悩み

動物病院で「吠える対策」として 去勢したり声帯除去したり

ご近所への苦情対策をされていました。

それでも問題行動は続き「安楽死」にしたくないとの事で

カウンセリングさせてもらいました。


シロちゃんに起こった出来事

■庭の木防虫剤

■改築時の塗料

■恐怖体験(暗闇でリードが絡まり身動きとれず自分の尻尾噛み千切る)

■問題行動に対して叱る

■子供達と遊ぶ時間が少なくなった

シロちゃんの様子

●見えない相手に吠え唸り咬もうとする

●一瞬 正気(いつものシロちゃん)に戻る



シロちゃんにとっての「嫌な事」「恐怖体験」

シロちゃんの犬格を変える事になったのは間違いない。


対策

★シロちゃんにとって 「嬉しい事」を積み重ねる
(おさんぽ 庭遊び 子供さんとのスキンシップ おやつ)

★シロちゃんの「寂しい時間」を減らす
(問題行動から隔離されてるのでふれあいの時間を作り)

★脳にいい食事 添加物ないドックフード

★アロマセラピー(覚醒)

★離れて暮らすシロちゃんの大好きな子供たちの声聞かせる

★忙しい子供たちの香りがあるものをそばに置いてあげる


問題行動に対して出来る事を「コツコツ」続けて貰ったら

見事に 「正気なシロちゃん」へ日々変わる事が出来ました。


シロちゃんの周りで起きた事で「心の傷」

シロちゃんの行動で「家族の絆」が壊れる所でした。


人間だったら 臨床心理士 カウンセラーとで「心理」を探り解決へ

犬猫だったら 「どこに相談するのか?」

まだまだ 情報が届いていないと思うのです。


しかしここで一つ

わんにゃんの行動には「理由」があるという事を知って欲しいのです。

大人しいお利口なシロちゃん 安楽死ではなく最期まで家族と暮らせた事。

コトバなきメッセージがご家族に繋がって本当に良かったです。

Posted at 2017年08月13日 11時51分45秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*